産後ダイエットの準備は妊娠中からはじめる!効果大のダイエット方法を徹底解説 – 婚活あるある

産後ダイエットの準備は妊娠中からはじめる!効果大のダイエット方法を徹底解説

出産を経て、重いお腹からやっと脱出できたと思ったのに、思いのほか体重が減らず焦りを感じている人も多いのではないでしょうか。
1日も早く妊娠前の体重に戻したいのであれば、やはり産後ダイエットは必須。
こちらでは先輩ママの産後ダイエット体験談を始め、おすすめの産後ダイエット方法について詳しく解説しています。

1日も早く産後ダイエットで体型を戻したい!

産後ダイエット
産後は産褥期間に無理をしないほうがいいといわれていますので、ダイエットを開始する時期はいつがよいのか気になりますよね。
まずは産後ダイエットに関するさまざまな情報をここでお伝えします!

産後ダイエットはいつから始めるのがベスト?

産後ダイエットにもいろいろな方法がありますが、産褥期間の間は過度な食事制限や激しい運動などはしないほうが懸命です。
産褥期間とは、産後の体が回復するまでの期間のことで、短くても1ヶ月、長い人で2ヶ月程度だといわれています。
この期間は体が回復するために栄養を必要としていますし、妊娠中に開いた骨盤も安定していないので、できるだけ体に負担のかかることは避けるのが無難です。
 
産後ではありませんが、妊娠中から骨盤が開きすぎるのを抑えることで産後の体型戻しによい効果が期待できます。
多くの妊婦さんが活用している「トコちゃんベルト」は、出産前から使用することで骨盤のズレを防いでくれるといわれていますので、興味のある人は活用するのもよいと思います。

くれぐれも無理をしないことが大切

産後はホルモンバランスが大きく乱れているほか、骨盤もゆるんでいるなど「痩せにくい状態」になっている人も多いです。
もちろん産後すぐにバリバリ動ける人もいると思いますが、やはりくれぐれも無理はせず、ゆっくりと節制や運動をしていきましょう。

身内に産後ダイエット体験談を聞いてみよう

周囲に出産経験者の人がいたら、どうやって産後ダイエットをしたのか経験談を聞いてみてもよいと思います。
また妊娠中や産後の体重変動については、その人の体質によるところがとても大きいので、母親や親類に経験談を聞くのもひとつの方法です。
 
例えば、産後特に何もしなくても自然と体重が落ちたという人もいれば、妊娠中に20kg以上体重が増え、産後も10kg以上何をやっても戻らないままだという人もいますよね。
女性のプロポーションは本当に個人差がありますので、身内の情報はかなり重宝するはずです。

これで痩せる!おすすめの産後ダイエット方法

産後ダイエット
実際に出産をしたママたちが実践して、効果があった産後ダイエット方法をご紹介します!

まずは歪んだ体をもとに戻すことから

産後は骨盤や骨格がかなり歪んだ状態です。
自分ではわからないという人もいれば、産前と体が違うと感じる人もいます。
ダイエット全般にいわれることですが、体のゆがみが太る原因となったり、痩せられない原因となりますので、まずは体のゆがみを取ることから始めましょう。
 
骨盤矯正ストレッチのDVDが販売されていますので、そちらを参考にストレッチをしてもいいですし、ヨガも体を整えるのによい効果が期待できます。
もちろんサロンで骨盤矯正の施術を受けてもOKですが、その際は必ず産褥期間が明けたあとにすること、またサロンの方に産後であることをきちんと伝えた上で受けてくださいね。

食事のコントロールはマスト

産後ダイエットに限らず、ダイエットには食事のコントロールがマストです。
母乳育児ではかなりの栄養を必要としますので、「何を食べても太らない時期」と思う人もいかもしれません。
もちろん太りにくいのは事実ですが、赤ちゃんに十分な栄養を与えられるように栄養バランスを考えた食事を意識してください。
 
ミルク育児の人も、妊娠中の体を回復させるために必要な栄養はしっかり摂りましょう。
ただ母乳育児の人よりも摂取する栄養量は少なくて十分なので、野菜中心で腹八分目の食事を心がけるとよいですね。

