決められない…。お見合いの決め手は何?見極めるポイントとは – 婚活あるある

決められない…。お見合いの決め手は何?見極めるポイントとは

2019.09.22

お見合いをしたものの、相手とお付き合いするべきか決められないと悩んでしまうのは、珍しいことではありません。真剣だからこそ、簡単に決められずに悩んでしまうのは当然の事です。時間をかけてじっくりと悩みたいものですが、あまりお返事を待たせるわけにはいきませんし、結論を出さなければなりません。

まずは気楽に考えましょう

お見合い相手とお付き合いをすることは、必ずしも結婚をしなければならないというわけではありません。もちろん、お付き合いをするとなると、結婚相手の候補になります。
お見合い相手とお付き合いをするか決められない人は、お付き合い=結婚相手とお考えではないでしょうか?
お付き合い=結婚相手の候補です。あくまでも候補であると、もう少し気楽に考えましょう。
お見合いの時間は、一般的に1時間から2時間程度です。そんな短い時間で結婚相手を決めるなんて、出来なくて当然です。

逆に、お見合い相手にお断りすることを躊躇してしまう人もいらっしゃるでしょう。
お見合い相手と必ずお付き合いをしなければならないわけではありません。
話が弾んで、楽しい時間を過ごすことが出来たからと言って、結婚相手の候補になるとは限りません。
「ちょっと違うかもしれない」と思ったら、遠慮なくお断りしましょう。

なかなか決められない人は、ポイントを絞ってみましょう

1.結婚に対する自分のイメージを大事にする

pixta_47280420_S
自分の中で、結婚に対するイメージをお持ちでしょうか?決められない人は、「両親のような家庭を作りたい」「楽しい家庭にしたい」「温かくて穏やかな家庭にしたい」など、大まかな理想を描いてみてください。
お見合いの相手は、そのイメージに当てはまりそうかどうか、想像してみましょう。もちろん、数時間で相手の全てがわかるわけではないので、お見合いで受けた印象だけで十分です。

2.価値観が似ているか

一緒に生活をする上で、考え方やお金の使い方などが似ている方が、意見の食い違いが少なくて、お互いを理解しあえます。
恋人同士が別れたり、離婚をする理由として「性格の不一致」が挙げられますが、価値観の相違も同じです。事前にプロフィールをきちんと確認した上でお見合いに臨み、価値観が似ているかどうか、会話の中から確かめてみましょう。

3.直感を信じてみる

具体的に「顔が好み」「趣味が合う」などの理由が無くても、なんとなく感じが良かったなど、良い印象を持ったなら、少しお付き合いしてみると良いでしょう。お付き合いする基準としては、気になる程度で十分です。
なかなか決められない人も、直感は、意外と当たります。

4.経済力


愛さえあればお金なんて無くてもいいと言いたいところですが、お金は大事です。生活をする上で、絶対に必要なものです。お金に対する考え方は人それぞれなので、具体的に必要な相手の年収額を示すことが出来ませんが、今の生活レベルを上げることは出来ても、下げることは難しいと認識しましょう。

5.出会いを大切にする

お見合い相手となるだけでも、ご縁があると言えます。なかなか決められない人は、まずはこのご縁を大切にし、しばらくデートを重ねてみたり、お付き合いを続けてみましょう。お相手の方をきっかけに、新しい出会いにも巡り合うかもしれません。

まとめ

お見合い相手とお付き合いをするかどうか、すぐに決められないのは当然です。まずは、お付き合い=結婚ではないと考えましょう。また、お見合い相手の決め手となる事はひとつではありません。自分の中の譲れないポイントや、ご紹介した決め手となるポイントを是非参考にしてみてください。

SNSでシェアする

佐伯さな

新米主婦ライター。仕事も子育てもしっかり両立したい!と思い、ライターに転身。自身の経験が、多くの女性の悩みを解決するヒントになるように発信します!