彼に「めんどくさい」と思われないLINEテクニックとは

大好きな彼と会えない時間でも、繋がることが出来るLINE。でも、使い方を間違ってしまうと、彼に「めんどくさい」と思われてしまうかもしれません。あなたは会話を楽しんでいても、スマホの向こう側にいる彼の表情は曇っているかもしれません。そこで、彼にLINEでめんどくさいと思われないためのテクニックをご紹介します。

男性がめんどくさいと思うLINEあるある

●既読スルー問題

彼にLINEを送った後「既読が付いているのに、返信が来ない!!」と、腹を立てていることはありませんか?
既読が付いたということは、LINEを読んでいるはずなのに、なぜ返事が来ないの?スルーするなんて酷い!と思っているかもしれませんが、彼なりに理由があるのです。

理由1.忙しい
彼女からのLINEに気づいて、読むには読んだけど返信する時間がないこともあります。仕事中にあまり長時間携帯を触ってることが難しい職場もあります。ただ単に、返信する時間がないだけなのに、責められると「めんどくさい」と思われてしまいます。

理由2.返信に困っている
彼女からのLINEの返事に、何て返信したらいいのか言葉に困っている可能性があります。たとえば、「今からランチ行ってきます」というLINEが来ていて、気づいたのが夕方だとします。あなたなら、なんて返信しますか?キツイ事を言うようですが、男性はどうでもいいと思ってしまうのです。

理由3.眠い
夜中に送られてきたLINEを、読んでは見たものの眠くて返信できないということがあります。いくら彼氏でも、送る時間を考えないとめんどくさいと思われてしまいます。

●頻度

女性は、用事が無くてもLINEでたわいもない会話がしたいと思いがちですが、男性はそうではない場合が多いのです。彼の性格にもよりますが、「おはよう」「今何してるの?」「お昼何食べた?」など、頻繁にLINEをするのは負担になってしまうかもしれません。

「めんどくさい」と思われないための対策

女性同志は、特に用事が無くても近況や愚痴などをLINEで送りあって、共感しあったりします。
男性は、相手との連絡をとるためにLINEを使用することが多いようです。
そもそも、男性と女性ではLINEの用途が違うのです。
彼は、どんな時にLINEを送ってきますか?挨拶やたわいもないLINEを送ってきますか?それとも、用事がある時にだけ送ってきますか?夜遅い時間でも、朝早い時間でも送ってきますか?
彼のペースに合わせてみて下さい。
また、男性に対して、長文はNGです。出来るだけ、簡潔に短い文章で読みやすい長さで送ることもめんどくさいと思われないためのポイントです。

自分の気持ちを伝えるためだけでなく、相手のことを考えて、LINEを使用するようにしましょう。

まとめ

pixta_34722855_S

LINEは、男性と女性で用途が違うということを頭において送りましょう。長い文章をダラダラと書くのではなく、読みやすいように短い文章で送りましょう。ただし、一方的に送るのもNGです。
離れていても繋がることが出来る便利なツールだからこそ、相手のことを考えてLINEでの会話を楽しんで下さいね。

夜の兎

食と恋愛のことになると、つい周りが見えなくなりがち。 30歳を過ぎても、様々なことをどん欲に吸収しているフリーライター。 モットーは「振り回されても、流されない。」

新着記事