釣書とは

お見合いなどの時に必要な身上書のようなものです。

イメージ 釣書とは、お見合いなどの時に必要な身上書のようなものです。結婚当事者の経歴や家族の情報が記載されており、当事者の写真も数枚添付されます。また、当事者の父母の経歴についても記載されるものです。釣書があることで、相手に関する最低限の情報を得ることができます。しかし、釣書がない場合や、釣書の内容で気になる点がある場合は調査会社に依頼する方もいらっしゃるでしょう。年収やローン、相手の家族のことについて聞きにくい場合は、調査会社にお願いして確かめるのもひとつの手段です。結婚するにあたって、予想外の苦労をすることはできるだけ避けたいものです。

釣書の書き方

最近ではパソコンを使って作成することもあります。しかし、誠意を伝えるためには手書きであった方が好ましく、字にあまり自信がなくとも丁寧に書くことを心がけましょう。使用する紙は、白無地もしくは縦罫入りの便箋などが一般的です。市販の履歴書は避けたほうが良いでしょう。筆記用具は、鉛筆やボールペンではなく、万年筆や筆ペンを選ぶと良いです。釣書に書く情報は正確に、名前や本籍地、現住所で読みにくい漢字がある場合はふりがなを添えると良いです。学歴は、基本的には中学校卒業以降を書きます。趣味については、相手の方へのアピールポイントにもなるため意識をして書くべきでしょう。釣書を書き終えたら、三つ折りにして白無地の封筒に入れます。封筒には「釣書」「身上書」など、内容に合わせた表書きをしましょう。この封筒と写真をセットにして、さらに大きめの封筒に入れます。宛名は世話人とするのが一般的です。この書類を二、三部用意して、世話人に預けましょう。

釣書の見本

婚活サイトなどで釣書の書き方を説明しているページもあります。言葉で説明をされても、実際にどんなふうに書けば良いのか迷うこともあるかもしれません。サイトによっては、釣書の見本を掲載しているところがあるため参考にすると良いでしょう。どうしても自分の字に自信がないということであれば、代筆を行ってもかまいません。釣書の作成依頼を受け付けているサイトもあるので、検索してみると良いでしょう。釣書は面識のない者同士がお互いのことを知るための大切なものです。お見合いの席で必ず提出しなければならないというものではありません。しかし、世話人の方がいる場合お見合いをスムーズに進めるためにも、釣書を準備することが一般的となっています。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP