ストレスを溜めない!手軽にできて有効なストレス発散方法を解説 – 婚活あるある

ストレスを溜めない!手軽にできて有効なストレス発散方法を解説

日常生活を営む上で、「ストレスが溜まってしんどい…」と感じている人は多いと思います。
多忙な現代人はストレスレスで生活することは難しいからこそ、上手に解消する術が必要です。
こちらではストレスが体に与える影響と、手軽にストレスを解消してヘルシーに生活する方法について解説しています。

ストレスが体に与える影響

ストレス発散
ストレスは百害あって一利なし。心身にさまざまな悪影響を及ぼします。

体内外に起こるさまざまな不調

まず、体がストレスを感じると血管が収縮します。
血管が収縮すると必然的に血流が悪くなりますので、その時点で体に悪影響を及ぼします。
肩こりや腰痛、冷え、顔色のくすみなど、血行不良が引き起こす不調は数え切れません。
喫煙においても、喫煙することで血管が収縮し、血流が悪くなることが百害あって一利なしといわれる理由のひとつです。
 
さらにストレスは自律神経のバランスを見出すため、これによってもさまざまな体調不良を招きます。
自立神経失調症による不調は、不眠症や食欲不振、動悸、めまい、息切れ、生理不順、イライラ、予期不安など。
ストレスを放っておくことは本当に危険なのです。

日常生活がしんどくなってしまう

また、ストレスによって体に不調をきたすと、メンタル面にも支障が出てきます。
体がしんどいから会社に行きたくない、やるべきことがやれない…そんな気持ちが強くなるうちに、自分に自信がなくなってさらなる悪循環を招いてしまうことも。
またストレスの元凶となることを避けたいと思ううちに、外に出て活動することが億劫になってしまう人もいます。

受けたストレスは上手に発散することが大切

冒頭でも触れていますが、現代人は自分の好きなように、思うままに生きることは難しく、皆なんらかのストレスを抱えているものです。
ストレスを避けられないのであれば、上手にストレスを解消することがとても重要になります。
「ストレスが解消された!」と感じられることには個人差がありますので、自分に合ったストレス解消法を見つけることも大切です。

おすすめのストレス発散方法

ストレス発散
ストレスはさまざまな方法で解消することができます。
意外と手軽な方法も多いので、ぜひ日常的に取り入れたいですね。

基本は自分が好きなことを思い切り楽しむ

ストレス解消の基本は、「楽しい時間を作る」こと。
映画が好きなら、レイトショーで何本立ての映画をみまくるのもよいですし、おやつやおいしいお茶を用意して自宅でDVD三昧も楽しいです。
なんでもいいので趣味を見つけて、その趣味を楽しむ時間を作ることは、大きなストレス解消につながります。
 
ショッピングがストレス解消、ドライブや読書が好きなど、自分が楽しいと思える時間を作ることを意識してみましょう。

体を動かすことはストレス発散に効果大

ウォーキングや軽いジョギングなど、運動が趣味という人も多いと思いますが、体を動かすことはそれ自体がストレス解消につながります。
コロナ渦で外出がままならない人はおうちヨガでもよいですし、ラジオ体操もしっかり取り組むと意外と運動量が大きいので、ぜひ習慣化してみてください。
 
運動が苦手な人は、「やらなければ」と思うことがストレスになってしまう可能性がありますので、無理をする必要はありません。
ストレッチなど、体の筋を伸ばすような運動だけでもストレス解消効果がありますので、朝晩に行ってみてはいかがでしょう。

お風呂でゆっくり汗を流すのも有効

運動にストレス解消があるのと同様に、汗をかくこともストレス解消につながるといわれています。
岩盤浴や温泉などで汗をかけたら理想的ですが、自宅でゆっくりと半身浴をしながら汗を流すのも十分にストレス解消できます。
 
