• PA体験ラウンジ
  • 来店予約
  • 資料請求
結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > QOM総研 > No.91~ > 「シニア世代の結婚」に関するアンケート調査(前編)

QOM総研

vol.93

50〜60代、23.4%が婚活経験アリ
7.6%が10年以内に婚活していた
〜独身シニア男性の約半数が、結婚・同棲・交際など何らかの形でパートナーを望んでいる〜

成婚率にこだわる婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(証券コード:東証マザーズ6181、本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、http://www.p-a.jp/、以下パートナーエージェント)は、50〜69歳の独身男女2,000人に対して「シニア世代の結婚」に関するアンケート調査を実施いたしました。

<調査背景>
パートナーエージェントでは敬老の日(9月18日)を控えたこの時期に毎年、シニア世代の結婚・婚活に関する定期調査を行っています。50〜60代の独身男性・女性は恋愛や結婚に対してどのような考えを持っているのか、どんな理由からパートナーを望むのか、未婚シニア層の意識の変化について過去の調査と比較した結果をまとめました。

独身シニア男性の約半数は「パートナーが欲しい」

Q.あなたは恋愛・結婚について、どのような願望を持っていますか?(n=2,000) ※ 必須回答
50〜60代の独身男性・女性は、自身の恋愛や結婚についてどのように考えているのでしょうか。
まずは男女あわせた全体の結果がこちらです。
グラフ1
続いて、男女別に2015年からの調査結果と比較しました。
「結婚(入籍)相手が欲しい」(14.7%)、「事実婚・同棲相手が欲しい」(7.2%)、「恋人が欲しい」(12.0%)など、何らかの形でパートナーを望んでいる人は49.1%いました。2015年の48.2%、2016年の44.6%と比べると、わずかながら増えているとも言えます。
グラフ2
同じく女性についても、結果を比較してみました。
「結婚(入籍)相手が欲しい」(6.1%)、「事実婚・同棲相手が欲しい」(3.7%)、「恋人が欲しい」(7.1%)など、あわせて31.1%がパートナーを求めています。
グラフ3
男女の結果を比較してみると、女性よりも男性の方がパートナーを求める傾向があるようです。

結婚・事実婚・同棲したい理由は
「安心・信頼できるパートナーが欲しいから」が男女共に最多

Q.あなたが結婚・事実婚・同棲の相手を求めている理由について教えてください(n=305)
※ 必須回答・複数回答可
先程の恋愛や結婚についてどのような願望を持っているかという質問に、「結婚(入籍)相手が欲しい」「事実婚・同棲相手が欲しい」と回答した人に対して、その理由を聞いてみました。

男性も女性も「安心・信頼できるパートナーが欲しいから」(男性:73.2%、女性:76.3%)と回答した人が最も多く見られました。
グラフ4
グラフ5

シニアの恋愛・婚活・結婚には、女性より男性の方が肯定的

Q.あなたはシニア世代の恋愛や婚活、結婚についてどう思いますか?(n=2,000) ※ 必須回答
シニア世代は自分たちと同世代の恋愛・婚活・結婚について、どのように考えているのでしょうか。
恋愛・婚活・結婚、どの項目に関しても女性より男性の方に「賛成できる」「どちらかといえば賛成できる」と肯定的な意見が多く見られました。
グラフ6

シニア世代の7.6%がここ10年以内に婚活をしている

Q.あなたは今までに婚活をしたことがありますか?(n=2,000) ※ 必須回答
シニア世代の婚活経験についてはどうでしょうか。また、50歳を過ぎた現在、婚活をしている人はどのくらいいるのでしょうか。

まず婚活経験について、「したことがある」と答えた人は全体の23.4%でした。およそ4人に1人がこれまでの人生で婚活を経験しているようです。
グラフ7
続いて、いつごろ婚活をしたのか、答えてもらいました。
「現在婚活をしている」人は婚活経験者のうち10.0%でした。「5年以内に婚活した人」は11.1%、「10年以内に婚活した人」は11.3%いました。先ほどの婚活経験の有無を尋ねた結果と掛け合わせると、シニア世代の7.6%が10年以内に婚活を経験していることになります。
グラフ8
シニアの恋愛や結婚を肯定的に受け止める人は増えているように感じます。何らかの形でパートナーを望むシニア世代にとって、この先の人生を共に歩む相手を探すためには、婚活もひとつの有効な手段なのかもしれません。


●コンシェルジュ コメント

2011年の東日本大震災後、婚活を始める人が大幅に増えました。
家族の大切さ、誰かと寄り添って生きていきたいという、純粋に人としての想いからパートナーが欲しいとお考えになるのではないかと思います。
弊社を訪れるシニアのお客様の中には、ご結婚を経験されている方もいらっしゃいます。結婚の現実、厳しさをわかった上でもパートナーを望まれるのは、やはり結婚の良さを知っているからこそ、ではないでしょうか。
シニアの方は人生経験を積んでいらっしゃる分、お相手に対しての許容も広くなります。同時に、自分の置かれている状況や環境も理解して欲しいという願いもあります。そのため、収入や家事能力などの“条件”ではなく、お互いに理解ができるかがパートナー探しのポイントとなります。

パートナーエージェントでは、今後さらに、年齢に関わりなくお客様にご満足いただけるようなサービスの提供を考えてまいります。
どの年齢になっても、新しいことを始めたい、もっと人生を楽しみたいという想いに“遅い”ということはありません。

パートナーエージェント
コンシェルジュブロック長 菅 聡子

関連記事

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > QOM総研 > No.91~ > 「シニア世代の結婚」に関するアンケート調査(前編)