彼女が彼にドキッとする。秋の鉄板モテファッション5選 – 婚活あるある

彼女が彼にドキッとする。秋の鉄板モテファッション5選

2017.10.29

すっかり秋の気配が街中にあふれてきていますね。
サマーシーズンには、Tシャツ、短パンで過ごしていたのに、今では朝晩の冷え込み対策としてアウターも必要になってきています。
今回は、彼女がドキッとする、そんな秋のコーディネートをご紹介します。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

1. いつも同じデニムではつまらない

ジーンズはオールシーズン着ることのできる万能&鉄板アイテムではあります。
しかしながら、デートの度にいつもジーンズではちょっとつまらないですよね。
本人的には、「これはLevi’s」「こっちは、Edwin」ともしかしたらこだわりがあるかも知れませんが、見た目にはそこまで違いはわからないかも・・・。
せっかくだから秋らしいボトムスに変えてみてどうでしょうか。
私のお勧めはコーデュロイです。ちょっとレトロな感じもあり、質感は優しい。
女性が好む要素を兼ね備えています。色は、暖色系(ベージュ、ブラウン)などがお勧めです。ぜひ一本持っておくことをお勧めします。

2. カーディガンはいかが?

女性にとって、カーディガンとは一年中手放せないアイテムの一つです。
シーズンに合わせて、素材が薄手のもの厚手のもの、または半そで、長袖、七分袖など様々なものがあります。
そんな女性が大好きなカーディガン、実は男性にも着て欲しい!と思うアイテムのひとつなのをご存知ですか?
Tシャツの上にカーディガンを着てもOK。または、シャツの上に着てスクールボーイ風なのもいいですね。
薄手のカーディガンならスーツの下に着てももこもこせず、しかもさりげなくオシャレをアピーできます。
私服でカーディガンを着る際には、ちょっと大きめサイズを着るとぐっとカジュアルな印象が強くなります。
気を付けなければいけないのは、色。茶色やベージュなど地味なものはちょっと間違えると、おじいちゃん、となってしまいますので。
購入の際には、ぜひショップ店員さんに相談することをお勧めします。

3. パーカーも意外性が


10代、20代の頃は抵抗なくパーカーを着ていたのではないでしょうか。
30代以降になると、私服がスケーターのような男性は少なくなってくるのかもしれません。
でも、女性に寄っては超カジュアル、スケーターのような格好を好きだったりします。
妙齢の男性のラフなパーカー姿に、キュンキュンしてしまうものかも?ダボっとしたパーカーを着こなすにはある程度、身体を引き締めておかないといけません。
おしゃれをするには、まずは体型にも気を使う必要がある、ということですよね。
パーカーを着た男性は、ぐっと子供っぽく見えますので、女性の母性本能をくすぐることは間違いなし。
ぜひ、我こそは、と自信がある場合にはトライしてみてください。

4. 靴までトータルコーディネートしている

意外と見落としがちなのが、私服になった時の靴!スーツの時は、革靴でOKなのであまり悩まないですよね。
でも、私服の時、上に着る服のテイストに合わせてトータルコーディネートすることが大切。たまに、街で見かける短パンに革靴は論外です。コットンパンツにクロックス・・・。自宅を出る前に一度、姿見でチェックするようにしましょう。

5. カバンも忘れずに気を使いましょう

靴と同じく、カバンも注意して欲しいアイテムのひとつです。
男性は、特に持たない、という人も多いでしょう。だからこそ、たまに持った時の違和感がありますから。カバンだけコーディネートから浮きすぎないようにも気を付けましょう。おすすめは、キャンバス地のトートバッグなど。年齢もコーディネートもそこまで選ばないのでひとつ持っておくと便利です。女性受けもいいですよ。


秋から冬にかけて、落ち着いたトーンのものが多く出回りますよね。
ワンポイントに明るい色を使ってみる、など「おしゃれは苦手と言わず、楽しんでトライしてみることをお勧めします。
無理ない程度に頑張っている姿は彼女からの評価もぐっと上がりますよ!

SNSでシェアする

ひよこ

1970年代生まれのO型、肉食女子。猪突猛進と言われ続けて早20年。丸の内OLをしながら銀座でホステスをしています。趣味は合コンセッティング。