まさかの婚約取り消し!?ウェディングフェアに行く際、気を付ける点

結婚をする約束、いわゆる婚約をしている2人が訪れることになるウェディングフェア。周りには幸せなカップルや夫婦がいっぱいで会場で過ごすだけで幸せな気分になれますよね。でも、せっかく婚約をしていても、ウェディングフェアに行ったことをきっかけに「婚約取り消し」になってしまうことも。婚約取り消しにならないために、ウェディングフェアに行く際気を付ける点をご紹介します。

行く前に2人で話し合いをする

婚約をした2人が「とりあえず、ウェディングフェアに行ってみよう」と考えることは、少なくないでしょう。気軽に行けるイベントではありますが、まだ結婚式について話し合いをしていない場合は要注意です。ウェディングフェアに行ってからお互いの希望がバラバラで、フェアを楽しむどころではなかった…なんてことになりかねません。会場で2人の間に溝ができてしまい、気まずい雰囲気になってしまうことも。事前にしっかりと話し合いをしてそれぞれの希望を確認しておきましょう。

・どんな雰囲気の結婚式を希望するか

結婚式にも、様々な形があります。親族だけを呼ぶ家族婚もあれば、大きな会場を貸し切ってお世話になった人をたくさん呼ぶ豪華な結婚式もあります。また、チャペルにするのか神社にするのかといった形式的な違いもありますよね。ウェディングフェアでは、会場ごとにブースが設けられていることが多いため、事前にどんな雰囲気の結婚式が希望なのかを決めておかないと相談がしにくくなってしまうでしょう。

・どれぐらいお金をかけるか

結婚式には、多額の費用がかかります。ご祝儀である程度回収ができるとはいえ、あれもこれもと考えているうちに自分たちで払わなくてはいけない費用がかさんでしまいます。男性側はあまりお金を使わずに挙げたいと思っていても、女性側は一生に一度だから豪華な結婚式にしたい、と思っているかもしれません。また、親による援助はあるかどうかも事前に確認しておくと安心です。ウェディングフェアでは費用面について質問されることもあるため、2人の間でお互いの気持ちを共有しておきましょう。また、予算が決まるとその予算内でできることが明確になるため、式場への相談もしやすくなります。

ウキウキしすぎて突っ走らないこと

pixta_24627709_S
特に女性側に多いのですが、「一生に一度の結婚式、どんな式にしようかな…」とウキウキしてしまって、フェア当日に彼を振り回してしまいがちです。もちろん彼も全く関心がなくて面倒くさそう、となるとその態度も問題ですが、あまりに盛り上がりすぎて彼に対する思いやりを忘れないようにしましょう。あくまで2人で決めることを前提として、自分の希望だけで突っ走らないようにしてくださいね。

まとめ

いかがでしょうか?ウェディングフェアでまさかの婚約取り消し、なんてことが起こらないようにしたいですよね。お互いのことを思い合うことは、婚約中だけでなく結婚してからも大切です。ウェディングフェアをきっかけに、結婚に向けて足並みをそろえて一歩踏み出せるような有意義な時間にしましょう。

夜の兎

食と恋愛のことになると、つい周りが見えなくなりがち。 30歳を過ぎても、様々なことをどん欲に吸収しているフリーライター。 モットーは「振り回されても、流されない。」

新着記事