結婚までたどりつく人・たどりつかない人の恋愛の特徴

恋愛の先には、自然と結婚を意識するものです。特に結婚適齢期と呼ばれている世代になると、恋愛=結婚と考える人も多いでしょう。しかし、恋愛と結婚は別物。恋愛をする数は多くても結婚がなかなかできない人もいれば、恋愛をする数は少なくてもすぐに結婚できる人もいます。結婚までたどりつく人・たどりつかない人の恋愛はどこが違うのでしょうか?

結婚までたどりつかない人の恋愛の特徴とは?

女性編

・相手に求めすぎる
男性ならこうするべき、という理想が強すぎて、相手に求めすぎてしまう女性は恋愛も長続きしません。最初は大好きな彼女の要望に応えようと男性も頑張るのですが、次第に疲れて離れていってしまいます。食事は男性がおごるべき、デートは男性から誘うべきなど…男性に理想通りの振る舞いを求めていませんか?こんな女性と結婚したら毎日疲れてしまいそう…と男性も考えるようになり、恋愛が結婚に結び付きにくくなります。

・身だしなみをおろそかにする
付き合ったばかりのときは、彼にかわいいと思ってもらえるように外見に気を使いますよね。しかし、付き合ってしばらく経つとどうでしょうか。関係が深まるにつれて、身だしなみをおろそかにしていませんか?「スキがある」姿と、「だらしない」姿は紙一重。結婚してからも妻に美しさを求める男性がほとんどなので、付き合っているときからだらしない姿を見てしまうと、結婚をためらってしまう男性も多いです。

男性編

・趣味に熱中してしまう
0327
趣味があるのはいいことなのですが、趣味に熱中していると結婚は遠のいてしまいます。独身のころは、自分の好きにお金も時間も使うことができますよね。でも結婚するとどうでしょうか?お金や時間の使い道は限られてしまいます。女性は付き合っている間に、この男性は結婚したらちゃんと家庭のことを考えてくれる男性かどうかを見極めています。あまりに趣味に熱中してお金も時間も費やしていると、「結婚してからも家庭はほったらかしにされそう」「趣味にお金がかかりそう」などと結婚に向いていない男性と判断されてしまうでしょう。

・女性に「家庭的」を求めすぎる
今の時代、女性もバリバリ働いてキャリアを積むのが当たり前です。しかし、男性は女性に家庭的な一面を求めがち。彼女はこれからもたくさん仕事をしてキャリアを積み上げていきたいと考えていたのに、男性側から家庭を守ってほしい、家事や育児は女性の仕事だから、といわれてしまうと結婚もためらってしまいます。
女性に自分の理想を押し付けず、「家庭的」を求めすぎないようにしましょう。

結婚までたどりつく人の恋愛の特徴は「思いやり」

女性編・男性編と分けて、結婚までたどりつかない人の恋愛の特徴をご紹介しました。どちらも共通していけることは、「思いやりのなさ」です。相手がどう思うか、相手の視点に立って考えることができれば、自然と変われるはずです。
結婚までたどりつく恋愛をするために、まずは思いやりの心をもって相手と接してみましょう。結婚までたどりつける、意味のある恋愛をそろそろ始めてみませんか?

夜の兎

食と恋愛のことになると、つい周りが見えなくなりがち。 30歳を過ぎても、様々なことをどん欲に吸収しているフリーライター。 モットーは「振り回されても、流されない。」

新着記事