婚活が「めんどくさい」と感じる理由と対処法

長い時間をかけて婚活をしていると、ある時ふと、「めんどくさい!」とすべてを投げ出したくなってしまう時がきます。せっかく自分の人生をより良くするために婚活をしているのに、なぜ「めんどくさい」と感じてしまうのでしょうか。また、婚活中に「めんとくさい」と感じてしまった場合にはどのように対処すべきなのでしょうか。解説致します。

【1.婚活は「正解」も「マニュアル」もない】

婚活を「めんどくさい」と感じてしまう大きな理由は、婚活には「正解」も「マニュアル」もないからだといえます。もしも、「あなたのようなタイプの人はこんな異性を結婚相手に選べばうまく行きますよ」ということが分かっていれば、ここまで苦しい思いをすることはないはずです。誰もどうすべきかを教えてくれず、自分でもどんな異性にどのようなアプローチをすべきかがわからないからこそ、うまく行かない期間が長く続くと「もうこの先の見えない活動は不毛だ」と面倒に感じてしまいます。

【2.生身の人間が相手だから思い通りには行かない】

婚活に限らず、仕事などもそうかもしれませんが、恋愛・結婚においては特に「生身の人間同士」、互いのコミュニケーションがうまく取れないことや、思い通りに行かないことも多くあります。そのモヤモヤしたり悩んだりする過程も楽しむことができれば理想的ではありますが、なかなかそうはいかないこともありますよね。「めんどくさい」「こんなにモヤモヤするくらいなら一人でいるほうが楽」と感じてしまう日もあるかもしれません。

【3.婚活が「めんどくさい」と感じたときの対処法は……?】

婚活ストレス、婚活疲れ、婚活鬱…その原因と解消方法は?【30代からの恋のかさねかた、愛のはぐくみかた】
このように、婚活が「めんどくさい」を感じてしまった時にはどのように対処すべきでしょうか。まずは、一旦婚活をお休みしましょう。できるだけ早く結婚したい!と考えている方であればあるほど、「そんな悠長なことは言っていられない!」と焦ってしまうかもしれませんが、「めんどくさい」と感じながら無理やり婚活をしても良い結果は出ません。まずは、婚活のことを忘れて趣味や仕事に打ち込む期間を作りましょう。
一旦婚活から離れることで、気分をリセットすることもできますし、「結婚相手としてふさわしいかどうか」を気にしないで異性と接することで、気を遣わずに楽に自分らしく過ごすことができる相手にふと出会えることもありますよ。

【まとめ】

婚活は、どのくらいの期間と決まっているわけでもなく、人によりその方法や相手を選ぶ基準は異なります。もし「めんどくさい!」と感じてしまった時には、一旦婚活から離れ、気持ちをリセットしてみましょう。少しの間でも婚活から離れることでまた前向きに楽しみながら婚活に取り組むことができるようになるはずです。

松本果歩

30代フリーランスのライターです。 得意のジャンルは恋愛、結婚、離婚、不倫。 男を見る目と惚れさせテクには自信があります。

新着記事