「好きだけど、結婚したくない。」男性・女性それぞれの心理を探る!

付き合って1年半。お互いにアラサー世代だから、結婚してもおかしくない時期。
一緒にいると居心地が良いのは間違いないのに、なぜか結婚の雰囲気にならない・・・。
そんなカップルは、どちらかあるいは両方が「好きだけど、結婚したくない。」という心理状態にあるのかもしれません。
今回は、結婚したくない男女の本音について探ってみましょう。

「結婚したくない」と思っている男性の心理とは?

自分のお金や時間が「制限」されてしまう

男性は、結婚したら、趣味に使うお金や時間が制限されてしまうと感じてしまうのです。
趣味がある男性にとって、それはとても辛い状況。
もしも彼女が自分の趣味を理解してくれないタイプだったら、とてもじゃないけど結婚に踏み出すことはできません。「趣味ごときで…」と周りに思われても、当人にとってそれは死活問題なのです。

一匹狼が楽しいから、結婚する必要がない

家事や洗濯もできて、経済力もある。老後の心配もなくて子どももいらない!
そんな風に思っている男性は一人が大好きで、結婚に「メリット」を感じないのです。
恋愛はしたいし彼女のことも好きだけど、いざ結婚となると話は変わってくるんだとか。
このタイプの男性は、結婚適齢期の女性ではなく、自分より年下の女性を彼女にする傾向があります。

自分の経済力に自信がないから、結婚できない。

自分の収入に自信がない、起業し始めでお金がないという男性は、自分1人が生活することで頭がいっぱいです。今や女性も働いていますので、お付き合いのうちは割り勘で済むことも、結婚となると話が変わってきます。子どもを産んで育てることも、お金が無ければできません。経済力に自信がないうちは「結婚したい」という考えすら、持つことは難しいのです。

「結婚したくない」と思っている女性の心理とは?

結婚に前向きになれないのは、男性だけではありません。
「結婚したくない」という女性は、どんな心理なのでしょうか?

彼の稼ぎに不安がある

昭和の時代は「男性が稼いで養い、女性が家庭に入る」という考え方が当たり前な風潮がありましたが、今や女性も自分でしっかり稼ぐようになりました。
しかし、そうはいっても結婚となれば妊娠・出産というイベントがあるため、女性は思うように仕事ができなくなる時期が来ます。そのことを考慮すると、彼の稼ぎに不安があると「彼のことは好きだけど、結婚するにはちょっと心配。」という女性心理が働いてしまうのです。

実家の居心地が良すぎて、家を出る気にならない

25歳を過ぎても実家暮らしの女性は、肩身の狭い思いをしていたものです。
しかし、今では30歳を過ぎても実家で暮らす女性は少なくありません。娘に出て行ってほしくないという親もいるほど。忙しく働いていると、実家暮らしの場合は炊事・洗濯などの家事を親がやってくれる場合が多いですよね。そうすると、居心地のいい実家から出る気が起きなくなってしまうのです。

他にもいい人がいるかもしれないから、結婚に踏み切れない

現在おつきあいしている彼がいても、本音は「自分の理想とはかけ離れている。」ということがあるようです。「彼のことは好きだけど、もっといい相手が見つかるかもしれない。」と、密かに理想の相手を探してしまうのです。特に、20代の頃にモテた経験のある女性は「もっといい人が見つかるかもしれない!」と、理想を追い求めてしまう方が多いようです。


男性は感情だけではなく、現実的に結婚できるかどうかということに思考が行ってしまい、彼女が好きでも結婚を決断するまでに時間がかかってしまうようです。女性は、彼との付き合いを長期目線で考えた時に、不安があると他の男性にも目を向けてしまうようです。

せっかくお互いが「好き」という感情を持って付き合っているのに、すれ違ってしまうのはさみしいですよね。
経済的な問題も、ずっと苦しい状態が続くとは限りませんよね。世間一般の「結婚」のイメージに囚われすぎずに、2人ならではの「結婚のスタイル」を模索してみるといいかもしれません。

夜の兎

食と恋愛のことになると、つい周りが見えなくなりがち。 30歳を過ぎても、様々なことをどん欲に吸収しているフリーライター。 モットーは「振り回されても、流されない。」