お見合いの会場

喫茶店などを利用するのが一般的なようです。

イメージ 現在でもお見合いの会場と聞くと、日本庭園が広がる料亭をイメージする方は多いのではないでしょうか。振袖を着てご両親と一緒に料亭に出向くといった形式は昔の話です。現在ではお見合いにご両親や仲人が同席することはなく、本人同士だけでホテルのロビーで待ち合わせをするケースが多いようです。以前に比べ堅苦しいような雰囲気ではありませんが、初対面の方とお会いするということで、服装には気を使いたいものです。実際にお見合いを行う場所は、レストランやカフェ、喫茶店などを利用するのが一般的なようです。お茶や食事を楽しみながらお互いのことを話し、コミュニケーションを図っていきます。変わったお見合いの場所として、美容室や理容室で行われるケースもあるようです。

少し変わったお見合いの方法

福井県のように少子化対策の一環として、お見合いツアーを実施しているところもあります。農家の方が結婚するお相手を探すために、農業に興味のある女性を募集してお見合いを行うものです。実際に農業を体験できるイベントもあり、楽しみながらお見合いをすることができるため人気があります。変わった方法でお見合いのお相手を探すのは、日本だけではありません。中国では、日本のように結婚相談所やインターネットを利用した婚活はあまり行われておりません。自分のプロフィールを書いたプラカードを作り、ご両親が首から下げて屋外結婚相談所と呼ばれる公園に行き、お相手となる方を探します。このプラカードを首から下げる方法は、公園で太極拳の練習を行っている方々の間で広まったことが始まりのようです。

文化が変わればお見合いのスタイルも変わります

世界的に見ると、お見合い結婚より恋愛結婚の方が多いように思われますが、インドでは約80%の方がお見合い結婚をしているそうです。お見合いといっても、日本のように結婚相談所を利用してお見合いを行い、交際期間を経て結婚を決断するのではありません。地域によって言語やカースト、宗教の違いがあることから、自分の意志よりも文化や習慣、伝統などが重視されて結婚相手を決めます。2~3時間お話をした1回目のお見合いで、結婚を決断するというケースはインドでは珍しくないのです。現在の日本では考え難いことですが、文化の違いによるインド特有のお見合いのスタイルといえるでしょう。本人の意思を尊重する日本のお見合いのスタイルは、これからも増えると思います。お見合いの需要に比例するように、お見合いの会場選びも、幅広く変化していくのではないでしょうか。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP