【モテる男の着こなし術】ジーンズの似合う男になりたい/オフタイム編

(Photo by shutterstock)

仕事以外のオフタイムでのカジュアルウェアは、ジーンズを格好良く履きこなしたいもの。ジーンズは年代を問わず履けて、セクシーに見せてくれるアイテム。女性はジーンズの太ももやオシリに、色気を感じたりするものです。
ファッションに自信のないあなたでも、大丈夫。ニューヨークでファッション取材を積み重ねた筆者が、ニューヨーカーの着こなしをお手本に、 あなたをオシャレ男に仕上げます!

ニューヨーカーが着こなす、ジーンズ

【モテる男の着こなし術】ジーンズの似合う男になりたい/オフタイム編
(Photo by Hideyuki Tatebayashi All Rights Reserved.)
ラフに着こなすジーンズスタイル。足元はオシャレな靴で決めると、垢抜けます。


【モテる男の着こなし術】ジーンズの似合う男になりたい/オフタイム編
(Photo by Hideyuki Tatebayashi All Rights Reserved.)
ベルト類の小物も手抜きなく。トップスの色使いも参考に。グレーのTシャツをベースにすると、大人っぽく。


【モテる男の着こなし術】ジーンズの似合う男になりたい/オフタイム編
(Photo by Hideyuki Tatebayashi All Rights Reserved.)
シンプルなジャケットは、ジーンズとも好相性。上質なセーター、マフラーと合わせれば、大人の休日カジュアルが完成。

ジーンズ選びのポイント

【モテる男の着こなし術】ジーンズの似合う男になりたい/オフタイム編
(Photo by shutterstock)

<1点は豪華主義で>
オフのカジュアルウェアでも、1点は良いものを身につけること。ベルト、時計、ジーンズ、ブーツ、スニーカーなど1点可。

<大人は上質を>
大人のジーンズは、上質のものを。年齢を重ねていくと、安物は似合わなくなってきます。あなたにふさわしい上質のものを。自分自身に投資しましょう。

<程良くフィットしたものを>
ジーンズはピチピチ過ぎると下品ですし、ダブダブしているとだらしなく見えます。程よくフィットして見えるものが見つかるまで、妥協しないこと。

<ウエストであわせる>
大人には下着が見える腰パン(腰で履く)は似合いません。ウエストでサイズを合わせると、お尻のラインも綺麗に見えます。

<試着を多くしてみよう>
1本2本で「もういいや」と妥協せず、何軒か回り出来るだけ多く試着してみましょう。自分の体型、現在の自分には何が似合うのか、分かってきます。お気に入りだった古いジーンズはデザインや雰囲気が、現在のあなたと合わなくなっている場合もありますよ。

<前だけでなく後ろもチェック>
男性のジーンズ、実は後ろ姿も重要。パックポケットが上にあるとヒップアップ効果、股上が短いと小尻効果があるなど、デザインによっても印象が変わるものです。前姿だけでなく後ろ姿も鏡でよくチェックすること。

ジーンズで陥りやすいNGとは

<ゆるゆるジーンズを選ばない>
太り気味だからといって、ゆるゆるのジーンズを履くとさらに大きく見え、だらしなく見えます。オジさん度も増します。

<出っ張っているお腹を、ウエストベルトにのせた着こなし>
お腹が目立つ場合は、トップスの裾を無理にインしないこと。裾はアウトしましょう。


年齢を問わないジーンズを格好良く着こなせてこそ、大人の男性。太った痩せたという体型の変化も気付きやすいアイテムなので、普段から履いているとスタイルの保持にも役立ちますよ。



#オシャレ男になる着こなし術

青山 沙羅

NYC在住フリーランスのライター。人生のモットーは、『やられたら、やり返せ』。 あなたに贈りたい言葉は、「愛なくして、人生は輝かない 」。生まれて来た時も死ぬ時もひとり。生きている間は愛し愛されたいもの 。

新着記事