暇だと恋は長続きしない?恋愛を継続させるために必要なのは「時間のバランス」

恋が長続きしないパターンを見ていると、たいていは一方が忙しく、一方が暇な場合が多いようです。
それはどうしてなのでしょうか?
そして、長続きするような時間のバランスをどのようにしていくのがベストなのでしょうか?

相手が何をしているか不安になってしまう

暇な人は、忙しい側と連絡が取れないと、相手が何をしているか勘ぐってしまいます。

・忙しいと言いつつ、合コンに行っているのではないか?
・自分の存在を忘れてしまっているのではないか?

とにかく時間があるのでそればかり考えてしまい、返事がないとどんどん不安になり、逆効果。
「なんで連絡してくれないの?」とか、「本当に仕事なの?」は地雷ワードです。
不安になって自滅してしまうか、相手がドン引きして去っていくというパターンです。

空いている時間にほかの異性と比べてしまう

暇な人は、相手が忙しいのを承知でとりあえずキープし、もっと良い条件の相手が見つかったら別れようと思っている人も結構います。
暇な人は時間があるので、異性のいる場に出かけて、次の相手が見つかったら乗り換えるというパターンです。
忙しい人は、自分の何がいけなかったのかわからず、振られて落ち込むかもしれません。

忙しくて恋愛に集中できない

忙しい人は、仕事などに打ち込んでいるため恋愛よりも仕事のほうを優先してしまうという人も多いです。
相手のことをすっかり忘れて連絡取らないでいるうちに、相手に不満がたまってしまい、
気づいたら振られているかそのまま自然消滅というパターンです。
では、長続きさせるためにどうするか?なるべくなら、
忙しい人は同じくらい忙しい人と、暇な人は同じくらい暇な人と付き合うのがベストです。

忙しい人同士なら、お互いに連絡が取れなくてもどちらかが不満を持つことはないでしょうし、お互いの忙しい状況に理解があります。
そして、忙しい中でも、なんとかやりくりしてお互いに時間を作ろうとして、少ない時間で密度濃く恋愛をすることができます。
連絡もまめに取り合い、時間が許す限り毎日でも会って一緒に過ごすことができるでしょう。

時間のバランスが大事

もし、忙しい人と暇な人のカップルの場合、暇な人が時間を持て余してしまい、我慢することになります。
その場合、暇な人は一人や友人との時間を充実させて、恋人にしつこく連絡を取ったりしないように気を付けましょう。
会えない時は「自分磨きの時間」と思うこと。たまのデートの時には「会えてうれしい」「いつもお疲れさま」というねぎらいの言葉を忘れずに。
忙しい人は、普段は相手のことをあまり考えている時間がないので、
ふとした時に優しい言葉をかけられれば、嬉しくなって「次も何とか時間を作って、デートをしよう」と思えるのです。

時間だけでなく、好きな気持ちもバランスが大事

恋愛は、相手のことを好きな気持ちも差があり過ぎても長続きしません。お互いに同じくらい好きでいる状態がうまくいきます。
一方がすごく好きで、もう一方が冷めている状態だと、好きな方が辛くなり自滅してしまうか、好きな気持ちを押し付けられると冷めている方がさらに引いてしまいます。
もし、お付き合いしている人との好きな気持ちに差があると感じたら、好きな方はぐっと我慢して、連絡の頻度を減らしてみましょう。
相手が引いたと感じると、もう一方は気になって距離を縮めてこようとするはず。


時間と好きな気持ちのバランスが取れていると、恋愛が長続きしやすいので気を付けてみてくださいね。

すもも

40代の法人営業職。30代半ばまで肉食系女子で、特定の人と付き合うことの意味がわからなかった私が、なぜか結婚したくなり押しまくって結婚、出産。天下一品のラーメンをこよなく愛する。