気になる人へのアプローチ。鉄板技はコレだ! – 婚活あるある

気になる人へのアプローチ。鉄板技はコレだ!

2018.10.03

「気になっている人がいるけど、あまりグイグイアプローチして引かれたら嫌だ」
「アプローチをして断られたら悲しいから、自分からは積極的に声をかけられない」

そんな女性は、意外と多いのではないでしょうか?

「気になる人にアプローチしてうまくいかなかったらどうしよう…。」と躊躇する気持ちは、男女ともに変わりません。
ですが、自分から一歩踏み出さなければ、関係はいつまでたっても変わりません。

本当に気になる人が現れたなら、勇気を出してアプローチをすべきでしょう。
今回は、「そうは言っても、どうやってアプローチするのがいいか分からない!」という方向けに、
鉄板のアプローチ方法をご紹介していきます。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

気になる人へのアプローチ①:質問する

気になる人と話す機会があったとき、「話を盛り上げよう」と張り切って喋りすぎてしまう人はたくさんいます。ですが、話をしすぎてしまうと、「この人自分の話ばかりしている」「なんだか少し疲れる」と思われがちです。まずは、気になる相手に質問をしてみましょう。そして相手が気持ちよく話せるように相槌を打ちましょう。聞き上手に徹することで、あなたは、「なんだか話しやすい人」「一緒にいて楽しい人」といった印象を与えることができるでしょう。

気になる人へのアプローチ方法②:褒める

気になる人に好かれたいなら、相手を褒めましょう。大げさすぎてはいけません。あなたが本当に相手の魅力だと思う箇所を褒めましょう。服やセンスを褒めるのも有効です。褒められて悪い気がする人はあまりいません。また、心理学では返報性といって、「人には自分がもらったものを返したくなるという気持ちがある」と言われています。褒められた相手は、あなたの良いところをみつけ、褒め返したくなる可能性が高いのです。

気になる人へのアプローチ③:単純接触の理論を利用する

心理学の世界では、会う回数が多い人ほど、好意を持ちやすい、とも言われています。大人数でもいいので、とにかく会う機会を増やしていきましょう。

気になる人へのアプローチ④:誘う

気になる人へのアプローチの、最終段階がお誘いです。デートに誘うさいには、相手のことを第一に考えましょう。独りよがりにデートプランを練るのではなく、「相手が興味のあるのはどんな場所か」「相手がアクセスしやすい駅はどこか」などをリサーチしてからアプローチを行いましょう。

さいごに

今回は、気になる人へのアプローチ方法を簡単に解説しました。
失敗や傷つくことを恐れて行動しなければ、一生何も変わりません。
勇気を出して、気になる人にアプローチしてみましょう。
うまくいってもいかなくても、自分から行動したという勇気は経験値となり、次の恋愛の糧となるはずです。

SNSでシェアする

今来今

編集者を経て現在フリーライター。 複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。