【実話あり】30代女性が考える「男性との理想的な出会い方」。夢のような出会いを現実にするためには?

30代ともなると、恋愛に楽しさやトキメキを求めるよりも、結婚に結びつくかどうかを優先してしまう・・・。

でも、気持ちに正直になってみてください。心のどこかで「心踊る夢のような出会いをしてみたい」と思っている自分がいるのではないでしょうか? 

30代女性が考える、男性との理想の出会い方とは? 胸がキュンキュンしそうな、リアルエピソードも合わせてお届けしていきますよ!

男性との理想の出会い方ベスト10を発表!

25〜39歳までの独身女性1000人を対象にしたアンケート調査による、理想の出会い方は次のとおり。


1位 同じ飛行機で隣同士に座った素敵な男性と、旅先の観光スポットで再会
2位 新幹線で隣の素敵な男性が、荷物を荷棚に上げてくれた
3位 本屋で偶然同じ本を手に取ろうとして、素敵な男性と手が触れあっちゃった
4位 マンションの隣の部屋に、素敵な男性が引っ越してきた
5位 階段から落ちそうになったところを、素敵な男性が支えてくれた
6位 中学校で交際していた男性と、大人になって偶然再会
7位 不良や酔っぱらいに絡まれてピンチの時、素敵な男性が突然現れてあなたを救出
8位 バーで「あちらのお客様からです」と素敵な男性からお酒を奢ってもらう
9位 BBQをしたら、隣のグループの素敵な男性が火をつけてくれた
10位 プロ野球観戦で大盛り上がり!ホームランで思わず隣の人とハイタッチしたら素敵な男性

どれも、恋愛小説やラブコメ映画のストーリーみたいで、なんともロマンチックです。ところが、上記の出会いが起こりうる確率を検証した場合、どれも確率的にはかなり低いという結果に・・・。

夢は現実になるもの。私たち、理想の出会いを経験しました!

【実話あり】30代女性が考える「男性との理想的な出会い方」とは? 夢のような出会いを現実にするために・・・

確率が低いとは言うけれど・・・筆者や周囲の友人は、ランキング入りした出会いをほぼ経験。インパクトの強い出会いを厳選してみました。

【友人Aの実話・1位「旅先の観光スポットで再会」】
当時お付き合いしていた彼と別れ、箱根にひとりで出かけた友人(当時32歳)。飛行機ではなく、箱根登山ケーブルカーのなかで出会った素敵な男性と意気投合。それなのに、連絡先を交換しなかったA子。「連絡先を聞いておけばよかった!!」と激しく後悔していたA子ですが、なんと旅行から戻ってきた翌週、渋谷のど真ん中でその彼とバッタリ遭遇! 運命を感じたA子と彼は、それがきっかけで交際をスタートしました。


【実話・4位「マンションの隣に素敵な男性が入居」】
筆者がまだ10代後半だったときのことです。実家は一軒家なのですが、隣のアパートに素敵な男性が引っ越してきました。犬の散歩がきっかけで親しくなり、4年ほど交際した思い出があります。


【実話・7位「素敵な男性が突然現れてあなたを救出」】
仕事帰りに、気になる彼とバーに行ったときのこと(当時30歳)。彼が席を立ったときに、後方に座っていた男性がしつこくナンバしてきました。絡まれていたところを、トイレから戻ってきた彼が「僕の彼女なんだけど?」と助けてくれました。筆者、胸キュンキュン!! この出来事がきっかけでお付き合いがスタート



その他、ランキング入りしている「理想の出会い方」に近いかたちで、知人のB子も大恋愛の末に30代でゴールイン。当時、一目惚れの彼を追い求める彼女に、周囲は「アラサーになって夢見すぎ、その執念が気持ち悪い」などと揶揄。しかし、結果的には出会いを結婚という形に結びつけることができました。

強い想いは現実になる・・・という彼女からの重みがある一言で締めくくることにしましょう。「自分を幸せにできるのは自分しかいません。努力できることは片っ端から全部して、自分を信じて恋を頑張ってよかったと今でも思います」

婚活をがんばりつつ、夢も見つつ、みなさんも素敵な恋をエンジョイしてくださいね!


[参照]
https://www.atpress.ne.jp/news/125337
https://www.atpress.ne.jp/news/128442
Photo by shtterstock

イヴォンヌ麗

子どもの頃からインターナショナルな環境で育ったこともあり、これまでにご縁のあった殿方の出身国は、マレーシア、フランス、イタリア、イスラエル、アラブ首長国連邦、中国、フィリピン、ドイツ、アメリカ、北インドなどバラエティー豊富。ユニークな視点でみなさんの国際恋愛のお力添えができればと思っています。

新着記事