春の訪れを告げるチューリップに秘められた、ロマンチックなストーリー – 婚活あるある

春の訪れを告げるチューリップに秘められた、ロマンチックなストーリー

2017.03.14

華やかで可憐なチューリップ。春を代表する花のひとつですよね。そんなチューリップの花言葉は「恋の宣言」に「博愛」。出会いが増える、春にぴったりの花ではありませんか?

誰もが知っているチューリップには、実はロマンチックな物語が隠されていました。今回は、大切な女性への贈り物に最適なチューリップについてお伝えします。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

オランダに伝わるチューリップのお話

春の訪れを告げるチューリップに秘められた、ロマンチックなストーリー

チューリップが国花にもなっている、春のチューリップ畑が有名なオランダに伝わるお話です。

その昔、三人の騎士が、それぞれ「剣」(強さ)、「王冠」(名声)、「黄金/財産」(資産)をかけて、ひとりの女性にプロポーズしました。心優しい女性は心を悩ませ、花の女神・フローラに頼んで、その美しい姿をチューリップに変えてもらうことを決意。その後、3人の騎士は協力してチューリップを育てたそうです。

普通なら目がくらみそうなオファーなのに、騎士たちの気持ちを最優先した彼女。きっと純真な人だったのでしょう。彼女のように、優しく清らかな心の持ち主でありたいものです。

チューリップの色により、意味合いが異なります

花言葉全般では「博愛」「思いやり」「恋の宣言」とされるチューリップは、色合いによって、それぞれ異なる意味合いがあります。

赤は「愛の告白」、ピンクは「真実の愛」、紫色は「不滅の愛」、まだら模様は「美しい瞳」といった意味をもつそうです。

女性への贈り物に迷ったときには、花束を

春の訪れを告げるチューリップに秘められた、ロマンチックなストーリー

バースデーに記念日など、贈り物に悩む男性も多いのではないでしょうか? そんなときには、ブーケ(花束)やフラワーアレンジメントを贈ってみましょう。

お花はあらゆる世代の女性に喜ばれる、贈り物のひとつです。赤やピンクのチューリップ・・・というように、愛の花言葉を考えて選んだブーケはとてもロマンチック。チューリップに隠されたメッセージが、ふたりの距離を近くしてくれることでしょう。

春のデートには少し遠出して、栃木県のあしかがフラワーパークや茨城県の国営ひたち海浜公園など、国内のチューリップ畑を散策してみるのもいいですね。

[参照]Aoyama Flower Market, ProFlowers

SNSでシェアする

sweetsholic

海外を放浪しながら気ままな人生を謳歌しているフリーライター・フリーのパティシエ。世界の文化とスイーツ、地中海料理、サッカー選手クリスティアーノ・ロナウドのような褐色肌のラテン系男子が好き。