一人の年末年始が寂しい時代は終わった!一人だからできる過ごし方 – 婚活あるある

一人の年末年始が寂しい時代は終わった!一人だからできる過ごし方

2019.12.23

みんなが家族や恋人と過ごす年末年始の予定に心を躍らせるなか、自分は恋人もいないし、実家に帰る気も起きない……あれ、もしかして私ってすごく寂しいお一人様…!?と感じているあなたへ向けて、一人だからこその年末年始の楽しみ方を教えます!


一人ぼっちの年末年始は寂しいなんて誰が決めた?

赤い服をきて両手をあげる女性の写真
一人ぼっちで年末年始を過ごすのは孤独、または寂しいと考えているあなた。
日本では「一人=寂しい」という考えが変わりつつあるのを知っていますか?

 

近年の日本では「おひとりさま」なるジャンルが確立され、食事や映画・カラオケ・旅行などの趣味や娯楽の分野において、一人でも快適に過ごせるようなサービスを打ち出しています。

 

 

しかし、いまだに年末年始は実家に帰って家族と過ごしたり、普段会えない地元の友人や恋人とゆっくり過ごしたり…。
「年末年始は誰かといる前提」が根強く残っているのが問題なのです。

 

 

一人が嫌だからと無理をするのは苦行と同じ

 

もしも「一人が嫌だから」という理由で、年末年始に実家に帰ってみたとしましょう。
両親や親せきに恋人の有無や結婚の予定を聞かれたり、リア充な地元の友人の幸せな会話についていけなかったりと、自らモヤモヤを増やしにいく「苦行」でしかありません。
もちろん両親に親孝行をしたい、甥っ子や姪っ子に会いたい、久しぶりに地元の仲間に会いたいなどの楽しい理由があれば話は別です。

 

 

ゴールデンウィークやお盆と同様に、年末年始は一年間で数度しかない貴重な長期休暇。
貴重な長期休暇を満足に楽しみたいと考えたとき、無理して誰かといる必要はないはずでしょう。

 

 

年末年始だからこそ一人を楽しむという考え方

年末年始を一人で楽しむ女性イメージ
筆者は幼い頃から一人でいるのが大好きな子供でした。
また他人と関わり合いになるのが苦手で「できることなら他人に迷惑をかけたくない」という考えで過ごしてきました。

 

 

しかし、日々を過ごす中で長い時間一人になる状態は殆どありません。
電車通勤をしている人の多くは他人でごった返す駅に行き、通勤ラッシュの満員電車に揺られることでしょう。
会社に行けば同僚に上司や部下、取引先やトイレのおばさんなど、毎日多くの人の目や気持ちを気にかけながら生活しています。

 

 

完全に一人になる空間は自分の部屋だけですし、お休みがなければ一人で自由に過ごすことも叶いません。
だからこそ貴重な年末年始のお休みは、自由に一人で過ごす贅沢な時間を味わいたいと思うのです。

 

 

こう考えてみれば、年末年始を一人で過ごすことも悪くはないと思えてきませんか?
恋人がいなくても家族と過ごさなくても、一人だって年末年始は楽しく過ごせるのです。


一人の年末年始を最高に楽しむ過ごし方

普段から一人でいることに慣れていないと、年末年始に何をするかで頭を悩ませてしまい、一人で過ごすことに挫折してしまうかもしれません。
年末年始だからと「何かをしなければ」という考えに囚われてしまうのは、貴重な一人の自由を台無しにする行為です。

 

 

そこでここでは、年末年始に一人で楽しく過ごすとっておきの方法を紹介します。
「ただ一人で過ごすだけではもったいない」と考えているのなら、以下のように年末年始を過ごしてみてはいかがですか?

 

 

思い切って一人旅に行く

一人旅を楽しむ女性イメージ
年末年始は思い切って一人旅に出かけてみるのもおすすめです。
連休が続く長期休暇は貴重な機ですし、好きな場所に一人でプラ~ッと出かけてみれば、思いがけない出会いがあるかもしれません。

 

 

一人旅の場所は国内でも国外でも良いですし、気になっていた近所の観光スポットに出かけるのも立派な旅行です。
何と言っても一人旅の特権は、自由に行動できる点にあります。
友人や恋人との旅行では気を遣って避けた場所に行けますし、温泉だって一日に何回も入り放題です!

 

また疲れたらすぐ宿やホテルに帰っても良いですし、宿代を浮かせたければキャンプをしたり満喫で過ごしたりしても誰も文句は言いません。
気持ちの赴くままに自分の行きたい場所へ出かける一人旅は、自分自身と向き合う時間を作る良い機会です。


HuluやNetflix、Amazonプライムビデオに没頭する

テレビ画面
一人で年末年始を過ごしたいけれど、誰にも会いたくない。
けれどやることがない…というのであれば、ドラマや映画に没頭して時間を過ごしましょう!

 

 

映画館やレンタルショップにも行かず、一人で好きなだけ映画を見られる「VOD(ビデオ・オン・デマンド)」は、年末年始の強い味方。
Hulu・Netflix・Amazonプライムビデオなど、近年多くの企業がVODサービスを行っています。
各サービスの大きな特徴は、以下の通りです。

・Hulu:放送中のテレビドラマを配信、追加料金がかからない
・Netflix:オリジナル作品が多い、画質で料金が選べる
・Amazonプライムビデオ:過去作品が多い、別サービスも利用可能

 

 

VODサービスごとに配信作品は異なるので、上記の特徴と共に見たい作品または好きな作品の有無を確認した上での契約がおすすめ。
すぐに決められないという方は、無料体験サービスを利用して使い心地を確かめてみましょう。

 

 

気になっていたけど話数が多すぎて見そびれていたドラマやアニメ、シリーズものの映画作品など、年末年始の時間を使えば一気に楽しめます!
また年末年始は作品に没頭するために、早めに年末年始分の食糧を確保しておきましょう。

 

 

豪勢な正月料理やスイーツを取り寄せる


年末年始のお祝いムードを存分に楽しみたいなら、豪華なおせち料理やスイーツを取り寄せてみるのもおすすめ。
ネットを使って全国各地の特産品や郷土品グルメ、食べてみたかった食材を取り寄せて、豪勢なお正月パーティーを開催しましょう。

 

 

見た目も華やかな正月料理は写真映えもしますし、普段味わえないような高級食材が食べられる貴重な機会。
一人ですから誰にも取られることなく、自分のペースで好きなだけ料理を味わえます。

 

 

普段からグルメに興味がないという方は趣向を凝らして、好きな食材を産地ごとに取り寄せて食べ比べするなんて方法もOK。
自由に自分の好きなものを好きなだけ、年末年始らしくグルメの大盤振る舞いを一人で楽しんでみましょう。

 

 

昼からお酒を飲みまくる

普段なら世間体を気にしてできないことも、一人で年末年始を過ごす間にやってしまいましょう。
お酒が好きな方なら一度はやってみたい「お昼からお酒」の夢は、おめでたムードで湧く年末年始にすべきです!

 

 

酔っぱらっても家ですし、何と言っても一人ですから誰にも迷惑をかけません。
夜までお酒を飲んでそのままベッドで寝てしまっても、次の日もお休みですからお昼まで寝ても大丈夫です。

 

 

普段は飲まないお酒に手を出してみたり、少し贅沢に高級なお酒を買ってみたり…。
お酒を楽しむ方法はいくらでもあります。
またお酒のおつまみにVODを観たり、少し変わったお取り寄せグルメを食べたりと、合わせ技で年末年始を過ごすのもアリですね。


年末年始こそ一人の時間を有意義に過ごそう

仕事や人間関係に没頭している日常を抜け出して、年末年始は一人の時間を大いに楽しみましょう。
一人だから寂しいではなく「一人だからこそ楽しい」と思える、年末年始の過ごし方を送ってください。

 

 

年末年始にあえて他人と距離を置くことで、改めて人の優しさや気持ちを理解できるきっかけになるかもしれません。
一人の自由な年末年始に気分をリフレッシュすれば、新たな1年を過ごす活力が湧いてくることでしょう。

SNSでシェアする

めあり

アパレルショップ店長を退き、現在はWEBライターとして女性向け中心の記事を書いています。婚活中のアラサーインドア。