復縁したいなら、春がチャンス!?復縁の可能性を上げるきっかけ作り3つ

お付き合いしていた彼(彼女)と別れたあと、やっぱりまだ好き。
ヨリを戻したくて自分から連絡を取ったことはあるでしょうか。
復縁をしたいからと、こちら側の都合だけで勝手にメールをしていいというわけではありません。
失敗をしないためにも、メールの内容はよく考えないといけません。実は、復縁したくて連絡を取るときの良い「タイミング」というものがあるのです。

それは春の今の季節!
そこで今回は、この春別れた連絡を取り、復縁の可能性を上げるきっかけ作り3つご紹介します。

1.  春は新生活のスタート。これをネタに連絡

春は新入社員が入ってきたり、自分自身が就職したり、と何かと新しいことが始まる季節。
転勤などで引っ越しをする人もいるでしょう。バタバタ忙しいと忘れていますが、一人になったとき、ふと寂しくなる瞬間があるものです。こんなときが連絡する良いタイミングです。

「最近どうしてる?」「元気にしてる?」「そういえば、花粉症だったよね、大丈夫?」
など、最近の様子を聞いて、相手のことを気遣った内容のメールをしてみるのが良いでしょう。それをきっかけに話が弾み、また連絡を頻繁に取るようになった…というケースも多いですよ。相手の体調などを気遣い、優しいメールを疑問文で送ってみてください。疑問文で送ると、返事しなきゃ、という気持ちになりますよね。ぜひ試してみてくださいね。

2.  ゴールデンウィーク前に連絡

春といえば大型連休がありますよね。ゴールデンウィークは恋人と旅行に行ったり、デートしたりして過ごすことが多いのではないでしょうか。
お付き合いが長かった人は特に「あー、ゴールデンウィークに〇〇行ったなあ…」など一緒にどこかへ出かけた楽しかった出来事を思い出すでしょう。
フリーになって一人で過ごす大型連休は寂しく感じるものです。復縁したいのなら、ゴールデンウィーク前のこのタイミングに連絡してみましょう!
きっと相手は楽しかった思い出に浸っているかも?「思い出」というものは、美化されるものです。復縁するためにも、この時期はちょうど良い時期ですよ。

3. 深夜や早朝にメール(ライン)はダメ!夕方の仕事終わりに

復縁したいのなら、相手の負担になってはいけません。深夜や早朝にメールするのはルール違反。
いくら付き合いの期間が長かったからと、なれなれしい感じのメールの内容もあまりよくありません。また頻繁にメールをするのも逆効果ですよ。しばらく冷却期間を置いたからこそ、相手の存在が大きかったことに気が付くものです。

気持ちを伝えるときは「今も好き」という気持ちを率直に。あまり重たくならないようにしてくださいね。
復縁したくて連絡を取るのですから、勇気を出して!ですが、しつこくメールの返事を迫ることや不在着信を残す、というのはやめましょう。
まずは相手のことを第一に考えて!控えめにアプローチしてくださいね。


いかがでしたか。出会いや別れの季節でもある春。復縁したいなら、春がタイミングです。
ぜひ、今回のアドバイスを参考に行動してみてくださいね。

テヒ

秘書OLを経て結婚。出産後ライターとして活動。 上級メンタル心理カウンセラー。恋愛、婚活、結婚について書いています。