ジム経営者が教える「失敗しない選び方」初心者にオススメのジムも紹介 – 婚活あるある

ジム経営者が教える「失敗しない選び方」初心者にオススメのジムも紹介

2020.02.25

「最近全然運動していないし、ジムに行ってみたいけどどこに行ったらいいのかわからない」とお悩みではありませんか?

今回は初めてのジムをお探しのあなたが安心して楽しく通い始められるジムの選び方と、目的別・タイプ別のオススメのジムをいくつかご紹介します。

PR婚活あるある編集部からのおすすめ
バナー
選ばれる3つの理由とは?
No.1
独自の「婚活PDCA」で、高い確実性を実現
No.2
成婚率No.1だから出来る充実のサポート
No.3
出会いの幅が広い

初めてでも失敗しないジムの選び方をジム経営者が伝授!

コンパスを手のひらに置いているイメージ
ジムデビューしたのに、こんなはずじゃなかったと短期間で退会してしまうのはもったいないですよね。
せっかく行くなら、ちゃんと続けられる自分にマッチしたジムを選びたいところです。

初めてのジム選びで、続けられるジムを見つけるために吟味すべきポイントは以下の2つ。
・続けられる条件が揃っているか
・目的を達成することが出来るか、やりたい事とズレはないか
この2つを基準にすることで、自分にとってベストな選択が出来るようになります。

それでは2つの選び方について詳しく解説していきます。

ジムの選び方【1】続けられる条件が揃っているか

ジムをやめてしまう理由の多くが、「通うのが面倒になったから」です。

大抵の方が入会当初は張り切って通いますが、ある日を境に通う頻度がドンドン落ちて最終的には来なくなってしまうパターンがとても多いです。

実際にやってみると痛感しますが、仕事後、靴やトレーニングウェア、シューズ、タオルを持って家から離れたジムに通うのは思っている以上に負担が大きいもの。

ですので、続けられるジムを選ぶ際には、面倒に感じそうな要素がどれだけありそうかという視点を持つことが大切になります。

普段の帰り道の途中にあるジムであれば、フラッと立ち寄って運動することが習慣化しやすいですね。
服、靴、タオルのフルセットが安くレンタル出来るジムであれば仕事前に一式を準備したり、一度帰ってから行くための手間や時間を大幅にカットすることが出来て楽チン。

ちなみに、通うジムにレンタルオプションがあるようでしたら、余程高価でなければ付けておきましょう。

忘れ物をして家まで取りに行ったり、汗の付いたウェアやタオルを持ち帰って洗濯するのは、ジム通いを定着させる上で想定以上の妨げになります。
せめて、ジム通いに慣れるまでの間はレンタルすることをオススメします。

通う上での物理的な制約を徹底的に削ることが出来るジムを選ぶことがジム選びの肝です。

ジムの選び方【2】目的を達成することが出来るか

立地やオプションなどの物理的な条件に加えて、ジムの選び方でもう一つ大切になるのが、「そのジムに行くことであなたの目的は果たすことが出来るか」という基準を持つ事です。

「短期間で一気にやせたい」「運動不足を解消したい」「マシンを使ってトレーニングがしたい」など目的に沿ってジムを選ぶことが大切です。

どうして自分はジムに行こうと思ったのか、数か月後にどうなりたいと思っているのかを紙に書くなどして確認し、目的とジムのサービス内容を見比べてチェックするようにしましょう。

事前にチェックしておくことでより満足度の高いジムを見つけることが出来ます。

ジムの選び方【3】最初は「続けやすい条件」を優先する

「2カ月間で絶対に痩せる!」などの強い目的がなければ、最初のうちは「続けやすい条件」を優先することをオススメします。

ジム通いスタート時はジムに行くことを日々のルーティンとして定着することが一番大切だからです。
続ける習慣が出来てから、気になるジムへの移動を検討してもいいですね。

選び方に迷ってしまう初心者さんにオススメのジム

ジムのイメージ
一口にジムと言っても、実はいくつかのタイプに分かれています。
目的に合わせて、どのタイプのジムに行けばいいかを選びましょう。

ここではそれぞれのタイプの特徴と、そのタイプの中でオススメのフィットネスジムをご紹介します。

総合フィットネスクラブ

全国展開しているような大手フィットネスジムが多くを占めます。

月額は8,000円~15,000円程度です。

とても広く、設備が充実していて、浴室やプールなど施設がしっかり整っているのが特長です。
さらにスタジオレッスンやパーソナルトレーニングなどメニューも豊富です。

なんでもできてとても通いやすいのですが、毎日かなりの人数が通われているジムが多いため、混み合うとマシンが順番待ちになってしまうことが結構あります。

効率的に使用するために時間帯やトレーニングの進め方を作っておくと良いでしょう。
お風呂屋サウナなどを使いたい方、とりあえず運動を気軽に初めてみたい方にオススメです。


ダイエット・パフォーマンス専門のパーソナルジム

短期間で一気にダイエットしたい人や、自身のパフォーマンス向上を目指す人たちが、そのジャンルの専門家にみっちり指導してもらいながら目的を達成する形のタイプのジムです。

設備の充実度や広さは総合フィットネスジム程ではありませんが、トレーニングの器材は独り占め出来るので順番を気にせず、トレーニングに没頭することができます。

パーソナルジムでは、専属トレーナーがあなたの現状を把握した上で最適な食事、トレーニングメニューを提案してくれるだけでなく、決めたことをやり切るまで徹底的に並走してくれるところが大きな特長です。

自分だけで設定したルールを一人で守り続けるのはとても大変ですが、トレーナーが目標に達成までの進捗を管理し、モチベーションを保つサポートをしっかりしてくれるので成功率は高まります。

また、ダイエット成否の大半を占める「食事」は、毎日自分ひとりでダイエットに効果的なメニューを考えて作り続けるのはとても大変…。
しかし、パーソナルジムの場合、食事についての細かい相談も出来るのも大きなメリットと言えます。

値段はジムによって大きく異なり1カ月30,000円程度で通えるところもあれば、100,000円以上かかるジムもあり、他のタイプのジムと比べてかなりお高めです。

「きつくても高くても構わないので、決まった期間内で何としても痩せたい」といった強い目的があるならパーソナルジムは最適ですよ。


スタジオレッスン専門ジム

スタジオでインストラクターがヨガやボクササイズなどのレッスンを行う、スタジオレッスンプログラムに特化したジムです。

総合フィットネスクラブが様々なジャンルのスタジオレッスンを取り扱っているのに対して、スタジオレッスン専門ジムは決まったジャンルのエクササイズに特化しています。

ここ数年のトレンドとしてネオン暗闇の中でサンドバッグを叩いたり、サイクルマシーンを漕ぐなどエンターテインメント要素を強めたジムが増えてきています。

さらにこのタイプのジムは女性専用となっているところが多いのも特徴です。
トレーニング用のマシンやプールなど、レッスンプログラムに関係しない設備は基本的にはないと思っておいてください。

月額は10,000円〜20,000円程度と総合フィットネスジムよりも少しだけ高めな傾向があります。

「楽しさ重視で運動を始めたい」「女性限定のジムで運動したい」「このエクササイズを徹底的にやってみたい」という希望がある方はスタジオレッスン専門ジムをオススメします。


ジム選びをするうえで、「続けられる条件が揃っているか」と「目標を達成できるか」はとても大切です。
今回ご紹介したポイントを参考に、自分にピッタリのジムを選んでみてくださいね!

SNSでシェアする

UD

30代男性。元広告代理店営業マンで現在は映像制作やフィットネスクラブの運営などを中心に活動するフリーランス。