いつまでも一緒にいたい!彼を虜にする「猫系女子」とは

今回は、ちょっと気まぐれでわがままだけど、男子が夢中になっちゃう「猫系女子」の特徴についてご紹介します。

彼を虜にする「猫系女子」の特徴

1.束縛なんて大嫌い!好きな言葉は自由

猫系女子の一番の特徴は、自由を愛するというところ。
猫のように気まぐれで、自分の好きなときに好きなことをしたい、という気持ちが強いのが猫系女子です。

そんな猫系女子は束縛が大嫌い。
「男の子と二人でご飯に行かないで。」なんて彼氏が望んだとしても、聞く耳を持ちません。
自由奔放なので、彼氏はいつも油断することができず、気を抜いたら他の男性にとられてしまうのでは、といった危機感を抱いています。
そのため、彼女の気を引こうともっと彼女を大切にしようとするのです。

猫系女子は、誰かのものになりたいとは思っていません。
自分は自由に行動したいと考えており、付き合っても完全に彼氏のものになった、という意識がまったくないため、
彼氏から「もっと彼女のことを知りたい。彼女を自分だけのものにしたい」と思われ続けるのです。

2.ふたりのときはとことんデレるときもある


猫系女子はその自由さゆえに、彼氏からすると、ときに冷たいとも思われがちです。
メールの返信もしたいときにするので、既読がついてもしばらく返信がない、ということもザラにあります。
また、彼氏最優先ではなく、仕事や趣味、友達の方を優先することも多いため、彼氏は「本当に俺のことを好きでいてくれているのかな」とモヤモヤしてしまいます。
ですが、二人きりになったとき、猫系女子は、外では見せたことがないほど、彼氏にデレデレになり、甘えてきます。
このギャップにやられてしまう男性が多いのです。
猫系女子は、自由奔放で完全には人のものにならないにも関わらず、ふたりきりになったときには、思いっきり甘えてきます。
感情表現が豊かで、怒ったかと思えばすぐに機嫌が治ったり、予測不可能な行動が多いので、彼氏は猫系女子から目が離せなくなってしまうのです。


今回は、彼を虜にする猫系女子の生態についてご紹介してきました。

どんな恋愛関係にもいえることですが、安心は慢心につながります。「この子は何をしても俺と一緒にいてくれる」という甘えから、
付き合い始めた当初のように服装に気を使うことをやめたり、
相手のことを気遣うことに手を抜き始めたことから、恋愛感情が薄まってしまう、ということはよくあります。

いつまでも彼を夢中にさせたいならば、猫系女子を見習って、彼氏を追いかけるのではなく、自分の時間を大切にしましょう。
いつまでも「もっと知りたい」という欲求を刺激し続けられるような、魅力的な女性を目指すべきです。

今来今

編集者を経て現在フリーライター。 複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。