メキシコ男性たちは、なぜ女性のお尻を見るのか【メキシコ小料理屋ママのよもやま話】

HOLA! メキシコシティの知られざる小料理屋、「まぼろし」のママ、メヒ山メヒ子です。
ちょっと前まで店が暇で白目むいていましたが、給料日後はお客さんも増えてひと安心しているところ。

さて、前回の記事「スカートを履きはじめたメキシコの女性たち」では、通りすがりの女性にやたらと声をかける因習「ピロポ」についてお伝えしました。ピロポ同様に、多くのメキシコ男性の慣習だと思うのが、「女性のお尻を見ること」。

メキシコ男性たちは、なぜ女性のお尻を見るのか【メキシコ小料理屋ママのよもやま話】
なぜお尻に目がいってしまうの?

ラテン系はオシリ好き?

メキシコ男性たちは、なぜ女性のお尻を見るのか【メキシコ小料理屋ママのよもやま話】
そばに彼女がいても、他の女性のお尻を見てしまう男性の悲しさよ

日本だと女性のセックスアピールポイントとして「おっぱい」がクローズアップされがちですが、メキシコを含むラテン系男性の間では、お尻フェチが、たくさんいるようです。

ここ、メキシコシティでも男性たちが、道を歩く女性のお尻をあからさまに眺めている姿を見かけます。
道で女性とすれ違ったら、振り返ってお尻を「確認」してから立ち去るというパターン。 気がつくと、露天のタコス屋のにいちゃんや、交通整理している警察官まで、女性のお尻を「確認」しているんです!

その態度は許せるものじゃないですけど、どうも、好みのタイプの女性のお尻を目で追っているというよりも、条件反射的に見ている気がするんですよね。お尻を見る対象となる女性には、若いひともいますが、年配もいるし、痩せてても太っていても関係ない。子連れのお母さんであっても、区別することなく尻を見ているんです(もちろん、すべてのメキシコ男性がお尻を見ているわけではありませんよ!)。

なぜオシリに惹かれるのか?

メキシコ男性だけではありません。女性のお尻に惹かれるのは、どうやら万国共通のようです。

テキサス大学の心理学者デイビッド・バスは、ヒトの性差進化心理学的研究で知られていますが、「なぜ男性が女性のお尻に惹かれるのか」について、人間が、かつて四つ足動物だった頃の名残という説を唱えています。オスにとって最も魅力的なのが臀部であることから、それが先祖代々刷り込まれているのだと。

トルコのビルケント大学の調査では、「お尻がふくよかな方が、健康的に見えるから惹かれる」と、考える男性が多いという結果が出たそうです。
ともあれ、女性である私も、しまったお尻を持っている男性がいたら、つい眺めていたくなりますが、そこはグッとこらえますけどね。

美しさにスタンダードなどない

そんなお尻への疑問は、ともかく、メキシコ男性および、世界のすべての男性がお尻を追っかけているわけではありません。メキシコ男性のすべてが、ふくよかなお尻を持っている女性が好みというわけではなく、スレンダーな女性が好きな男性もいる。
人の好みは、十人十色だし、あえてスタンダードを設定しないほうがいいと思うのです。

[参考] WAPAの記事『なぜ男性たちは女性たちのお尻に惹かれるのか

Photo by shutterstock

#メキシコ小料理屋ママのよもやま話

メヒ山メヒ子

メキシコ在住の日系移民1世で、小料理屋の女将。店を訪れる人々の恋愛よもやま話は尽きない。

新着記事