競馬婚活は、高確率でカップルになれる!?女性も楽しめる馬コンの魅力とは – 婚活あるある

競馬婚活は、高確率でカップルになれる!?女性も楽しめる馬コンの魅力とは

2019.09.06

競馬と婚活、このふたつは相容れないものだ、と感じている方もいるかもしれません。
ですが、最近は「競馬婚活」が熱いんです! 

今回は、競馬場に行ったことがないという女性でも楽しめちゃう競馬婚活・競馬合コン(馬コン)の魅力をご紹介していきます。

馬コンってなに?

馬コンとは、競馬場での合コンであり、婚活の一種でもあります。

競馬好きの男性にとって、競馬好きの女性(通称ウマジョ)と知り合える絶好の機会です。また、馬コンは、「競馬場って一回行ってみたいと思っていたけれど、チャンスがなくて」という男女にも開かれています。

馬コンに参加したら、馬券の買い方や、競馬の楽しみ方を、主催者や参加者から教えてもらうことができます。

競馬はおじさんがするもの、単なるギャンブル、と思っていませんか? それは、競馬場に行ったことがない人の持つ偏見です。実際に競馬場に出向いて走っている馬を見て、馬の愛らしさに気づき、「かっこいい」「かわいい」とハマる人もいれば、競馬のスポーツとしての魅力に気がつく人も少なくないのです。
pixta_47687384_S

お勧めの馬コンって? 競馬場で婚活しよう!

では、実際にどんな馬コンがあるのか、についてみていきましょう。

お勧めの馬コン1 9/7 JRA×OTOCON おとなの馬コン in中山競馬場

中山競馬場で行われるおとなの馬コンは、20代後半〜40代前半の男女を対象にした趣味婚活です。

まずは通常の婚活と同様に一対一の自己紹介タイム。その後、フリータイムがあり、競馬場の散策などを行なったあと、いよいよトークタイムと馬券購入です。一緒に予想したりするのも馬コンのひとつの楽しみ方です。一緒に予想して買った馬券が当たったりしたら、かなりの盛り上がりが期待できますよ。競馬を楽しんだ後は、リクエストカードを記入。その後、カップルの発表が行われます。
男性の参加費は14,000円ですが、女性は2,000円と割安なのも嬉しいですね。

★第63回 9/7 JRA×OTOCON おとなの馬コン in中山競馬場
https://www.otocon.jp/party/detail.html$/party_id/86734/

お勧めの馬コン2 第64回 9/15 JRA×OTOCONおとなの馬コン アルコール付バックヤードツアー

東京競馬場で行われる馬コンは、20代後半から30代までをメイン対象者とした趣味婚活です。

こちらの馬コンの特徴は競馬の裏側が体験できること! さらにアルコールも用意されているので話も弾みやすい、という特徴があります。

受付を行ったあと、まずは競馬セミナーを受講できます。競馬新聞の読み方や馬券の買い方などを丁寧にレクチャーしてもらえるので、初心者でも安心です。セミナー受講のあとは、男女混合のグループで、お食事タイム。そのあとはお待ちかねの競馬場のバックヤードツアーです。

体験ツアーの終了後はフリータイム。このフリータイムでお酒や会話を楽しんだり、馬券購入をしたりすることができます。その後、リクエストカード記入を経て、カップル発表、となります。

競馬好きでも、バックヤードにはなかなか入る機会がありませんから、2016年から始まったこちらの馬コンは毎度大人気で、満員御礼なんだとか。気になった方は、早めの申し込みをお勧めします。

★第64回 9/15 JRA×OTOCONおとなの馬コン アルコール付バックヤードツアー
https://www.otocon.jp/party/detail.html$/party_id/86201/

最先端の趣味コン・馬コンはいいことだらけ!


趣味コンには、お料理コンや、ボルダリング婚活など、様々な種類のものがありますが、なかでも馬コンはカップリングしやすい趣味コンとして知られています。

それはなぜかというと、馬券の購入や予測などを一緒にすることで、「自然と会話が増える」こと、「レースのドキドキを一緒に味わうことで恋心が芽生えやすい」ことなどが理由として考えられるでしょう。

馬コンは、競馬が趣味の男女にとって、同じ趣味を持つ人と出会える絶好のチャンスです。また、これまで競馬場に足を踏み入れたことがない、という方にとっては、新しい体験を提供する場所にもなっています。

馬コンは、「ワクワクしたい」「新しい体験がしたい」「マッチング率の高い婚活にトライしたい」「同じ趣味の人に出会いたい」といった希望が叶えられる可能性の高い婚活です。

気になった方は一度試してみてはいかがでしょうか?

SNSでシェアする

今来今

編集者を経て現在フリーライター。 複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。