シミの原因は乾燥だった!体の内側と外側から保湿してシミを予防 – 婚活あるある

シミの原因は乾燥だった!体の内側と外側から保湿してシミを予防

女性なら誰もが1度は気にしたことがある「シミ」。
シミの原因は紫外線のほかにも「乾燥」が挙げられると考えられていて、これまで以上に保湿の大切さを解く美容家が増えてきています。
ここではシミと乾燥の因果関係に触れながら、シミの予防と改善を目指す方法について解説しています。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

乾燥がシミを引き起こしている

乾燥がシミを引き起こす理由

シミの原因というと、紫外線を連想する人が多いと思います。
もちろんそれは正しいのですが、大手化粧品メーカーの研究で肌が乾燥していると、紫外線によって作られたシミの悪化因子が増加してしまうことが明らかになったのです。
 
シミの原因となる紫外線は春から夏にかけてがもっとも強いと考えられており、逆に秋冬はそこまで意識しなくてもよいイメージがありました。
しかし秋冬は肌がとても乾燥する季節。シミ対策として、秋冬はしっかり保湿をすることが重要だという結論となりました。

すぐに取り組みたいのは「保湿ケア」

とはいえ、秋冬だけでなく春から夏にかけても肌の乾燥対策には気をつけたいところ。
春は意外と湿度が低いですし、夏は湿度が高く汗で肌の外側が潤っているように感じますが、インナードライといって肌の内側が乾燥するといわれているからです。
 
時期的にさほど乾燥が気にならないと思っていても、意外と乾燥してしまっていることはよくあります。
これまで保湿ケアに注力していなかった人は、これを機に保湿ケアに取り組んでみましょう。
コスメ売り場では肌の乾燥指数を測ってくれるところもありますので、肌の状態が知りたい場合は利用してみるのもよいですね。

乾燥を防ぐために意識したいこと

肌の乾燥を防ぐには、季節に応じて保湿ケアを変えることが有効です。
夏と秋冬では空気の湿度が異なりますので、同じケアをしていると秋冬の乾燥が著しく現れます。
春夏には乳液やクリームで保湿をしているのであれば、秋冬にはオイルを加えるなど、季節に応じて保湿アイテムを変えることで、その時々に応じたしっとり肌を維持できます。
 
また、保湿の際には先に挙げたクリームやオイルだけではなく、化粧水などでしっかりと水分補給を行うことが重要です。
乾いた畑に肥料だけ撒いても立派な食物は育たないように、肌も水分がなければ内側からの潤いを保つことはできません。
たっぷり水分補給をした肌に、オイルやクリームで蓋をする感覚で保湿をしましょう。

乾燥肌の人は洗顔を見直してみよう

昔から「洗いすぎ」は乾燥の原因になるといわれています。
乾燥肌なのにさっぱりタイプの洗顔料でしっかり洗ってしまうと、肌に必要な油分まで洗い落としてしまい、乾燥肌につながってしまうのです。
 
できるだけ肌に負担のかかりにくい洗顔料を選び、しっかり泡立てて摩擦を起こさないようにやさしく洗うのが洗顔の基本。
また、秋冬など乾燥が著しい季節には、朝洗顔料を使わずにぬるま湯だけで洗ったり、拭き取り化粧水で汚れを落とすのもひとつの方法です。
 
洗顔料を選ぶ際には、合成界面活性剤が使用されていないものを使うのもポイント。
合成界面活性剤は肌への刺激が強く、乾燥の原因になるといわれていますので、乾燥肌の人はできるだけ表示指定成分が含まれていない洗顔料を選ぶとよいでしょう。

体の内側からもしっかり保湿

肌の潤いを高める栄養素

タンパク質

タンパク質は、体の代謝を促すために重要な役割を果たす栄養素です。
代謝だけでなく、細胞を作るために欠かせない栄養素となりますので、乾燥対策や肌のターンオーバーサイクルだけでなく、ダイエットや筋肉づくりにも役立っています。
 
タンパク質が豊富に含まれる食材は、肉類、魚類、植物性タンパク質だと豆類などが挙げられます。
大豆にはイソフラボンが豊富に含まれていて、女性の健康をサポートしてくれるといわれていますので、ぜひ積極的に摂りたい食材です。
 
また、卵にもタンパク質が豊富に含まれています。
卵はビタミンも含まれる完全栄養食品ですので、朝食を食べる時間がなくつい抜いてしまうという人は、ゆで卵を1つ食べて出かけるだけでもある程度の栄養を摂取できますよ。
 

コラーゲン

 
コラーゲンは肌の弾力を保つために欠かせない成分です。
コスメを用いて肌の外側から与える方法と、食品から摂取する方法があります。
食品としては、鶏の手羽先や軟骨、ゼラチンなどはコラーゲンが豊富です。
 
ゼラチンはゼリーを食べても摂取できますし、製菓用の粉ゼラチンを温かいお茶やコーヒーに溶かして飲むと手軽に摂取できます。
コラーゲンはビタミンCと一緒に摂取すると吸収率が高まるといわれていますので、ぜひ意識してみましょう。
 

各種ビタミン

各種ビタミン群も肌の潤いを保つために必要な栄養素です。
体中の細胞を作る際に使われるほか、抗酸化作用や新陳代謝に欠かせない栄養素であるビタミンCのほか、肌の潤いと保つ効果が期待できるビタミンE、肌のターンオーバーを整えてくれるビタミンB群など、さまざまなビタミンをバランスよく摂取したいですね。
 
ビタミンCは柑橘類に多く含まれるほか、いちごやブロッコリーにも豊富に含まれています。
ビタミンEはイワシなどの青魚に、ビタミンB群は鶏むね肉や豚肉に豊富ですので、積極的に採り入れましょう。

水分をしっかり摂取して乾燥予防

水分は肌の外側から与えるだけでなく、肌の内側から与えることも大切です。
難しいことはありませんので、しっかり水などの飲み物を飲むようにしてください。
 
カフェインや糖分の含まれた清涼飲料水は、純粋な水分としてカウントできません。
水やノンカフェインのハーブティーなどを中心に、1日2リットルを目標に飲めるとよいですね。

サプリメントを利用してもOK

バランスのよい食生活を送ることが難しいという人は、サプリメントで不足しがちな栄養素を摂取するのもひとつの方法です。
コラーゲンやビタミン群においてもサプリメントなら手軽に摂取できますね。

シンプルに保湿ケアをしたい人におすすめの「マジックナイト」

保湿と美白両方のアプローチが可能

多忙な現代人はつい日々のスキンケアを怠ってしまいがち。
そこでオールインワンのコスメを使ってみるけれど、物足りなさを感じてしまう人も多いようです。
「マジックナイト」は、美白と乾燥対策の両方が1度に行える万能コスメです。

マジックナイト1本で5つ役割を果たす

「マジックナイト」は、1本で一通りのスキンケアを満たすことができます。1本に化粧水、美容液、乳液、クリーム、美容パックと5つの役割を果たす成分がしっかり配合されていますので、ワンステップでスキンケアが完了してしまうのです。
▼これ1本で5役も!シミ、小じわ対策の集大成!

小じわ対策も期待できる!

保湿ケアによって期待できる効果は、シミや乾燥の予防と改善だけでなく、小じわの対策も挙げられます。
乾燥によって肌の潤いと弾力がなくなってしまうと、小じわができやすくなってしまいます。
マジックナイトでしっかり保湿することによって、小じわができにくくなるほか、できてしまった小じわが改善されたという人も多いようです。
 
▼シミ、小じわにもう悩まない!全額返金保証つき
【薬用マジックナイト】

幅広いケアができる保湿はマスト!

紫外線だけでなく乾燥もシミの原因となりますので、シミに悩む人はすぐにでも保湿ケアに取り組むことをおすすめします。
 
また保湿ケアはシミの予防と改善だけでなく、小じわ対策や毛穴対策など、美肌を目指す人に欠かすことのできないお手入れです。
こまめにケアできないという人はマジックナイトで手軽にしっかりお手入れするなど、自分に合ったケア歩法を見つけてみてくださいね。


SNSでシェアする

平島 有梨(ひらしま ゆり)

美容とお風呂とお酒をこよなく愛すフリーライター&1女の母。年の功か?エステやネイルに行くたびに担当から結婚の相談を受けるようになり、いつの間にか婚活サポーターに。幸せな結婚を目指す婚活女子を多方面から応援しています。 ▼instagram:https://www.instagram.com/azulside/