男性が惚れる!「バツイチ女性」の魅力5パターン

一度結婚に失敗すると、どうしても新しい恋愛や結婚に対して、少し臆病になってしまうものです。
でもそんなときこそ、自分の魅力をもっと引き出すチャンスなのです。
そこで今回は、男性が惚れる「バツイチ女性」の魅力パターンを5つご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. 経験を積んでいて包容力がある

バツイチ女性は、これまで、少なからず苦労も喜びも両方体験しているはずです。
このこことから、多少のことでは動揺しないでしょう。そのように経験を積んでいる女性は包容力を感じさせるのも事実です。
頼りになる、信頼できそう、などの他のポジティブな印象も醸し出しているでしょう。

2. 家事・料理をマスターしている

バツイチ女性の中には、すでに一度家庭に入った経験があるため、家事や料理をマスターしていることが多いです。それは立派なスキルです。特に料理が上手な女性は、やはり魅力的です。
男性にとっては家事や料理をマスターしていることは、彼女としても、将来の奥さん候補としても、十分メリットがあります。

3. 失敗から学んだため、理想を押し付けない

男性は、女性から「男性はこうあるべき」「こうしてほしい」と強制されるのを嫌う傾向があるといわれます。
つまり、理想を押し付けられるのが嫌いなのです。その点、バツイチ女性はもはや男性に自分の理想を押し付けるような面倒なことはしない傾向があるでしょう。もちろん、人付き合いの経験を多く積んでいる分、人間としての理想も高いはずです。
しかし、過去の失敗から、自分の理想をあえて押し付けないという方は意外と多いのではないでしょうか。

4. 謙虚である

バツイチ女性は謙虚なところがあるので、人からすれば魅力的に感じられることがあるようです。
謙虚な理由としては、やはり一度結婚に失敗していることから、「バツイチ」という自分に引け目を感じているところがあるためです。今、肉食系女子が多いといわれている中で、ひときわ、大人で謙虚な姿勢を見せるバツイチ女性は、その分、魅力となって映るでしょう。

5. 自分磨きを怠らない

3421-01
誰から見ても魅力的なバツイチ女性がいたとすれば、その女性はバツイチかどいうかは関係なく、自分の魅力を磨くことを怠っていないということ。
むしろ、バツイチだからこそ、自分磨きに精を出しているのかもしれません。年を重ねても、自分磨きを怠らない姿勢こそ、魅力的といえます。

このようにバツイチ女性は、まだまだ十分その魅力を伸ばし、発信していけるのです。ぜひあきらめず、自分自身を信じて、磨きをかけていきましょう!

YUKINA

常にアンテナを張り巡らせ、ピンと来た場所へならどこへでも出かけていく好奇心旺盛なライター。思わず誰かに話したくなる記事を書くのがモットー。

新着記事