大人のバレンタイン/男性がもらって嬉しい義理チョコ、困る義理チョコとは? – 婚活あるある

大人のバレンタイン/男性がもらって嬉しい義理チョコ、困る義理チョコとは?

2017.01.31

本命がいる人も、いない人も、バレンタインといえばチョコ! 

先日、男友達とバレンタインの話をしていたときのことです。
筆者「やっぱり、義理チョコってもらうとうれしい?」
友人「いや、そうとも言えないな。全くうれしくない、っていうかむしろ困る場合もあるよ(苦笑)」

それ、一体どういうこと!? いくら義理とはいえ、せっかく贈るのだから喜んでもらいたいですよね。

そこで、周囲の素敵な男性たちに「もらってうれしい義理チョコ、うれしくない義理チョコ」を聞いてみました。今年の義理チョコ選びにぜひ、お役立てくださいね。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

30〜40代男性のリアルな声

「チロルチョコみたいなのはちょっと・・・。コンビニで見かけたことのないようなチョコなんかだとうれしいですね」
(32歳/メーカー)


「手作りは義理なのか本命なのか分からないので、やめてほしい。好きな子だったら、義理と分からずに意識してしまうよ〜」
(40歳/飲食店経営)


“個別に渡される場合”・・・手作りだと若干重いかな。話題のチョコや有名店のチョコは素直にうれしいね。手作りを渡すなら、同僚女性みんなで作りました的な感じだと全然あり。
“職場のみんなに同時に渡す場合”・・・個別の場合と同じく、話題のチョコや有名店のチョコも良いね。ただ、安いチョコはいらないな~(笑)。みんなで一斉に渡す場合なら、手作りのチョコもアリ。その場合、チョコに混ぜるものを人によって変えたりしたら盛り上がるかもしれないね。

(36歳・Kさん/通信系)


「手作りの義理チョコは、人によるかも。例えばお菓子作りが趣味の女の子から手作りの義理チョコをもらうのならうれしいけれど、普段お菓子作りをしないような子から手作りを渡されたら重いよね」
(40歳/製造業)


「義理チョコで手作りを渡される場合、『想い』よりも『ウケ』を狙ってほしいですね。ウケ狙いのチョコなら手作りでも重くならないと思います」
(41歳・Cさん/通信系)

男性目線で本当にうれしい、うれしくない義理チョコとは?

大人のバレンタイン2017/男性がもらって嬉しい義理チョコ、困る義理チョコとは?

意見をまとめると、男性のみなさんがもらってうれしい義理チョコは「ちょっと珍しさのある、安すぎない、市販のチョコ」ということが判明しました。

また「手作りや非常に安いチョコは、もらってもうれしくない」と感じる人が多いようです。とはいえ「手作りの義理チョコ」であっても、重くならない場合もあるようなので、一概に「手作りだからNG」とは言えない気もします。

最後に「義理チョコなら、どんなものでもうれしい」という、次の意見で締めくくることにしましょう。

「手作りであろうが、安いものであろうが、もらえればどんなものでもうれしい! 逆にどんな形であれ、本命の方が重いかな・・・」
(30歳・Tさん/運輸業)

Tさんは女性に人気のある男性なので、もしかしたら、義理よりも本命を多くいただくのかもしれません。モテるが故の悩み、ちょっと贅沢すぎます!!



Photo by shutterstock

SNSでシェアする

sweetsholic

海外を放浪しながら気ままな人生を謳歌しているフリーライター・フリーのパティシエ。世界の文化とスイーツ、地中海料理、サッカー選手クリスティアーノ・ロナウドのような褐色肌のラテン系男子が好き。