適度に体を動かしてダイエット効果とストレス解消効果を得る

産後ダイエットでは、無理なく脂肪燃焼効果が期待できる有酸素運動がおすすめです。
ウォーキングは体に負担をかけず、またお金もかけずに手軽にできる運動のひとつ。
赤ちゃんのお散歩ついでにウォーキングすれば一石二鳥です。
またヨガも体のゆがみを整えながら、無理なく筋肉をつけられるのでぜひ取り入れてみるとよいと思います。
DVDを見ながらでも、スタジオに通いながら行ってもよいですが、スタジオに通う場合はご主人に子守をしてもらえるとよいですね。

産後ダイエットを成功させるポイント

産後ダイエット
産後ダイエットを少しでも早く成功させるために抑えておきたいポイントには、どのような点が挙げられるでしょうか?

焦らず少しずつ体重減少を目指そう

産後の肥立ちが悪いと、更年期世代になってからかなり体に悪影響が出るといわれています。
少しでも早く妊娠前の体重に戻したいという気持ちはよくわかりますが、くれぐれも無理のないように取り組みましょう。
 
単品ダイエットなど過度な食事制限は避けること、またハードな運動もできるだけ避けたほうが懸命です。
睡眠の質が悪いと代謝が上がりにくいので、できるだけしっかり睡眠をとることや、バランスよく栄養を摂ることなど、規則正しい生活を心がけてください。

ながらトレーニングで体幹を鍛えよう

妊娠中は運動をしない上にお腹をかばった生活をするので、体幹の筋力が弱まっている人が多いです。
体幹がしっかりしていると太りにくい体になるといわれていますので、ぜひ積極的に鍛えたい部分です。
 
赤ちゃんの子育てをしながら体幹を鍛えるには、「ながら筋トレ」がぴったり。
お腹をぐっと引き上げるように力を入れながら、家事をしたり、赤ちゃんのお世話をする習慣をつけることで、少しずつ体幹に筋力がついてきます。
時間があるときはもちろん体幹トレーニングをしてもOKです。
そのほか、気づいたときに膣をキュッと締めるように意識することも、体幹トレーニングにつながりますので、上手に「ながらトレーニング」をしながら体幹を鍛えましょう。
 
下記のながらトレーニングは産後でも簡単にできるので、参考にしてみてください!

代謝を上げる努力をしよう

痩せるには代謝をアップすることがとっても大切。
これは産後ダイエットに限らず、ダイエット全般にいえることです。
育児中でも無理をしないで代謝を高められる方法を取り入れながら、痩せやすい体作りに励みましょう。
 
まず、水分をたくさん摂ること。
1日2L以上のミネラルウォーターを飲むように意識することで、代謝アップが期待できます。
母乳育児の人はたくさんの水分を必要としますので、もっと飲んでもよいと思います。
 
次に「体を温める」ように意識すること。
冷え性は代謝を下げますので、できるだけ体を冷やさないように意識してください。
足首が冷えると体全体が冷えやすいので、レッグウォーマーをつけるのがおすすめです。
 
そのほか、質の高い睡眠をたっぷり摂るように心がけること、ビタミンB群を積極的に摂ることなども代謝アップに役立ちますので、並行して取り組んでみてくださいね。

「継続は力なり」が産後ダイエットの王道!

産後ダイエットは体のことを考えながら進めなければならないので、急な体重減少が見込めず焦りを感じる人もいると思います。
しかし少しずつ、必要な栄養をきちんと摂りながらダイエットすることでリバウンドしにくくなるなどメリットもありますので、地道にコツコツと取り組んでみてください。

SNSでシェアする

平島 有梨(ひらしま ゆり)

美容とお風呂とお酒をこよなく愛すフリーライター&1女の母。年の功か?エステやネイルに行くたびに担当から結婚の相談を受けるようになり、いつの間にか婚活サポーターに。幸せな結婚を目指す婚活女子を多方面から応援しています。 ▼instagram:https://www.instagram.com/azulside/