男性からのLINE。脈ナシなメッセージ3つ

気になる男性とのやり取りでLINEを使うシーンは多いはず。しかし、既読スルーが連続で続いている場合やスタンプだけの返信であれば脈ナシ……と分かるものの、単純な文章だけからはなかなか「脈アリか?ナシか?」とはわからないこともありますよね。そこで今回は「実は脈ナシ」なメッセージを3つご紹介すると共に、その理由について解説していきます。

1.メッセージを送れば返信は来る、でも自分のことは話さない

あなたからメッセージを送れば、スルーせずに返信は送ってくれる場合、「脈アリなんじゃない?」と嬉しくなりますよね。しかし、「既読スルーは申し訳ないからできない、でも恋愛対象ではない。」という男性は意外と多いです。あなたが日々あったことや自分のことを書いて送っているのに、「そうなんだ~」「意外だね~」なんて返事は来るのに自分のことはこちらから聞かないとほとんど教えてくれない場合、もしかしたら「脈ナシ」かもしれません。あなたのことが好きなら「自分のことも知ってほしい」と何かしら自分のことも教えてくれるはずだからです。

2.お誘いメールを送っても一向に具体的な話にならない

勇気を出して「今度ご飯行きませんか?」と誘ってみたり、あるいは直球で「○日空いていますか?」なんて聞いたりしているにも関わらず、「仕事が忙しくて……」「ちょっとまだ予定が分からないから確認して連絡するよ」と一向に良いかどうかも、代替案も送られてこない場合、もしかすると「脈ナシ」かもしれません。会いたいなら都合が悪くても代替案を示してくれたり、できるだけ調整してでも日程を決めようとするはずです。はっきりと「君とは会いたくないよ」とはなかなか言えないもの。嫌われないように、だけど会うのは面倒だという優柔不断な男性は意外と多いので要注意!

3.文体やスタンプの頻度などの「ノリ」が合わない

最後に少し見極めが難しいポイントです。会話の流れでふざけあったり、冗談を言い合ったりするのは楽しいもの。笑えるスタンプを送り合ったり、お決まりのフレーズをポンポンと楽しむのもLINEの醍醐味ですよね。しかし、そんな「ノリ」にも全く相手がノッてこない場合や、会話が盛り上がっている(とあなたが感じている)にも関わらず急に返信が途絶え、「ごめん寝てた」ということが多いときは要注意。あまりにも「ノリ」が合わない場合、敢えて相手は「相性が悪い」と思わせていることもあります。あなたのことが好きなら一緒にLINEの空間もテンションを合わせてくれるはず。

まとめ

とはいえ、なかなか相手の本音はLINEだけでは判断できないもの。ここでご紹介したにも関わらず「本当に忙しいだけだった」ということもあります。LINEだけで判断せず、できるだけ総合的に判断するようにしましょう!

松本果歩

30代フリーランスのライターです。 得意のジャンルは恋愛、結婚、離婚、不倫。 男を見る目と惚れさせテクには自信があります。

新着記事