公認会計士と結婚したい!好みの女性とアプローチ方法

今回は、結婚するなら公認会計士がいい、という女性のために、公認会計士と結婚するための方法をご紹介します!

公認会計士と結婚したい!もっとも確実な方法とは?

公認会計士と結婚するための、もっとも確実な方法はなんでしょうか? 
それは、自分自身が公認会計士になってしまうことです。
「そんなの、ハードルが高すぎる!」と思われるかもしれませんが、それぐらいの気合がなければ公認会計士の妻は務まらないかもしれません。
公認会計士の資格取得のためには勉強が必要ですから、半数以上の人は専門の予備校に通って試験に臨みます。公認会計士の試験を受ける人たちが通う予備校に行くことで、将来の公認会計士たちと出会うことができますし、一緒に勉強することで、絆は強くなります。
違う角度でアプローチするなら、公認会計士が通う予備校でのアルバイトも出会いのチャンスを作れるでしょう。「接触頻度を高める」ことで恋愛がスタートするパターンは十分にあり得るからです。

公認会計士の好みの女性のタイプとは? どういった人を結婚相手として選ぶ?

アプローチ方法を確認する前に、公認会計士の好みの女性のタイプについて確認しておきましょう。当然ながら、職業が同じだから好みの女性のタイプが同じだ、ということにはなりません。ギャルが好きな公認会計士もいれば、外国人が好きな公認会計士もいます。

ですが、近年、一般的な傾向として、「同類婚」が増えているというのは現実としてあります。同類婚とは、教育レベル・経済レベルなどが近い人たちがする結婚のことです。これまでは、女性が、夫に対して、自分よりも上の学歴・収入・社会的地位を期待する傾向が顕著で、男性は女性の学歴や収入・社会的地位を気にしないものとされていました。ですが、現代ではその傾向は薄れてきているのです。

実際問題、同じ階層にいる人々は出会いやすく、話も合いやすい、という傾向があります。つまり、結果として、公認会計士が相手として選びがちなのは、自分と教育レベルや収入レベルがさほどかけ離れていない人になる確率が高いのです。

公認会計士と結婚するためのアプローチ方法とは?

自分が公認会計士になる以外の方法で公認会計士と結婚するための方法をご紹介していきます。

アプローチ方法1 出会いの数を増やす

まずは、結婚願望の強い公認会計士と出会う回数を増やしましょう。婚活サイト・結婚相談所・専門職限定の婚活パーティーなどを利用するのも一案です。ただし、結婚相談所以外は、既婚者が混じっている可能性があるので、注意が必要です。

アプローチ方法2 相手の本質を見る


公認会計士は、年収1千万を超えている人も多数います。そのため、安定して高収入が稼げる仕事だというイメージがある方も多いでしょう。ただし、高収入目当てで近づくと、その意図は相手に見破られます。相手の表面を見るのではなく、しっかりとコミュニケーションをとり、本質を見るようにしましょう。

アプローチ方法3 「この人といると楽しい」と思わせる

「この人と結婚したい」ということは、「ずっと一緒にいたい」ということでもあります。ずっと一緒にいたいと思われる人はどういう人かというと、「一緒にいて楽しい人」です。知的で楽しい話題を提供する、相手の気持ちを親身になって聞き励ます、叱咤激励する等、.楽しませ方は様々あります。自分が好かれよう、とするのではなく、どうしたら楽しい時間を提供できるのか、を考えましょう。

さいごに

今回は、公認会計士と結婚するための方法をご紹介しました。参考になりましたら幸いです。

今来今

編集者を経て現在フリーライター。 複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

新着記事