本当にあったお花見スポットでの出会い4選 – 婚活あるある

本当にあったお花見スポットでの出会い4選

2016.03.22

多くの日本人にとって桜の季節は特別です。
一年間待ちに待って、咲くのはたった一週間ぐらいの短い期間。
だからこそ美しく、だからこそ待ち遠しい。

開花後に少しでも風が吹けば、吹き飛ばされませんようにとヒヤヒヤして、少しでも雨が降れば、散らないかしらと心配して。
もしかしたら、桜の季節は日本人が一番空を見上げる季節でもあるかもしれません。

そんな空を見上げてばかりのお花見シーズンですが、「お花見は出会いのチャンス」という声もチラホラ。
というわけで、お花見で異性との出会いがあった人たちのエピソードを伺ってみました。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

①女子グループでナンパ待ち

「女の子6人で公園にお花見に。いい感じの同い年くらいの盛り上がっている男性グループの隣にわざと近めに陣取って、あとはナンパ待ち。
待ちって言っても、私達がビニールシート敷くか敷かないかくらいで「寒いから毛布貸すよ!」とあっさり声かけられました。
その後は夜まで一緒に飲んで、カラオケ行って、楽しかったです。
何人かとは連絡取ってますよ。」

②「詰めましょうか?」

「男女のグループでお花見に行ったんですけど、混んでいて場所がなく、ウロウロしていたんです。
そうしたらあるグループが「詰めましょうか?」って場所をあけてくれて。
結局お酒も分け合って、みんなでワイワイ飲みました。」

③ギターがお近づきアイテムに

「お隣のグループでアコースティックギターを持ってきている人がいて、生演奏で歌いだしたんです。世代も一緒だったので曲をリクエストしたりで盛り上がって、気づいたらブルーハーツを大合唱していました。野外カラオケ、楽しかった〜!」

④コンパは嫌いだけど、お花見なら

「コンパだと、THE出会いの場!って感じで抵抗あるんですが、
お花見なら“お花を見る”という目的があるので、お花見飲み会たるものに行ってみて見事彼氏をゲットしました。
寒がっていたらホカロンをくれたり、酔っぱらった人を介抱していたり、彼の優しさが初対面でもわかったので出会いがお花見でラッキーでした。」


53-b

年に一度のお祭り気分で出会いをつかめ

外で飲むという解放感ももちろんのこと、お花見では声をかけるきっかけが多いので仲良くなりやすいようですね。更に、コンパなどでは出会えない種類の異性にも出会える可能性もあるみたいです。
今年のお花見では、お酒に飲まれず、お花ではなく地上の異性にも注目してみてはいかがでしょうか。

SNSでシェアする

さおり

仕事も遊びも大好き!ミーハーアラサー女子。素敵な彼を追い求め日々奮闘中。普段は事務職OL。恋愛をすると不安になることが多いものの、多くの女性を元気づけられるような記事を発信したいと思います。