お見合いの服装-男性編

身だしなみが重要となります。

イメージ お見合いの場に何を着ていこうかと考えるのは女性だけではありません。最近ではご両親を交えたお見合いは少なくなり、本人同士だけでお見合いをするスタイルが多くなりました。以前より気軽にお見合いを楽しむ方が増えてきたように思えます。カジュアルなスタイルに変化したとはいえも、TシャツやGパンを選ぶ方はほとんどいないでしょう。女性に比べ男性の服装は選択肢が狭くなりがちです。主にスーツを着用することが多くなるため、身だしなみが重要となります。お見合いに限らず、外見が第一印象となることでしょう。身だしなみ一つでお相手の方に与える印象や興味が、左右されるといっても過言ではありません。身だしなみや服装は、お見合いにおいて大事なポイントでもあるのです。

お見合いにふさわしい服装とは?

お見合いのために、クローゼットの奥からスーツを探し出す方もいるのではないでしょうか。何年も前のスーツを着用して、まだ着ることができると安心してはいませんか?年月ともに体型は変わっていくものです。スーツが体型に合わず、大きかったりフィットし過ぎていたりすると違和感があります。ファッションのデザインはサイクルが早く、一昔前に流行ったデザインのスーツを着ていく方も少なくありません。自分に合ったサイズのスーツを着用するだけで、きちんとした印象を与えることができるでしょう。夏場などはクールビズを導入している企業も多く、ノーネクタイの方も多く見られます。ネクタイを締めることで、信頼性や誠実さをアピールすることができるのでお勧めです。

服装以外にも気を配ろう

着ていく服装が決まったら、一度チェックしてみて下さい。汚れていたり、しわだらけだったりということはありませんか?近年ではしわが入りにくい形状記憶のワイシャツも多く、クリーニングに出さず自分で洗濯をする方も増えています。しわになりにくいとはいえ、洗いざらしのワイシャツをアイロンも掛けずに着るのは印象がいいとはいえません。袖がほつれていたり、ボタンが取れていたりしても気付かないこともあるのです。ほつれやボタン付けなどのサービスを行っているクリーニングも多くあります。服装と同様に靴にも気を配るべきでしょう。毎日履き慣れた靴を、何も気にせず履いて出掛ける方は多いでしょう。履き慣れた靴は汚れが多く、踵が擦り減っているものです。足元のお手入れなで気が回らずに、忘れてしまうケースが多いので注意しましょう。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP