恋愛上手が嗜む大人のマナー5つ

恋愛になるとどうしても大人気ない行動をしてしまう…という方はいませんか?
でも、恋愛上手な人でも、恋愛下手な時期はあったものです。諦めずに、今から恋愛上手を目指して学んでいきましょう!
今回は、恋愛上手が嗜む大人のマナーを5つご紹介します。

恋愛上手はこんなときこうしている!大人のマナー5つ

1. 恋愛にもマナーがあると心得ている

恋愛というと、仕事やスポーツ、習い事などと比べて「自由」でルールやマナーなどはないイメージがありますが、実はちゃんと守るべきルールやマナーがあるのです。
恋愛上手はこの恋愛マナーそのものをきちんと心得ているということです。マナーと言っても、相手に自分の価値観を押し付けすぎない、相手の気持ちを配慮するなど、人と接するときには必ずといっていいほど意識する基本的なコミュニケーションが多いです。
これらのマナーを守るよう心掛けて、気持ちの良い恋愛をしようと思っているのです。

2. 話す内容とタイミングを見極める

「親しき仲にも礼儀あり」という言葉もある通り、恋愛上手はいつもお相手に対して、「この話は、相手にとって、今のタイミングで話すのはふさわしいだろうか?」を常に考えています。
くだらない話、どうでもいい話はお相手の時間を奪うことにしかなりません。お相手が喜ぶことや、必要なことを話すという当たり前のことを恋愛でも実践しましょう。

3. LINEで長文を送り付けない

恋愛中、よくやってしまいがちなのが、LINEなどのメッセンジャーでまるで日記のような文章をつらつらと書いて送ったり、自分の世界に入り込んだメッセージを長文で送ったりすること。
確かにお相手には伝えたいことがたくさんあるものですが、お相手が読むのに疲れてしまうのなら本望ではありませんよね。お相手が長文好きなら別ですが、基本的にお相手の負担にならないような文量・内容にしましょう。

4. 飲み会などは極力参加しない・参加しても早々に引き上げる

パートナーがいる場合、できるだけ飲み会は参加しないのが恋愛上手。
仕事上必要であれば参加はするものの、問題ないタイミング、もしくは一次会だけで引き上げるなどして、節度ある行動をとっているものです。
そうした細かい配慮が、恋愛が長続きする秘訣です。

5. お相手が遅刻しても何時間でも待っていられる

真の恋愛上手は、もしデートの時間にお相手が何時間遅刻してもイライラせず、何時間でも待っていられます。
もちろん、やむを得ない理由が分かった上でのことですが、お相手を許し、他のことをしながら自分はその時間を有効活用するなどして臨機応変に対応できるのが恋愛上手。
何事もお互い様であることを知っているので、迷惑をかけられたとは思わないのです。


恋愛上手な大人のマナーは、一日で身に着けられるものではないかもしれません。
でも、慣れてしまえば、もうあなたは恋愛上手!早速、今日から実践してみてくださいね。

YUKINA

常にアンテナを張り巡らせ、ピンと来た場所へならどこへでも出かけていく好奇心旺盛なライター。思わず誰かに話したくなる記事を書くのがモットー。