年収1000万の美女が結婚できない?ハイスペ女子も陥る婚活のワナ – 婚活あるある

年収1000万の美女が結婚できない?ハイスペ女子も陥る婚活のワナ

2020.12.01

こんにちは、トイアンナです。
 
結婚相談に乗っていると、時折「なんでここまでの美女が?」という女性に出くわします。
 
それも、ただの美女というだけでもなく性格もよく、一流企業に勤めて1000万円台の年収をたたき出す方もおります。
 
結婚「できる・できない」の観点で言えば、どっかのIT社長とでも結婚していそうな雰囲気。
 
それなのになぜ、彼女が結婚できないのか。
 
実はそこに誰もが抱える、結婚への誤解があるように思われるのです。
 

優れた女性が、優れた男性と惹かれ合うわけではない


 
結婚に関して、よく「高望み」とか「つり合い」という言葉を耳にしますが、実際にはそういうロジックで成婚していない夫婦も多いものです。
 
たとえば、美しい女医さんと、年収300万円の非正規で働く男性。
 
これだけを並べたら、みんな口さがなく「つり合わない」と言い出すものです。
しかし、彼女が求めるものが家事・育児スキルで、もし彼がそれを持っていたら。
さらに彼が年収にコンプレックスがなく、彼女の仕事を心から応援できるなら。
 
女性から見たら、彼は理想的な男性と言えるわけです。
 
逆に高年収のイケメンが、おとなしめな外見の女性と結婚するケースもあります。
 
ですが、もし彼がアーリーリタイアしたい男性で、それゆえに相手へ求めるものが「実家の資産」一択だったら。
そして、彼女の実家が都内の地主だったら。
 
彼からしたら、彼女は理想の女性と言えるわけです。
 

結婚は双方のメリットが噛み合えばできる


 
このように、結婚は周囲から見た「つり合い」では起きません。
それよりも「相手にメリットを感じられるカップルであること」の方が、結婚においては大事。
 
冒頭に出てきた、年収1000万円の美女は、「年収」と「美人」をメリットに感じる人には強く刺さりますが、相手へ「料理スキル」「癒し系な性格」を求める男性にはミスマッチでしょう。
 
年齢、年収、身長、顔のような分かりやすくモテる指標は、恋愛市場にあります。
 
ですが、AさんがBさんと結婚するかどうかは、市場価値のマッチングでは決まりません。
それよりも相手との結婚が自分の求めるメリットに刺さるかが大きいのです。
 
そして「いい条件を持っているのに結婚できない」と悩む男女は、自分のメリットが刺さらない相手にばかり、自分を売り込んでいる可能性があるのです。
 

なぜか結婚できないなら「自分のメリットが刺さる相手」を考えて


 
普段からモテる、彼氏が途切れたことはない、なのに婚活では苦戦中。
 
もしそんな方がいらしたら、自分と結婚するメリットをまず並べてみましょう。
 
資産、トロフィーワイフ的価値、料理、育児の分担、癒し、年収、何でもいいです。
(できれば即物的なメリットの方が「癒し」とかより分かりやすいですが……)
 
そして次に「そのメリットが刺さりそうな相手」を想像してみてください。
 
その相手は、どこにいるでしょうか。
さあ。まだ出会っていない彼へ、会いに行きましょう。
 

SNSでシェアする

トイアンナ

人生相談をこれまでに1,000件以上受けた経験から恋愛について執筆。書籍『恋愛障害 どうして「普通」に愛されないのか?』『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』など。 ▼Twitter:https://twitter.com/10anj10 ▼note;https://note.com/toianna