「この人かもしれない」と思う瞬間を生む、誰にでもできる簡単なこと【30代からの恋のかさねかた、愛のはぐくみかた】 – 婚活あるある

「この人かもしれない」と思う瞬間を生む、誰にでもできる簡単なこと【30代からの恋のかさねかた、愛のはぐくみかた】

2016.09.30

20代とは違う30代の恋。結婚するか否かの分岐ともなる年代であることから、未婚の30代にとって恋に迷いはつきものです。この連載では、婚活のプロフェッショナルから聞いた、恋愛・結婚についてのヒントをお伝え。恋する気持ちに寄り添い、ポジティブな気持ちで毎日を過ごすコツをお届けしていきます。


会った瞬間ビビっとくるカップルもいれば、友人として付き合っているうちに「この人かもしれない」と感じて惹かれ合うカップルもいますよね。また、付き合っているカップルが結婚を決意するにもきっかけが必要です。人は一体どんな瞬間に、”相手を今までとは違う特別な人”に感じるのでしょうか。

今回は、「この人かもしれない」と思う瞬間を生むふるまいについてのお話です。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

一目惚れから始まらない恋

多くのカップルの婚活を見守る婚活コンシェルジュ(結婚相談員)という仕事。婚活支援サービスでの紹介によるお付き合いは、当然恋から始まりません。しかしその後、結婚に至るカップルが多くいることは事実です。彼ら、彼女らは、一体どんなタイミングで相手を「この人かもしれない」と思うのでしょうか。その理由を、婚活コンシェルジュたちは知っています。

誰にでもできる簡単なこと

人により、もちろん理由はさまざまです。しかし、圧倒的にこれだけははっきりと言える、という誰にでもできる簡単なことがあるといいます。

それは、”相手についてや相手の話を覚えておく”ということ。

「自分の話を覚えていてくれた」というのは、どんな人にとっても喜びの瞬間だそう。一番原始的で、当たり前に感じるかもしれませんが、やはりうれしいものです。

”覚えている”ということは、会わなかった間もずっと、心のどこかにその記憶が消えずにあったということ。その場かぎりの点ではなく線で、相手の存在が心にあったということ。

それはやはり、無意識にでも「自分は大切に思われている」という気持ちを呼び起こすのではないでしょうか。

相手の言葉を反芻する、その積み重ねが大事

前に「欲しいな」と話していたものをプレゼントしてもいいでしょう。もちろん、そこまでサプライズさせなくとも、「そういえば前に、パクチーは苦手って言ってたよね」とか、「こないだ、今週大事なプレゼンがあるっていってたけど、大丈夫だった?」とか、会話のはしばしで相手のささいな言葉を覚えていることを伝えるのもいいでしょう。その積み重ねが大事なのです。

自分でも忘れていたようなささやかな言葉を相手が大事に覚えていてくれたとき、嬉しくない人はあまりいませんよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。相手の言葉を覚えている、というのはきちんと相手の話を聞いて、受け止めているということ。ある意味、コミュニケーションの基本です。

恋愛にしろ、結婚にしろ、長く付き合っていくには、ちゃんと向き合って話し合える二人であることが何より大切ですよね。

今回取材に答えてくれたのは・・・
吉田カンナさん(婚活支援サービス パートナーエージェントコンシェルジュ

ときには友人や家族にも言えない悩みを話されることもあるというコンシェルジュ。数多くのカップルの心に寄り添ってきた吉田さんならではのアドバイスが持ち味。

Photo by shutterstock

#30代からの恋のかさねかた愛のはぐくみかた

SNSでシェアする

kanoa

自由とときめきを愛するアラフォー編集ライター。夫も子どももいる身ながら、今日も道行く人にこっそりときめきます。心置きなく恋愛できるみなさまには、もっともっと恋愛を楽しんでもらいたい!そんな想いで書いています。