ジャンル別に「いい人」を見つけることが、運命の人を見つける近道【30代からの恋のかさねかた、愛のはぐくみかた】 – 婚活あるある

ジャンル別に「いい人」を見つけることが、運命の人を見つける近道【30代からの恋のかさねかた、愛のはぐくみかた】

2017.03.10

20代とは違う30代の恋。結婚するか否かの分岐ともなる年代であることから、未婚の30代にとって恋に迷いはつきものです。この連載では、婚活のプロフェッショナルから聞いた、恋愛・結婚についてのヒントをお伝え。恋する気持ちに寄り添い、ポジティブな気持ちで毎日を過ごすコツをお届けしていきます。


すべての条件にぴったり合う人を求めすぎて、この人も違う、あの人も違うとすぐシャッターを閉じてしまうあなた。そのままでは、人と深く付き合う筋力が衰えていくだけでなく、いつまでたっても理想の相手に巡り会えずに終わってしまいます。そこでおすすめしたいのが、ジャンル別に「いい人」を作ること。

今回は、なかなか「この人!」という相手に会えないあなたへ向けたお話です。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

ジャンル別の「いい人」とは

「いい人」といっても、恋人同士になるわけではなく、「いい」と思う人を作る、ということです。30代ならこの人、笑顔ならこの人、声ならこの人、映画の趣味ならこの人、仕事を一緒にするならこの人、子煩悩ならこの人、といった風。すべてが理想的でなくてよいので、一部分でもいいなと思えるところがある人ならば「この人は○○のいい人」と心の中でこっそり認定してしまうのです。

完璧でなくてもシャッターをおろさない

そうやって興味を持ってコミュニケーションをとることで、相手のほかのいい部分が見えてくることも多いもの。とにかく、完璧に条件を満たさなくても興味のシャッターをおろさない、ということが何より大切なのです。過去記事「じつはNG。知らずにやっている恋愛スイッチのON/OFF」でおすすめした、保温状態の方法のひとつとも言えます。

いつか一人に絞る日がくればいい

そう、パズルのピースを探すようにぴったりの形を求めるのではなく、取りあえず形の中に入ればOK。感じるまま、自由にたくさんのジャンルの「いい人」を作りましょう。興味のある相手が多ければ多いほど、恋のチャンスは広がります。一人に絞ることはゆっくりでもいいんです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。この人も違う、あの人も違うとため息をつくより、この人のここがいい、あの人のここが素敵、とワクワクする方が毎日も楽しくなるというもの。ワクワクしているあなたには、きっと運命の相手も近づいてきてくれるはずですよ。

今回取材に答えてくれたのは・・・
坂西祥江さん(婚活支援サービス パートナーエージェントコンシェルジュ

ときに厳しい言葉をかけることもあるのは、相手の幸せを心から願っているからこそ。「婚活の楽しみ方」を伝えるスペシャリストであるコンシェルジュからのアドバイスは、目から鱗の連続です。

Photo by shutterstock

#30代からの恋のかさねかた愛のはぐくみかた

SNSでシェアする

kanoa

自由とときめきを愛するアラフォー編集ライター。夫も子どももいる身ながら、今日も道行く人にこっそりときめきます。心置きなく恋愛できるみなさまには、もっともっと恋愛を楽しんでもらいたい!そんな想いで書いています。