汗対策を怠った男性に、2回目のデートはやってこない理由

夏は汗をかくのは避けられない季節ですよね。
今回は、男性の汗対策の重要性について解説していきます。

汗対策は何のためにするのか?汗対策=エチケット

汗対策は、「汗を抑えるため」「匂いを抑えるため」に行います。
汗対策を行わないことで、汗の匂いやルックスで他人に不快感を与える可能性があります。
ルックスを清潔に保ち、不快な匂いを撒き散らさないためのエチケットなのです。

女性は、不潔な男性を嫌います。(口には出さなくても、不潔な人には敏感に反応しています!)
そのため、汗対策を行なっておらず、周囲に迷惑をかけているような男性とは、
一度はデートしても二度目はない、と考えてしまうのです。(なんなら途中で切り上げられてしまうことも…。)

汗だくの人を見て不快に感じる人や、汗の匂いが気になるという人は少なくありませんから、
女性とのデートのときだけではなく、商談や友達との集いの際にも、汗対策は必要なのです。

男性の汗対策。必要なことは?

次に、具体的な汗対策についてみていきましょう。

男性の汗対策1:ハンカチ

汗が臭わず、あまり汗をかかないという人は、タオルハンカチを持参するだけでよいでしょう。
炎天下に汗をかいたら、ハンカチでぬぐいましょう。

男性の汗対策2:制汗剤

汗っかき、または汗に匂いがあるという人は、制汗剤を利用しましょう。
制汗剤には主に4種類あります。スプレータイプ・ロールオンタイプ・スティックタイプ・クリームタイプの4種類です。

スプレータイプは、噴射したときに冷んやりとした感覚があるため、すっきりしたいときにも便利です。
ロールオンタイプは、塗る部分がボールのようになっていてコロコロ転がして使います。脇汗防止に便利です。
スティックタイプは、ロールオンタイプよりも制汗力があるので汗っかきの方に適しています。
クリームタイプは、他の3つのタイプよりも塗る手間がかかりますが、制汗力は最強です。

自分の好みになったものを選びましょう。

男性の汗対策3:着替え

スポーツをするなど、事前に汗をかくことが予測される場合には、
シャツや下着、靴下などの着替えを用意しておきましょう。


今回は、男性の汗対策について解説してきました。
「男が汗のことを気にするなんてなんだか女々しく感じる」と思った男性は、要注意!
例えば客先から社内に戻った営業君が、汗ふきシートでサッと汗を拭く姿は、とても好印象。
エチケットがきちんとできている男性は、「周囲の人に気が使える大人」としての魅力がアップします。

汗対策をしていて、損をすることはないと言えるでしょう!

今来今

編集者を経て現在フリーライター。 複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

新着記事