男性必見!成功の秘訣は「婚活写真」にアリ!

婚活といえば、「お見合い」だけでなく、近年では「結婚相談所」「アプリ」などが主流となってきています。その全てに共通するのは「婚活写真」です。多くの異性が相手と対面する前に、仲人やアドバイザーなどから見せられる「婚活写真」の第一印象で相手を判断します。「どんな顔か分かればいいんじゃないの?」と考えているあなたは要注意!婚活が成功するかどうかは「婚活写真」が左右するといっても過言ではありません。

1.婚活写真の第一印象が悪いとそもそも会ってもらえないことも

「写真じゃなくて、自分自身を見て判断してほしい」……そのように考える男性も多いかもしれません。しかし、複数の紹介された異性の中から、わざわざ時間を割いてまでどの異性に会うかどうかの判断は、あなたのスペックはもちろん、多くの場合は「婚活写真」の第一印象で決まります。もちろん、婚活アプリなどでも同様です。多くの女性は、「好みの顔かどうか」だけでなく、「清潔感はあるか」「誠実そうか」「信用できそうか」など、さまざまな情報を「婚活写真」から読み取ろうとします。もちろん、「婚活写真」だけですべてを正確に判断することはできません。しかし、「この人なんかやる気なさそう!」と思えば、それだけで「会う価値なし」と判断されてしまいます。

2.どんな「婚活写真」なら会ってもらえるか

pixta_15044808_S
それでは、どのような写りの「婚活写真」が理想的なのでしょうか。まずは清潔感とさわやかさです。顔色が良く見える白か薄いブルーのシャツなどで、髪の毛も清潔感のある髪型にしましょう。できるだけ笑顔、かつ堂々とした表情で写っているものを選ぶのが理想です。
これらの条件を満たしていれば、プライベートで撮影した写真でも構いませんが、他の人も写っているとまぎらわしいですし、光の加減などが最高の状態ではないこともあります。できれば写真館などで「婚活写真」としてカメラマンに撮影してもらうのが望ましいでしょう。

3.そのうえで良い「ギャップ」を見せるのはあり!

とはいえ、「外見だけで判断されるのは納得がいかない」と感じる方も多いかもしれません。第一関門を突破した後は、良い意味で「あなたらしいギャップ」を見せ、相手に好意を持ってもらうことを目指しましょう。
たとえば、「イケメンだからチャラいかと思っていたけど会ってみたら誠実な人だった」とか、「筋肉質でスポーツマンタイプかと思ったら、会って話してみたら知的な印象だった」など、外見とのギャップで魅了しましょう。

まとめ

「婚活写真」は理想の異性と出会うために欠かせないツールです。まずは会って話をして自分の魅力に気づいてもらうためにも、「成功させる婚活写真」を撮影しておくようにしましょう!

松本果歩

30代フリーランスのライターです。 得意のジャンルは恋愛、結婚、離婚、不倫。 男を見る目と惚れさせテクには自信があります。

新着記事