会話が弾まないのは、盛り上げようとしているから。話題は盛り上げるより広げるほうがいい【30代からの恋のかさねかた、愛のはぐくみかた】

20代とは違う30代の恋。結婚するか否かの分岐ともなる年代であることから、未婚の30代にとって恋に迷いはつきものです。この連載では、婚活のプロフェッショナルから聞いた、恋愛・結婚についてのヒントをお伝え。恋する気持ちに寄り添い、ポジティブな気持ちで毎日を過ごすコツをお届けしていきます。


楽しませたいと思っているのに、二人の距離を縮めたいと思っているのに、なぜか会話が弾まない。そんなとき、ありますよね。会話を楽しむには慣れが大事。そして盛り上げるよりも、会話を広げるコツを掴むことです。

今回は、会話を広げるコツのお話です。

とにかく話が続けばいいと思っていませんか?

婚活コンシェルジュに寄せられる恋の悩みの中でも、ダントツ1位なのが「会話が弾まない」というもの。会話が盛り上がらない、キャッチボールにならない、沈黙しちゃう、などなど。

そこで浮き彫りになってくるのは、とにかく話が続けばいい、そう教科書的に考えてしまっている人があまりにも多いということです。

特に、出会ってばかりの二人だと、無理やり何か話をもってこようとして、次から次へと手当たり次第引き出しを開けてしまう。そこら中とっちらかったまま、細切れの話題に埋もれて呆然としてしまうのです。

相手の話、本当にちゃんと聞いていますか?

会話が弾まないのは、盛り上げようとしているから。話題は盛り上げるより広げるほうがいい【30代からの恋のかさねかた、愛のはぐくみかた】

聞き役に徹していくら話を盛り上げても、次々と相手に質問をしてみても、なかなか話が続かない。それは、話を盛り上げようとしすぎているからかもしれません。

盛り上げなくちゃ・・と考えることは、せっかく向き合っている相手から意識が離れること。とにかく盛り上げようと必死になって、肝心の相手の話をちゃんと聞いていないのです。

相手がまだ話しているのに、次は何を話そうかな、などと考えていませんか? 聞いていなければ当然リアクションは単調になるし、自然な質問も湧き出てきませんよね。

話のつながりや流れを無視して会話は成り立ちません。会話は盛り上げるよりも、広げていきましょう。

話を広げるコツは、相手への興味

話を広げるのに必要なのは、相手への興味です。しっかり相手の話を聞くことに集中していれば、自然と興味が湧いて反応できます。「それでその後はどうしたの?」「そういえば昨日テレビでもやってたかも・・」と自然に話題が少しずつずれていって、広がって行く。

自分がよく知らない話題で反応しにくいときも、無理やり次の話題に変えなくても大丈夫。わからなければ素直に聞いてみましょう。「それって何?」「初めて聞いた。どこにあるの?」など、興味さえ示せば、話は広がっていくのです。

あえて「それって食べておいしいもの?」と言ってみたり(笑)。「食べ物じゃないですよ」「いや、もちろん知ってますよ(笑)」とか、そんな合いの手でふっと笑いが入るようにするのもいいですよね。同じ話題を続けて話す場合でも、空気の入れ替えになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。相手への興味を持って、集中して話を聞く。すごく当たり前のことのようですが、案外できていない人が多いものです。一生懸命聞いてくれる人には、人は一生懸命話したくなりますよね。そんな風に、二人の会話を純粋に楽しんでいけますように。

今回取材に答えてくれたのは・・・
坂西祥江さん(婚活支援サービス パートナーエージェントコンシェルジュ

ときに厳しい言葉をかけることもあるのは、相手の幸せを心から願っているからこそ。「婚活の楽しみ方」を伝えるスペシャリストであるコンシェルジュからのアドバイスは、目から鱗の連続です。

Photo by shutterstock

#30代からの恋のかさねかた愛のはぐくみかた

kanoa

自由とときめきを愛するアラフォー編集ライター。夫も子どももいる身ながら、今日も道行く人にこっそりときめきます。心置きなく恋愛できるみなさまには、もっともっと恋愛を楽しんでもらいたい!そんな想いで書いています。