男心をわし掴み!デート中にするべき「ちょっとした気遣い」3つ

その場に合った気遣いができる人というのは、瞬時に状況を判断できる賢さと、それを実行に移せる優しさを持ちあわせた人です。
気遣いのできる魅力的な女性は、もちろん男性からも高評価。
そこで今回は、男性をキュンとさせるために、デート中にするべき「ちょっとした気遣い」をご紹介します!

手土産を用意する

デート代を奢ってくれる男性には、お礼として手土産を用意しておくのもオススメです。
「今日はありがとう」と言って帰り際に渡せば、好感度もグンと上がるでしょう。
ただし、基本的に男性のカバンはコンパクトなので、大きすぎない手土産を選ぶのがポイント。
相手が受け取りやすいサイズと価格帯を意識しましょう。

彼が喫煙者なら、いつも吸っている銘柄のタバコをプレゼントするのもいいですね。
「よく見てるんだな」と思うと、キュンとしてしまうんだそう。
応用編として、ドライブデートでは、運転してくれている彼に飲み物などを差し入れるのがオススメ!

デートプランを相手に任せきりにしない

デート中「何食べたい?」と聞かれ、「なんでもいいよ」と返してしまう人は少なくないでしょう。
でも男性としては「〇〇がいいな!」とリクエストしてくれるほうが、お店を決めやすくて助かるんです。
和・洋・中といった大きなくくりでもいいので、自分の意見を出して、相手に任せきりにしないのが気遣いです。

また、デートプランそのものを決めるときも、毎回彼に計画してもらうのではなく、
自分から行ってみたい場所やお店を提案するようにしましょう。
彼と付き合っているのなら、予約なども自分でやってしまってOKです。

店員さんへの気遣いも忘れない

デート相手への気遣いはもちろんですが、周囲の人への気遣いも欠かせません。
飲食店などでは、店員さんに親切な対応をすることも心がけましょう。
笑顔や、「ありがとうございます」などの挨拶も忘れずに!
そばで見ている彼からは、「みんなに優しい人」という印象を持ってもらえること間違いなし。
誰にでも平等に気遣いできる女性なら、友達や親にも紹介したくなるはずです。

デートこそ、気遣いをみせるべき場面!

デートは「男がリードするもの」といったイメージが強いため、お姫様気分で相手に任せきりにしてしまう女性も少なくありません。
つまり、あえてそういった場面でみせる気遣いほど、周りと差をつけるのには効果的! 
恋する女性は、デート中こそ「ちょっとした気遣い」を積み重ねていくといいでしょう!

オルカ

20代のフリーランスライター。 出会いと恋愛知識を求めて、 ナンパスポットやマッチングアプリにときどき出現します。 博識な人がタイプ。

新着記事