恋愛にも賞味期限があると感じてしまった瞬間。【恋愛あるある】 – 婚活あるある

恋愛にも賞味期限があると感じてしまった瞬間。【恋愛あるある】

2021.06.30

「このまま結婚せずにずっと恋愛していたい」

結婚に関する大変な話を聞くと、そう感じてしまうことがありますよね。

とはいっても、恋愛は恋愛はできるものなのでしょうか。生涯恋愛したい気持ちがあっても、年齢でやはり恋愛の機会は減っていくものなのでしょうか。

そこで今回の記事では、恋愛の賞味期限について詳しく見ていきましょう。恋愛にも年齢が関係あるのだと実感した「あるある」についてもご紹介します。

恋愛にも賞味期限がある?

恋愛市場にいると、年齢によって対応を変えられていると感じることもあるでしょう。

周りにそういった行動を取れらると、ハッと「恋愛にも賞味期限があるのかも……」と感じてしまいますよね。

とはいえ、恋愛が何歳までできるのかについては、「一人の相手へのドキドキが3年で切れる説」のように脳科学などで説明されているわけではないので、個人差があるのが事実です。

恋愛にも年齢が関わると感じた瞬間あるある

では、どんなときに「恋愛をするにも年齢の賞味期限があるのだな」と感じるのでしょうか。あるあるなシチュエーションを見ていきましょう。

マッチングアプリのマッチ率が下がったとき

恋愛する機会を得るためにマッチングアプリを利用している方は増えてきています。

最近では、マッチングアプリから結婚に至ったケースも増加しているくらい、主流な出会い方になっていますよね。

ただし、サービスに接続できるスマートデバイスさえ持っていれば利用できる気軽さがある反面、画面上に出てくるデータのみで相手のことを判断するしかないというデメリットもあるのが事実。

ということは、顔写真はもちろんのこと、居住地や年齢なども重視されるということです。というか、会って判断できないので、それを基準に絞り込むしかないともいえます。

そこで年齢を理由にマッチされなければ、会う機会さえも得られないことになります。

そういった条件面で出会いの機会を奪われる経験をしたとき、「恋愛にも年齢制限があるのだ」と感じがちになるでしょう。

年齢を言ったら残念そうな顔をされたとき

年齢はただの数字だと考えている人がいる一方で、年齢をかなり重視している人も一定数います。そのため、いくら若々しく見えても恋愛相手を年齢を基準に考えられてしまうことがあります。

年齢を重ねるにつれ、年齢を知った瞬間に残念な顔をされるシチュエーションも増えていくでしょう。

自分の恋愛意欲が下がったと感じるとき

そもそも、昔に比べて自分の恋愛意欲が下がったと感じたときも、恋愛の年齢的な賞味期限を感じるあるあるといえます。

恋愛に年齢は関係ないとは思いつつも、今から恋愛をするのは面倒だと感じてしまう人が多くいるのです。

とはいえ「相手の好み」次第!

恋愛意欲が下がる人はいるものの、中には、特に元々恋愛体質の方は、まだまだ素敵な出会いを求めていきたいと思っているはず。

そんなときに、年齢のせいで恋愛の幅を狭められては悲しいですよね。

このように、恋愛に年齢制限があると感じることはあるものの、とはいえ相手の好み次第なところがあることも事実。そのため、年齢を気にせず恋愛をしている相手が自分の好みとマッチするかが大切です。

親の年齢まで大丈夫という人も

中には、親の年齢以下であれば恋愛対象として見られるという人もいます。年齢差を気にせずに恋愛している人は多くいるので、そういった人に出会い恋愛をすることで、年齢の賞味期限を考えずに済むでしょう。

「綺麗であればいくつでもOK」という人も

親の年齢まで恋愛対象という人の他に、見た目を重視している人もいます。綺麗であれば、見た目に魅力を感じれば年齢は関係ないと考えているということです。

そのため、自分磨きをして自分の価値を高めておくことで、そういった考えの人と恋愛する機会を得られることでしょう。

同年代・年上と恋愛するという選択肢も

年齢を重ねた男性が、必ずしも若い女性ばかりに魅力を感じているわけではありません。つまり、結婚などを経て絶対数は減っているものの、同年代や年上の男性と恋愛する機会が失われてしまうわけではないということ。

よって、年下の男性を狙うのではなく、同年代や自分よりも年上と恋愛するという選択肢も検討するといいでしょう。

恋愛の賞味期限に関係なく「魅力的な女性」でい続けるためには

恋愛の年齢的な賞味期限に関係なく、魅力的な女性でい続ければ恋愛の機会は十分に得られるでしょう。魅力的な女性でい続けるための方法を知り、取り入れていくことをおすすめします。

綺麗になる努力をする

綺麗でキラキラとしている女性は、同性から見ても魅力的ですよね。

さらに、綺麗になることで自分に自信を持てるのでより表情が明るくなり、パッと見ただけで魅力を感じられる女性だと印象づけられるのです。

自己肯定感が高まると、それが表情や行動に現れるので、積極的に恋愛とも向き合っていけるでしょう。

年齢を理由に綺麗になる努力をサボってしまうのはNG。いつまで経っても若々しくキラキラしたオーラを纏うためにも、美意識を高く持つことをおすすめします。

心身を整える投資をする

心に余裕がある女性は魅力的。反対に、いつも心に余裕がなく生き急いでいる女性は素敵ではありませんよね。そのため、心身ともに整った状態を保てる努力をすることが大切です。

ファッションやメイクで綺麗に整えることも重要ですが、マッサージや美容などといった癒しを得られるサービスにも投資をしていくことで、より心身ともに余裕ができ、魅力的な女性になれるでしょう。

内面も磨く

外見を磨き続けることで、パッと見て魅力的な女性だという印象を与えられます。

しかし、どれだけ見た目を磨いても中身が伴っていなければ本当の魅力ある女性とはいえません。「話してみると全然中身のない人だった」と思われるのは嫌ですよね。

自分磨きの一環として、中身を磨くことにも着手しましょう。教養をつけるのはもちろん、何か興味のあることを勉強してみるといいかもしれません。

知識がつくことで話していて楽しいと感じてもらえる女性になれるはずです。

自分ひとりの時間を充実させる

恋愛に依存してしまうのは魅力的な女性とはいえません。自立したうえで恋愛を楽しめるのが素敵です。

読書や映画鑑賞といった手軽にできるものからで十分なので、自分ひとりの時間も充実させることをおすすめします。

「何かのせい」にするのをやめる

自分に起きた事柄をいつも誰かや何かのせいにしている女性は魅力的ではありません。素敵な恋愛ができないことを環境や誰かのせいにしていませんか?

男性からすると、

「そんな女性と付き合ったら、いざぶつかったときに建設的な話し合いができないのではないか」
「何か起こったときには何かと自分のせいにされるのではないか」

と思ってしまうことに。他責思考はやめ、自分の人生や今起こっていることには自分で責任を持つようにしましょう。

年齢の賞味期限に関わらず素敵な恋愛を目指そう

魅力的な女性の元には魅力的な男性が集まるもの。

とはいえ、年齢のせいで出会いの機会を失うシチュエーションが出てくるのも事実です。

しかし、年齢を理由に諦めてしまうのではなく、どうにか機会を掴めるように行動を起こしてこそ恋愛のチャンスを手にできるでしょう。

年齢の賞味期限を感じ、諦めかけてしまっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

SNSでシェアする