湯船にゆっくりと浸かることは代謝アップにもつながり、ダイエット効果が期待できますので、こちらもぜひ習慣化したいですね。

できれば避けたいストレス発散方法

ストレス発散
ストレス解消は基本的に好きなことをするのが有効ですが、できるだけ避けたいストレス解消方法もあります。

美食やアルコールはほどほどに

避けたいストレス解消法のひとつが、アルコールや美食を楽しむこと。
たまにならとてもよいストレス解消方法なのですが、アルコールは飲みすぎると肝臓に負担をかけますし、美食もあまり頻繁だとコレステロール値や糖代謝などに影響を及ぼす可能性があります。
「やけ食い」も同じなので、食べることがストレス解消法だという人は、並行してできるだけ体を動かすように心がけましょう。

マイナスな行為でストレス発散をしない

「マイナス行為のストレス発散」とは、愚痴をこぼしたり、他人の悪口をいうなど、幸せを生まない行為でストレス発散をすることです。
お酒を飲みながら相性が合わない上司の悪ぐちをいうのは、そのときはスッキリするけれどあまりヘルシーではありませんよね。
自分が心から「気持ちいい」と思える方法でストレス発散をするのがベストです。
 
「言霊」という言葉があるように、マイナスな言葉を発しているとそれが自分にまとわりついて、さらに心身に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあります。
ストレスが溜まっているとつい何事にも後ろ向きになってしまいがちですが、意識的に前向きな言葉を発するように心がけたいですね。

心地よく過ごせるアイテムを普段から揃えておこう

ストレス発散
ストレスを溜め込み過ぎないように、日頃から「小さな幸せ」を準備しておくのもひとつの方法です。

快眠グッズを揃えておく

ストレスが溜まると寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなるなどの悪影響が起こることがあります。
早めに対処できるよう、自分に合った安眠枕を用意したり、香りが好みのピローミストを用意しておくなど、心地よい眠りを誘ってくれるアイテムを揃えてみてはいかがでしょう。
 
そのほか、快眠サプリなども手頃な価格で販売されていますので、活用してみるのもひとつの方法です。
またできるだけ就寝前にはスマホやパソコンなどから発するブルーライトを浴びないようにするのもポイント。
ぐっすり眠れれば、ストレスも朝にはすっきり抜けるはずです。

お気に入りの入浴剤や香りものを常備

香りは人の心身に大きな影響を及ぼします。
よい香りに包まれれば心からリラックスできますし、嫌な香りを嗅ぐとそれだけで気分が悪くなったりしますよね。
 
日常的によい香りに包まれていれば、自ずと心地よい生活が送れますので、お気に入りの入浴剤やボディクリームなど、香りものを用意しておくのもおすすめです。
また、たまには生花を生けるのもよいと思います。
お花は本当に気持ちを明るくしてくれますし、天然の花の香りもとても癒やされます。
1輪でもよいのでテーブルに飾っておくと、心が晴れやかになりますよ。

上手にストレス発散をして心身ともに健やかな毎日を送ろう

ストレス解消法は、たくさんのお金をかけなくても意外とたくさんあるものです。
ストレスを解消するポイントは、楽しい時間を前向きに楽しむこと。
ストレスが溜まっていると何事にも後ろ向きになってしまうので、楽しいことをしていても「どうせ効果がないし…」と思ってしまうことがあるかもしれません。
しかし気持ちを切り替えて前向きになることで、一気に心身がスッキリして「また明日から頑張ろう!」という気持ちになれます。
 
ストレスを感じて心身に支障をきたしている人は、ぜひこちらの情報を参考に早めにストレス解消法を実践してみてくださいね。
 
下記では、恋愛におけるストレスの対処法を紹介しておりますので、気になる方はぜひご覧ください!
ストレスの溜まる恋愛はやめよう!恋愛で疲れないための対処法2

SNSでシェアする

平島 有梨(ひらしま ゆり)

美容とお風呂とお酒をこよなく愛すフリーライター&1女の母。年の功か?エステやネイルに行くたびに担当から結婚の相談を受けるようになり、いつの間にか婚活サポーターに。幸せな結婚を目指す婚活女子を多方面から応援しています。 ▼instagram:https://www.instagram.com/azulside/