【運命の相手に出会う】幸せな結婚をしたい、あなたが思い出すべきこと – 婚活あるある

【運命の相手に出会う】幸せな結婚をしたい、あなたが思い出すべきこと

2016.05.18

幸せな結婚がしたいあなたへ。

運命の相手と出会い、幸せに添い遂げる。それがまるでおとぎ話のように聞こえてしまうのは、きっと具体的な相手や生活がイメージできないからではないでしょうか。

理想の相手に巡り会えない。
今の恋人と結婚しても幸せになれるかどうか自信がない。
そもそも、どんな人とどこで出会えばいいのかわからない。

現実は、そんな悩みでいっぱい。その悩みをこじらせてしまう前に、思い出してみてほしいことがあります。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

理想の相手=運命の相手?

【運命の相手に出会う】幸せな結婚をしたい、あなたが思い出すべきこと

理想の相手、と聞いて思い浮かぶこと。その多くは「条件」なのではないでしょうか。優しい人、かっこいい人、同じ趣味を持つ人、年上の人、社員としてきちんと稼いでいる人・・・。

でも、条件だけで選んで幸せになった、という話は筆者の知る限り聞いたことがないし、条件がそろっていても「何か違う」と言う人たちを数限りなく見てきました。

「何か違う」って、何が?

それはつまり、この人は運命の相手ではない、とあなたの直感が告げているわけです。運命の相手を見つける鍵は、条件ではないのです。

【運命の相手に出会う】幸せな結婚をしたい、あなたが思い出すべきこと

「何か違う」と直感が告げたように、「この人だ!」と稲妻が走るのも「何だかよくわからないけどこの人かも」と腑に落ちるのも、やはり直感とイメージのなせる技なのではないでしょうか。

子どもの頃の幸せな記憶を

突然ですが、あなたの子どもの頃の幸せな記憶を思い出してみてください。できれば、家族のいる風景がいいです。

【運命の相手に出会う】幸せな結婚をしたい、あなたが思い出すべきこと

【運命の相手に出会う】幸せな結婚をしたい、あなたが思い出すべきこと

その風景の空気感。

【運命の相手に出会う】幸せな結婚をしたい、あなたが思い出すべきこと

【運命の相手に出会う】幸せな結婚をしたい、あなたが思い出すべきこと

そのときの幸せの感触。

【運命の相手に出会う】幸せな結婚をしたい、あなたが思い出すべきこと

【運命の相手に出会う】幸せな結婚をしたい、あなたが思い出すべきこと

そのとき感じた安心感。そんなものを思い出してみてください。

さて、あなたの現在の恋人は、その風景にしっくりとなじむでしょうか?
恋人がいないあなたの場合、周りにその風景に似合いそうな人はいませんか?

子どもの頃の幸せな記憶は、あなたがしっかりとイメージできる幸せのわかりやすい形です。将来家庭を持つならこんな空気感の家庭にしたい、そんな願望を表しているともいえます。

その風景に寄り添える相手。それがあなたの運命の相手です。

【運命の相手に出会う】幸せな結婚をしたい、あなたが思い出すべきこと

イメージは力です。イメージできないものはつくれないし、イメージできるものは現実を引き寄せます。

思ってもいなかったあの人が、あなたの運命の相手かもしれません。

[All Photos by shutterstock.com]

#運命の相手に出会う

SNSでシェアする

kanoa

自由とときめきを愛するアラフォー編集ライター。夫も子どももいる身ながら、今日も道行く人にこっそりときめきます。心置きなく恋愛できるみなさまには、もっともっと恋愛を楽しんでもらいたい!そんな想いで書いています。