お見合いでの仲人の役割

頼まれ仲人が増えています。

イメージ お見合い結婚が主流であった頃は、結婚の際には仲人が大切な役割を果たしていました。現在でも結婚式を挙げる際に、仲人という言葉を耳にすることがあるのではないでしょうか。仲人とは縁談から結婚式まで、両家の間を取り持ち、まとめる役目をする方のことです。仲人の役割は大きく3つに分かれています。2人が知り合うきっかけを作り、お見合いのセッティングをする世話人。結婚の約束を公にし、儀式により結納品を取り交わす使者。挙式や披露宴において新郎新婦の紹介や進行、挙式の報告を行う媒酌人です。恋愛結婚の割合が増えるに従って、世話人や使者をお願いする機会が減り、現在では挙式や披露宴の当日だけ媒酌人としての役割を行う、頼まれ仲人が増えています。

以前と違うお見合いのスタイル

近年の婚活ブームによって恋愛のスタイルが多様化され、インターネットを利用した出会いのスタイルも多くなっています。仲人の方がお見合いをセッティングするのではなく、条件に合ったお相手を自分で選ぶのです。結婚相談所に登録すると条件に基づいて、登録者の中から条件に合ったお相手の方を探してくれます。お互いが興味を示した場合にスタッフがセッティングを行い、いよいよお見合いへと進んでいくのです。しかし、結婚相談所のスタッフがお見合いの席に同席することはありません。当人同士でお見合いの時間を過ごすため、以前より気軽にお見合いを楽しむことができることが特徴です。結婚相談所のスタッフは、お見合いにおいては世話人の役目を果たしており、斡旋というより仲人という呼ぶことがふさわしいのではないでしょうか。

現在でいう仲人とは

最近では仲人を立てずに挙式や披露宴まで済ましてしまうケースが増えているようです。仲人は、世話人・使者・媒酌人という役割の他に、新郎新婦にとっては結婚生活における良きアドバイザーでもありました。育ってきた環境の違う2人が生活を共にしていくわけですから、スムーズに結婚生活が進まないケースもあります。そのような時、精神的な支えになるのが仲人という存在でした。最近では、形式にとらわれず自分たちのスタイルで挙式や披露宴を行う方が多いため、仲人に頼る必要性がなくなったのかも知れません。結婚相談所ではお見合いのセッティングをしたら終わりではなく、成婚までの期間をサポートし、アドバイスを行ってくれます。形は違いますが、結婚相談所は仲人としての役割を果たしていると考えてもいいのではないでしょうか。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP