「俺って彼氏候補?」と期待してしまう思わせぶりな言動8つ

特に好きでもない人から、急に告白されたこと、ありませんか?
もしかしたら、「俺のこと好きなのかも?」と勘違いさせてしまったのかもしれません。
よくありがちな、思わせぶりな言動8つをチェックしてみましょう。

1. 名前を何度も呼ぶ

「ねぇねぇ」という呼びかけから、名字で○○さんと呼ぶようになり、さらに名前で○○くんと呼ぶと、男性はどんどん意識しているはず。しかも、何度も呼ばれたら、意識しない男性はいないのでは?
名前を呼ぶときは、あまり頻繁になりすぎない方がいいでしょう。何度も呼ぶほど、相手はあなたに親しみを感じるので、本命の人のみにしたいもの。

2. 恋愛に関する質問をする

「好きなタイプはどんな子?」「彼女いるの?」などの質問をしたことありませんか?
女性は挨拶がわりに軽く質問することがあるのかもしれませんが、男性は「彼氏候補ってこと?」と思う人が多いでしょう。
同性と恋バナするときと同じ感覚で質問すると、期待させる可能性あり。恋愛に関する質問は、むやみにしない方が良さそうです。

3. 目が合うとほほえむ

男性は、目が合うだけでドキっとしてしまうもの。さらに微笑まれると、「自分のこと、もしかして好きなのかな」と気になるのです。
社交辞令でつい目が合ったときほほえんでしまう人は、要注意。思いっきり目をそらす必要もありませんが、会釈くらいにとどめておき、誤解されることがないようにしたいですね。

4. 隣りに座ってボディータッチ

date, people, payment and financial independence concept - happy couple with cash money in wallets and wine glasses paying bill at restaurant

date, people, payment and financial independence concept – happy couple with cash money in wallets and wine glasses paying bill at restaurant


隣りに座る女子のことが気になるのは、自然なこと。腕や足が触れてしまうこともあり、男性は内心ドキドキしているのです。
何気なくボディータッチされたら、もっとドキドキして、あなたのことを異性として意識するはず。ほかの人にもこんなことしてるのかな、と思われることも。

5. たわいもないLINEのやりとり

LINEは、今や気軽にできるコミュニケーションとして欠かせません。
でも、「おはよう」「おやすみ」「今何してた?」といった類いのやりとりは、誤解を与えてしまいやすいかも。さらに、♡マークを語尾に付けたら、気があるのかなと思われやすいでしょう。
仲のいい男友達と思っていても、相手は意識しているかもしれません。LINEをやりとりしすぎると、勘違いされるので気を付けて。

6. 熱心に話を聞く

自分の話に熱心に耳を傾けることや、ほめてもらえると、男性は嬉しくなります。
もちろん聞き上手であることは、素敵なこと。ただ、それを「好意」と誤解する男性もいるかもしれないので、気をつけてくださいね。

7. 2人で遊びにいこうと誘う

女友達と同じ感覚で、異性を誘って2人でお出かけしようと誘っていませんか?
誘った時点で、男性は「デート?」と思ってしまいます。誤解を生まないようにするには、本命の人以外には、2人で遊びに行こうと誘わないこと。
「ホテルのバーで飲もう」なんていったら、お泊りOKなんだと思う男性が多いはず。軽い女性だと思われるかもしれませんので、要注意ですよ!

8. 2人だけの秘密をつくる

「他の人に内緒にしてくださいね」って言われると、男性はまんざらでもありません。特別な存在なのかもと、ドキドキ。
男性は、「○○さんだけ」っていうシチュエーションに弱いので、異性としてみていない男性とは、あまり2人だけの秘密をつくらないようにしましょう。大した内容でないことでも、この一言で一気に親密度が増してしまうのです。


いかがでしたか?無意識にやっているかも?という人は、気をつけてくださいね。思わせぶりな言動で気まずいことになるのは、避けたいもの。
男性はちょっとしたことでも「俺のことが好きなのかな?」と思ってしまうこともあるので、誤解されることがないようにしましょう。

マメコ

アラフォー女子。自由奔放且つ好奇心旺盛なフリーライター。最近は、着物を着てのお出かけにハマっています。