バレンタインデー体験談から学ぶ、成功しやすい告白の方法3選 – 婚活あるある

バレンタインデー体験談から学ぶ、成功しやすい告白の方法3選

2018.01.17

もうすぐバレンタインですね!
バレンタインは、片思い中の彼に「好きです!」とダイレクトに伝えることができる、素敵なイベントではないでしょうか。
気になる彼にバレンタインにチョコを渡して告白する…すごく緊張するけれど、彼から嬉しい返事がもらえたら嬉しいですよね!
今回はバレンタインデー体験談から学ぶ、「成功しやすい告白の方法を3つ」をご紹介します。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

1. バレンタインまでに仲良くなって、成功率をアップ!

バレンタインといえども、顔見知り程度でほとんど話をしたことない女の子からいきなりチョコレートを渡されて告白されても、嬉しい半面、「え…?」と戸惑ってしまうでしょう。
そのためにも、バレンタインデーまでにある程度、話をして仲良くなっておくことが大切です。

学校や職場が同じ人は、まずは明るく挨拶から始めてみましょう!
そして少しずつ、コミュニケーションをとることができたら理想的。
最初は「おはようございます」、「今日も寒いですね」といった挨拶から始めましょう。
そして彼とすれ違ったときや退社のときに会ったら、笑顔で「お疲れさまです!」これが基本ですよ。

少し慣れてきたら、「そのマフラー素敵ですね!」など、彼のファッションを褒めると良いでしょう。
ニコッと笑って爽やかに、彼が身に付けているメガネやネクタイ、スーツなどをさりげなく褒めてみましょう!
彼は、「いつも僕のこと見ているんだな…」と意識し始めるでしょう。
褒められてイヤな気分になる人はいないでしょう。このようにバレンタインまでに少しでも親しくなっておくと、当日チョコレートを渡しやすいですよ。

【オシャレ男になる着こなし術】 センスを格段にあげる、マフラー選びのコツ

2. みんなとかぶらないものをセレクトする!

人気者の彼にバレンタインにチョコを渡すとき、周りのライバル女子とかぶりたくないですよね。
でも、そんなに親しくないのに彼に手作りのものや身に付けるものを渡す、というのもなんだかちょっと重たい感じがしませんか。

そんなときは、高級ブランドのチョコレートで近くに売っていないものを選んでみましょう。
どこのデパ地下でも手に入るようなチョコレートではなく、有名パティシエがプロデュースしたオシャレなものや高級ブランドのものをセレクトし、オンラインショップなどで手に入れちゃいましょう!
そしてそれにちょっとしたメッセージカードを添えて渡す!これで周りの女子と、グッと差をつけてくださいね。
あまりに高級なものを渡すと彼がお返しに困ってしまうことがあるので、2,000円~3,000円くらいのものが良いでしょう。

3. 二人きりの空間で渡す!

人がたくさんいるところや職場、こういったところで渡すと、義理チョコっぽい感じがします。
「あなたが本命です」「好きです」という気持ちを伝えるためにも、お茶や食事に誘ったりして、少しの時間でも彼と二人きりになれる空間で、チョコを渡して告白するとムードがありますよ。
チョコレートは、あまり大きなものはやめておきましょう。
スーツのポケットに入るくらいのサイズだと、周りの目を気にせず持って帰ることができます。

バレンタインに成功しやすい告白の方法はいかがでしたか。
まずはバレンタイン当日までに、意中の彼と距離を縮めておくことがポイントです。
そしてできれば、彼に付き合っている人がいるのか?など、チェックしておくことができたら良いですね。
ぜひ、これらの体験談を参考にし、バレンタインデーの告白を成功させてハッピーに過ごしてくださいね!

SNSでシェアする

テヒ

秘書OLを経て結婚。出産後ライターとして活動。 上級メンタル心理カウンセラー。恋愛、婚活、結婚について書いています。