結婚のためのマッチングアプリ活用法とは?遊び目的の相手を見極めよう! – 婚活あるある

結婚のためのマッチングアプリ活用法とは?遊び目的の相手を見極めよう!

2020.04.23

「毎日家と職場の往復でなかなか出会いがない…」と嘆いている女性も少なくないはず。

 

そんなときは、手軽に出会いのきっかけを作れるマッチングアプリを活用してみるのも案外悪くありません。

 

しかし本気の恋愛をしていずれ結婚まで結びつくような出会いを求める女性にとって、遊び目的の男性は避けたいものです。

 

この記事では、遊び目的の男性と誠実な男性見分けるポイントや、マッチングアプリの有効な使い方をご紹介していきます。

マッチングアプリで遊び目的の人を見分けるには?

結婚を意識する20代後半~30代前半の婚活あるある読者にとって、遊び目的の人とマッチングするのは避けたいものです。

 

そんな方のために遊び目的の男性を見分ける方法をお伝えしていきます。

見分け方1.自己紹介文が適当or過剰

遊び目的の男性はそもそもアッチングアプリをちゃんと使いこなそうと思っていません。

 

「適当に使ってみて女性と出会えたらラッキー♪」くらいの感覚なので、自己紹介欄にほとんど空白だったりスペックの入力などが見るからに適当な場合は遊び目的と判断していいでしょう。

 

逆に年収や職業があまりに好条件すぎたり、都合のいいことだけをたっぷりと自分語りのようにつらつらと書いている男性も女性をひっかけるための嘘である可能性が高いです。

 

自己紹介欄に「適当さ」や「過剰さ」が見て取れた場合は、注意しましょう。

見分け方2.自分の話をしてこない

マッチングアプリでは会う前にメッセージのやり取りをしてお互いを少しずつ知っていくことが大半です。

 

そのときに例えば「どこに住んでるの?私は世田谷区だよ」と聞いて「東京だよ!」など、漠然とした相手の素性が見えてこない返答ばかりが続く場合は遊び目的の可能性があります。

 

真剣な恋愛ができる相手と無駄なく出会うためには、メッセージのやり取りの段階で遊び目的の男性を見極められるようにしておきましょう。

見分け方3.付き合う前から家に誘ってくる

メッセージのやり取りを経て、では実際に会おう!という段階になったとき、どこで会うのかはとても重要なポイントです。

 

このとき、いきなり家デートに誘ってくる男性は間違いなく遊び目的ですが…。

 

それだけでなく、3回目や4回目のデートでまだ付き合っていないのに家に呼ぶ男性にも要注意。

 

あなたが心を許して家に行き、男女の関係になった瞬間に彼と音信不通になる…というパターンもあります。

 

そのため付き合う前から家や室内デートに誘ってくる男性は遊び目的と考えていいでしょう。

見分け方4.電話を嫌がる

ある程度デートも重ねてお互いの信頼関係が深まってきたものの、電話番号を教えてくれなかったり、教えてくれたとしても夜に電話で連絡を取ることを極端に嫌がる男性は遊び目的の可能性が高いです。

 

電話を嫌がるのは、あなたから電話がかかってくることを知られるとまずい理由があるからです。

 

彼女持ちや既婚者である可能性も否定できないので、電話を嫌がる男性は早めに割り切りましょう。

マッチングアプリで真剣交際できそうな相手と出会えたら…

マッチングアプリで遊び目的の男性を見事回避し、真剣に付き合えそうな男性と出会えたらどう振舞えばいいのでしょうか。

1.デートだけでなく連絡もこまめに取り合おう

真剣にお付き合いできそうな男性と仲を深めるために、会っていないときも積極的に連絡を取り合いましょう。

 

もちろんお互い仕事に忙しい社会人なので、相手の迷惑になる頻度の連絡は避けるべきです。

 

お互い負担にならない程度に日ごろから連絡を取り合って、彼の日常に自分の存在を溶け込ませましょう。

2.相手の友人に紹介してもらおう

マッチングアプリの出会いでデメリットがあるとすれば、お互いの情報をお互いからしか得られないこと。

 

友人の紹介や大学時代の知り合いなら相手の背景が何となく見えるため安心感がありますが、マッチングアプリでの出会いだとその安心感が得られません。

 

その場合は彼の友人に自分を紹介してもらいましょう。

 

友人から過去の彼の話を聞くことで、彼の過去や背景を知って安心感を得られますし、友人に紹介してもらえるくらいの信頼関係を築いているという証明にもなります。

 

そうした安心感を得るためにも、仲が深まってきたら彼の友人に紹介してもらえる機会を作りましょう。

遊びはイヤ!真剣交際できるマッチングアプリ3選

たくさんのマッチングアプリがリリースされていますが、遊び目的の男性が少なく真剣度の高い恋愛ができるアプリを3つご紹介します。

1.pairs(ペアーズ)

国内でトップクラスの知名度をもつマッチングアプリ『ペアーズ』。

 

会員数は1,000万人を超え、2019年には延べ25万人以上がペアーズで恋人を見つけています。

 

恋活や婚活目的で利用している男女が多く、利用人数が多いため地方で婚活をしていも相手を見つけやすいのが特徴です。

 

実名表示がなく、年齢確認により不正に利用しているユーザーを排除しているため安心して利用できるのもポイント。

 

男女ともに20代の利用が多いですが、40代50代の利用者も一定数いるため、好みの年代の男性を探しやすい環境が整っています。

 

初めてマッチングアプリを利用する方や、たくさんの男性から好みの相手を探し当てたい方におすすめです。

2.Omiai

『Omiai』はペアーズともにマッチングアプリの歴史を築いてきた老舗アプリのひとつ。

 

ペアーズは男性の登録から女性に最初のメッセージを送るところまでが無料なのに対して、Omiaiは男性の場合登録から料金がかかります。

 

そのため真剣に恋愛できる相手を探している男性が多く、遊び目的の男性とマッチングすることが比較的少ないのが特徴です。

 

利用人数はペアーズより少ないものの、男女とも一人ひとりのマッチングアプリ利用に対する真剣度はOmiaiの方が高いと言えるでしょう。

 

ペアーズで恋活や婚活がうまくいかなかった方や、マッチングアプリの利用に慣れている方はOmiaiを利用してみるのがおすすめです。

3.マッチドットコム

婚活や真剣な恋愛に特化したマジメな出会いを謳う『マッチドットコム』。

 

マッチドットコムでおすすめできるポイントは、利用者が安全に利用するための徹底的な管理体制。

 

本人確認や年齢確認はもちろんのこと、勤務先証明など全6種類の証明書をプロフィールに登録できます。

 

そしてプロフィールはマッチドットコムのスタッフがひとつずつ確認し、不適切と感じた会員や悪質な会員は強制退会させる徹底ぶりです。

 

相手の素性がわかりづらいというマッチングアプリのデメリットをとことんつぶした、信頼できるマッチングアプリのひとつです。

遊び目的の相手をスルーして結婚できる相手をマッチングアプリで見つけよう

毎日忙しくなかなか出会いの見つからない20代後半~30代前半の女性にとって、マッチングアプリは強い味方になります。

 

しかしマッチングアプリで良質な出会いを見つけるには、ちょっとしたコツも必要です。

 

ぜひこの記事を参考にアプリの選び方や使い方のコツを掴み、遊び目的の男性をうまくかわしつつ、結婚に繋がるような真剣恋愛ができる出会いを探してみてください。

SNSでシェアする