お見合いプロフィールの書き方

自分の人柄をアピールするチャンスでもあります。

イメージ 婚活パーティやお見合いに臨むに際に、プロフィールの提出を求められることが多くあります。これは、初めて出会う男女がお互いのことを知るために大切なものとなるため、内容についてよく考慮して書きましょう。当然のことながら虚偽を書いてはなりません。自分をアピールしたいあまり、本当は料理が得意ではないのに料理が得意であると書く、といったことは避けるべきです。お付き合いを続けていけば、いつか明らかになってしまうことでしょう。プロフィールを誠実に書くことが大切です。自分の人柄をアピールするチャンスでもあるため、趣味や特技について素直に書きましょう。

プロフィールを書くときに気をつけたいこと

婚活をしている方は誰もが、理想的な異性に出会いたいと思っていることでしょう。結婚相手に求める条件もたくさんあるかもしれません。しかし、プロフィールに事細かに相手の条件を書くことはやめておいた方が良いでしょう。条件の羅列を見たときに、お相手は自分ではこの条件に合わないと感じて去っていくかもしれません。条件に合ったとしても、結婚後も細かく注文をつけられるのではないかと警戒される可能性があります。プロフィールの記述によって、出会いのチャンスを減らすことがないように気をつけましょう。また、ネガティブな内容を書くことも避けるべきです。「仕事が忙しくて困っています」「趣味はありません」といったような内容です。同じことを書くにしても、表現をポジティブにしてみましょう。「毎日一生懸命仕事をしています」「これから面白い趣味を教えてくれて一緒に楽しんでくれる相手を募集中です」といったように言い変えるだけで印象が変わるでしょう。

人柄が伝わるような、親しみやすい文章を心がける

婚活で使用するプロフィールは、会社に提出するような履歴書や経歴書とは異なります。今後のお付き合いを想定した異性に見てもらうため、固い表現は避けた方が良いでしょう。例えば、趣味が読書であれば、趣味の欄に「読書」とだけ書くのではなく、「休日にカフェでコーヒーを飲みながら読書をしています」と書くだけで、人柄の伝わり方が大きく変わってくるでしょう。プロフィールは、自分の性格や人柄を知ってもらうためのものです。婚活サイトを見ると、プロフィールの書き方例が掲載されていることがあります。このテンプレート通りに書くのもあまりお勧めできません。他人が作ったプロフィールでは自分の良さを伝えることはできないため、自分の言葉でしっかりと考えて作成しましょう。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP