父親と同い年ぐらいの人ばかり好きになってしまいます

決して不思議なことではありません<。

イメージ 人それぞれ好みがあると思いますが、誰かを好きになるときには外見よりも内面に魅力を感じ、いつしか好きという感情に変わっているものと思います。近年では年齢差のあるお相手とお付き合いをする方も増えていますが、意識して選んでいるのではなく、好きになった方がたまたま年下だった、または年上だったというカップルが多いでしょう。10歳以上年が離れているという夫婦も中にはいます。年の差は大きくても同じ価値観を持っている方もいて、恋愛に発展することも、決して不思議なことではありません。色々と頼られ、面倒見がいいタイプの方は年下の男性に目がいき、安心感や包容力を求める方は年上の男性に目がいくことがあるようです。しかし、中には親子ほど年が離れた方を好きになり、自分の感情に対して悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。

父親のような方と恋愛するには

パートナーを選ぶ基準として、ご自身の父親のような方を選んでしまう方も中にはいらっしゃいます。それは守ってもらえるのではという安心感や包容力、または家族の一員に似ていることからくる親近感などが、父親に似た人を選んでしまう理由ではないでしょうか。また、さり気ないしぐさや、ニオイなども無意識に選んでしまう要因になっているのかもしれません。今まで父親にたくんさん愛情を注がれて育ってきた方には、特にそのような傾向があるようです。お相手に求める理想像に悩まれている方は、一度ご自身の父親のような方を選んでみてはどうでしょうか。

歳の差が大きいからこその悩み

年が離れているということで、通常の恋愛とは違った悩みに直面することもあります。結婚を考え始めてくると、ご両親に報告することになるでしょう。父親と同じくらいの年齢と聞くと驚き、ご両親は正直動揺を隠すことはできないのではないでしょうか。同年齢の方を子供として受け入れるのですから、ご両親としては複雑な思いがあると思います。また彼の方も純粋に彼女を愛し、結婚したいという思いに偽りはなくても、ご両親と上手くコミュニケーションを取り、認めてもらうことができるのか不安であると思います。自分たちの気持ちを大切にかつ正直に話すことで、彼の誠実さがご両親に伝わることでしょう。

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが
責任をもってサポートします。

まずは、無料相談でお会いしましょう。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP