好きな人に話しかけられない理由と心理って何?好きな人に話しかけられないときの対処法について紹介 – 婚活あるある

好きな人に話しかけられない理由と心理って何?好きな人に話しかけられないときの対処法について紹介

2022.06.21

「好きな人を前にすると何を話せばいいのかわからなくなってしまう」
「自分から話しかけられない!」
好きな人に話しかけられない理由はさまざまあります。気になる異性に話しかけることができないと悩むなら、理由を知って改善することが大切。本記事では、好きな人に話しかけられない理由から、好きな人に話しかけられない時の対処法を紹介していきます!

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

好きな人に話しかけられない理由と心理

オンライン 結婚相談所 おすすめ
「片思い中の人の前に出ると、何も言えなくなってしまうのはどうして?」
「好きな男性を前にすると言葉が出てこない」
草食系だから、または恋愛経験が少ないからなどとは関係なく、何歳になってもまた結婚している人であっても、大好きになった人に話しかけられなくなってしまう人もいるのです。
なぜ好きな人に話しかけられないのでしょうか。主な理由と心理を見ていきましょう。

(1)相手を意識し過ぎて緊張してしまう

相手を意識し過ぎて、緊張から話しかけられない人は多いです。

意識していない人に対しては、特に緊張することなく話しかけられますよね。
しかし、好きな相手に対しては、自分をよく見せたいという気持ちが働きますから、よく見せようとするあまり相手を意識し過ぎていろいろ考えてしまい、頭が真っ白になって話しかけられなくなってしまうのです。

友達と同じように話せばいいだけなのに、実際に片思い中の人を目の前にすると目が合ったときに避けてしまうなど、挙動がぎこちなくなってしまうこともあるでしょう。
自分から好きな人と話すことへのハードルを上げてしまっている可能性があるのです。

(2)相手の反応を想像して気にしている

好きだからこそ、相手の反応を想像して気にして話しかける勇気が出ないという人も少なくありません。
好きな人を意識し過ぎる人は、話しかけることができない状態に悩みやすい傾向にあります。
一途に想う気持ちは決して悪くないものだけど、恋愛は好きになればなるほど自分の気持ちも制御できなくなって難しくなります。
話しかける前から「嫌われたらどうしよう」「素っ気ない対応だったら心が折れちゃう」というように、相手との会話に失敗したくないという気持ちが大きくなって話しかけられなくなるのです。

過去に良く思われなかった経験がある場合、たしかに相手からネガティブなリアクションをされることを考えると、話しかけられなくなってしまうケースが多いようです。
これは恋愛経験の数とは関係なく、「何を話していいのか話題が浮かばない」、「目を合わせて話すのが恥ずかしい」など、好きな人の前に出て話しかけるのが恥ずかしいと感じてしまう人はいます。
特に心の底から好きになった人には、話しかけたり接したりするのが恥ずかしいと思うときがあるようですね。

(3)話しかけるタイミングがつかめない

相手のことが好きだから気を遣ってしまい、話しかけるタイミングを失ってしまうこともあるようです。
好きな人がいつも友達と一緒にいたり、仕事が忙しそうで隙を狙えなかったりすると、必要以上に好きな人に話しかけられなくなって声をかけるタイミングを逃してしまうのです。

確かに、好きな人と話したいと思っても、「今話しかけたら迷惑かもしれない…」「忙しそうだから、また後にしよう」などと気になってしまうもの。
好きになった人とのコミュニケーションに慣れていないとなかなか会話が弾みませんし、結果的にいつまで経っても好きな人に話しかける勇気などわいてこないでしょう。

(4)「話題がない」と悩んでいる

好きな人に好印象を与えたくて楽しい話や盛り上がる話をしなければならないと思い込んであと一歩が踏み出せない方もいるでしょう。
好きな人に話しかけられない人は「会話への自信がない」ことも原因になっています。
また、好きな人に思い切って話しかけたら完全に無視されたり緊張して何も話せなくて気まずい思いをしたりなどのこれまでの失敗体験により、傷ついてしまうのを嫌がって、話しかける勇気が出ない人もいます。

「自分には楽しい話をするスキルがない」
「話がつまらなかったらどうしよう」
と考えてしまい、また上手くいかないような気がして行動に移せなくなっていくのでしょう。

このような心理状況で話しかけられない人は「話題を持ってない」ことも大きな原因になっています。
そんな方は、「経験値を増やすこと」にチャレンジしましょう。
色々なことを経験していたり知っていると好きな人の話にも「深い共感」ができるため、会話で有利になり、コミュニケーションの内容やスキルに悩まなくなりますよ。

(5)自信がなくて好きなことがバレたくない

相手に話しかけて、自分が好きだと思っていることがバレたらどうしようと思って話しかけることができない人もいます。
意中の相手に話しかけることで自分の態度や言動に好意が出てしまい、
「自分に好意を持たれると迷惑かもしれない」
「自分と仲良くなっても迷惑かもしれない」
と気にしすぎているということが多いです。

本来なら恋愛では、好意を持っていることが伝わった方が、相手も意識してくれるようになるので都合が良いもの。
しかし、自分に自信がなかったり相手にどう思われるか不安だったりしていると、自分の想いが相手にばれたときに相手がどう思うかと考え過ぎて怖くなり、話しかけられなくなってしまうのです。
自己肯定感が低かったり、自分に自信がなかったりなど、ネガティブな思考は時として行動を邪魔してしまうのですね。

実は嬉しい!女性に話しかけられた時の男性の本音


男性に素っ気なくされてしまったり、デートに誘われないと脈なしだと思ってしまう女性も多いでしょう。
しかし、男性は気になる女性にだけアピールすると思いきや、気になる女性だからこそアピールしないという人が多いんですよ。
あなたは実は男性の「気になる女性」なのかもしれません。
女性に話しかけられた時の男性の本音について見ていきましょう。

素直に嬉しい

女性に話しかけられた時、素直に嬉しいという人が一番多いです。
嫌いな人にわざわざ話しかける人はいませんよね。
男性の心は実は見た目よりもとっても繊細なので、気になる女性が声をかけてくれると嫌われていないのだと分かり、喜ぶ男性が圧倒的に多いんです。
いつもは嫌々やっている残業だって、気になる女性の一言でいつも以上に仕事にやる気が出ちゃうくらいなんですよ!

恥ずかしい

女性と話すこと自体に慣れておらず、好きな女性の顔を見たり、存在を意識するだけで恥ずかしいと感じる人もいます。
たとえば男子校出身や男兄弟しかいない男性の場合、もともと女性とのコミュニケーションが苦手、恋愛経験が少なく慣れない空気感に緊張してしまう男性も多いのです。

そんな場合、女性からアプローチされても恥ずかしくてうまく話せず、ただ恥ずかしいだけで決して嫌な気持ちを抱いている訳ではありません。
「ドキドキして何も考えられない!」と思うがゆえ、今まで以上にうまく話せない可能性もあるでしょう。

何を話せばいいか分からない

会話が苦手な男性の場合、男性相手でも女性相手でも、話すこと自体があまり得意ではないので、何を話せば良いかわからなくなってしまうのかも。
こうした人の場合、深く考えすぎて何も話せず悶々としているかもしれないので、無理に会話をせずにゆっくりしたペースで話しかけてあげるのが良いでしょう。
本来ならば、好きな人にこそ話したいことや聞きたいことがたくさんあるのです。

好きな人に話しかけられないときの対処法5選


どうしてうまく話しかけられないんだろうと、自分の不甲斐なさに肩を落としている方もいるでしょう。
しかし、友達に気軽に話しかけるようにいかないのは当たり前! 好きだからこそ話しかけづらいというのは仕方のないことです。
好きな人に話しかけられない時は、まずどうして話しかけられないのか、その原因や理由を知り、それに合わせた対処法を試してみましょう。

自分に自信を持つ

自分に自信がなくて話しかけられない人も多いはず。
自分に自信が無いと、まともに相手にされないなどと悪く考えてしまって、堂々と振る舞う勇気が出ないもの。
私もそうですから、よくわかります。

ささやかな自信を一つずつ身に付けていくことで、きっと好きな人にも普通に話しかけられるようになります。
自信をつけるためにはとにかく行動あるのみ。自分をブラッシュアップして自信を付けましょう。
具体的には、

  • メイクの勉強をする
  • 理想の自分に近づけるように髪型やファッションを変える
  • 好きな芸能人やモデルの真似をしてみる
  • エステに通う
  • 自己啓発本を読む
  • トレーニングジムに通う
  • ダイエットをする

などです。

とはいえいきなり大きなことに取り組むことはなかなか出来ませんよね。
まずは小さなことや些細なことから。慣れてきたら、失敗や周囲の視線、意見を恐れずに一歩踏み出す勇気を身に付けましょう。
自分のことが好きになれるように、自分を素敵に変える努力をしてみてください。
髪型やファッションを思い切って変えてみることで好きな人に見られても恥ずかしくない自分になれれば、自然と自信が持てるようになり、話しかける余裕が生まれるはずです。

 

心に余裕を持つ

心に余裕があると、目の前のことに余裕を持って向き合えるようになります。
心配性な人や劣等感の強い人、また完璧主義の人などはネガティブな気持ちになりやすいですよね。
ネガティブな感情に囚われていると、何事に対しても後ろ向きな考え方になってしまいます。

そんなときは、大きく息を吸って、気持ちを落ち着かせて余裕を持ってくださいね。
心にゆとりがあり、気持ちがリラックスできると言葉もすんなりと出てきて、いつも通りの自分で話しかけやすくなるはずですよ。
次第にネガティブな気持ちを取り払っていけるようになるでしょう。

 

自分を作り過ぎない

嫌われたくないという気持ちが強いと、素の自分を隠してしまい、自分を作り過ぎてしまう人もいるでしょう。
嫌われたくないという気持ちが強すぎるあまり、自分の気持ちをうまく伝えられないのです。

仲の良い人との関係を壊したくないと考えるのは自然なこと。確かに周りに気を使って疲れてしまうのはあなたが持っている長所でしょう。
しかし、人はみな自分のことで精一杯で、案外、他者の言動を気にしていないもの。
好きな人の前では、カッコつけてみたりかわい子ぶってみたりする必要はありません。
できるだけ飾らずに、喋り方や言葉遣いも友達や家族に喋りかける時のように、自然体を意識して話しかけるようにしましょう。
ありのままで飾らない自分でいいと思えれば、好きな人とスムーズに会話ができるはずです。

 

相手のことを考えすぎない

気になる人の前で緊張してしまうのは、自分ではなく相手に意識が向いているから。
確かに、好きな人のことを考えてしまうのは仕方のないことでしょう。
しかし、など、内面に意識が向きすぎていると、自分に対する不安がつのって上手く話しかけられなくなります。

上記で書いてきたような「話しかけたら迷惑かもしれない」「嫌われるかもしれない」という思考は、もしかしたら向けられているかもしれない男性の好意を受け取れなかったり、恋仲になるチャンスを奪ってしまったりする可能性もあるのです。
人は好意を寄せられると、少なからずうれしく感じるもの!
「上手く話せなかったらどうしよう」というネガティブな想像をしてしまわず、なるべくポジティブな思考を高めていきましょう。

 

まずは挨拶から始めてみる

あいさつをされて嫌な気分になる人はいませんよね。
挨拶は基本的なコミュニケーションですから、好きな人の近くを通り過ぎる機会があれば「おはようございます」「お疲れさまです」など、積極的に声をかけてみましょう。
少し離れた距離にいる場合は、会釈するだけでもOK。簡単な声掛けから始めてみましょう。

慣れてきたら、あいさつに一言付け足してみましょう。
接触回数を増やして挨拶を続ければ、自分も話しかけることに慣れていきますから、長い会話に発展させやすくなります。
繰り返すことによって、相手も親しみがわいてきて好感を抱きやすくなりますよ!

好きな人と話す時のコツ|好印象を与えるために意識したいことは?


好きな人と話すとき、せっかくなら自分なりに上手く話したいものでしょう。そこでここからは、具体的にどんなことを意識すればいいのか、好きな人と話すときに気をつけたいコツについていくつかお話していきます。知りたいですよね。

コツ1.相手の目をしっかり見て、自然な笑顔を心掛ける

笑顔は魅力的に映るだけでなく、好印象を与える魔法。話をする時に自然な笑顔を見せてもらえると、ポジティブな印象を持ちますよね。
好きな人に話しかけるときは、笑顔を心がけましょう。最初は緊張すると思いますが、自分の表情を意識することによって、相手に対して好意的なことを伝えられます。ニコッと微笑むだけで効果的ですよ!

また、話をするときは、相手の目を見て話すのが礼儀とされていますので、笑顔で好きな人の目をしっかりと見ながら話をすると、より効果的です。もし目を見て話すのが恥ずかしいなら、少し視線をずらして口や鼻を見て話すのもひとつの方法です。

逆に目をそらしたり表情が固いと、「自分と話すのが嫌なのかな?」「嫌われてる?」と思わせてしまうので、気を付けましょう。

 

コツ2.相手を褒めることを意識する

相手を褒めるのも、相手からの好感度が高くなりやすいです。どんな人でも、自分の良いところを異性に持ち上げてもらえると、決して悪い気はしません。

過剰な褒めはやりすぎです(あまり褒め過ぎてしまうと相手がわざとらしく感じてしまいます)が、誰でも自分の知識を褒められると嬉しく感じます。

「すごく詳しくてびっくりした」
「いつも仕事早いですよね」
「おしゃれなアクセサリーだね」
など、軽く相手を持ち上げると、好感を持ってもらえる可能性が高いです。好きな人を違和感なくいい気分にさせることができるように、相手の特徴や得意なことなどをよく見て褒めるようにしてくださいね。

とくに人の役に立つことに喜びを感じる人の場合は、この褒めるという行為は効果的です。些細なことでも褒めると相手の気分が良くなりますから、より色々な話をしてくれるようになるでしょう。

 

コツ3.適度に相槌を打つことを忘れない

ただ話を聞いているだけではなく、タイミングを見て適度に相槌を打つと、会話のテンポが良くなります。相手が話しているのに反応が薄いと話も続かなくなるので、自分と話すのがつまらないのかなと思われてしまいます。

「へえ」「そうなんだ!」「いいね」など、適度に反応を示しながら共感も伝えることで「話を聞いてくれている」という好印象を抱きやすくなります。結果的に相手も気分良く話をしてくれ、楽しく話ができるでしょう。

 

コツ4.質問攻めにならないように気を付ける

相槌は大切なのですが、そればかりではいけません。また、質問のしすぎも良くありません。質問ばかりしていると、相手はあなたとの会話がつまらないと感じてしまうことがあるのです。

相手との会話は言葉のキャッチボールが大切。質問ばかりだと、一方的な会話にならないようになってしまいます。回答に対する自分の話し少し入れると、スムーズな会話ができるようになります。

例えば「休みの日は何してるの?」といった質問をして「アウトドア」と帰ってきたら、 「アウトドア好きなんですね!私も好きなんですよ」といった風に話を進めるのがオススメ。趣味の話にもつながりますし、話しやすい人だなと思われますよ!

コツ5.その日はじめて顔を合わせたタイミングの挨拶の流れで話しかける

普段の会話に慣れない場合は、挨拶がおすすめ。挨拶ならその後の会話を気にしなくていいので、手軽に実践できますよね!
「○○さん、おはよう!」など、名前を呼びながら笑顔で自分から挨拶をすると、あなたの印象も与えられますし、挨拶の後に会話を続けやすくなりますよ!

 

まとめ


恋愛経験が少ない人は好きな人に話しかけるのが性格に関係なく全般的に苦手ですから、異性とのコミュニケーションが上手くできないことがそのまま恋愛下手の原因になっていることもあります。
自分の好意に気付いて欲しいと思っても、それを上手く相手に話しかけてアピールできなければ、この先もずっと自分の思いを相手に伝えることはできません。

「これを言ったらもしかして嫌われる?」
「話がつまらないと思われるに違いない…」
嫌われるか好かれるかは、話をしてみないと分からないもの。
ですが、好きな人と話すのは誰だって緊張するものです。
好きな人と話したいと思っても、緊張や不安、失敗する怖さなどから話しかけられないことはあります。

最初はメールやメッセージでやりとりしてみたり、友達として気楽な関係から始めてみたりしてもいいですよね。好きな人と接することに慣れてくると、自然体でいられるようになりますよ!
ご紹介した内容を覚えればもう大丈夫です。ちょっとの勇気と自信を持って、ぜひ話しかけてみてくださいね。

SNSでシェアする

shiki

フリーライター×司書/文字厨/デザイナー。小説家として活動ののち、フリーライター・脚本家に転向。