• PA体験ラウンジ
  • 来店予約
  • 資料請求
結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > QOM総研 > 「キッズウィーク」に関するアンケート調査

QOM総研

vol.92

導入検討中の大型連休「キッズウィーク」
子育て世代の70.5%が利用したい!
〜パパ・ママの4人に1人が「子どもと過ごす時間が足りない」と感じている〜

成婚率にこだわる婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(証券コード:東証マザーズ6181、本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、http://www.p-a.jp/、以下パートナーエージェント)は、子どもがいる既婚男女(25〜44歳)1,970人に対して「キッズウィーク」に関するアンケート調査を実施いたしました。

<調査背景>
小・中・高校の夏休みの一部を別の時期にずらして大型連休とする「キッズウィーク」。政府が2018年度からの導入を検討しているようですが、その賛否がメディアで話題になっています。
実際に子どもを持つ親たちは、キッズウィークに対してどのように考えているのでしょう。もし休みがとれるのであればキッズウィークを利用してみたいか、どのように過ごしたいかなど、キッズウィークに関する意識調査を 行いました。

子育て世代、約6割が年末年始・夏休み・GWは3連休以上
連休には子どもを遊びに連れて行く(64.9%)

Q.あなたは3連休以上のまとまった休みをどのタイミングでとっていますか?(n=1,970)
※ 必須回答・複数回答可
Q.あなたは普段の連休をどのように過ごしていますか?(n=1,628) ※ 必須回答・複数回答可
子どもがいる会社員・公務員の男女1,970人に、3連休以上のまとまった休みをどのタイミングでとっているか聞きました。「年末年始」(63.3%)、「夏休み」(60.0%)、「ゴールデンウィーク」(58.2%)にはそれぞれ6割前後がまとまった休みをとっているという結果となりました。
グラフ1
さらに、まとまった休みをとっていると回答した人たちは、連休をどのように過ごしているのか質問してみました。
「子どもを遊びに連れて行く」(64.9%)が最も多く、続いて「ゆっくり休養する」(59.6%)、「家族で旅行に行く」(58.7%)となりました。連休は子どもや家族と一緒に過ごす人が多いようです。
グラフ2

4人に1人が子どもとのふれあいが十分に「足りていない」と感じている

Q.あなたはお子様とのふれあいやコミュニケーションが十分に足りていると思いますか?
(n=1,970) ※ 必須回答
子育て世代は、普段の生活の中での子どもとのふれあいやコミュニケーションが足りていると感じているのでしょうか。
「十分足りている」(14.7%)、「どちらかといえば足りている」(35.9%)と2人に1人が足りていると答えています。同時に「どちらかといえば足りていない」(19.3%)、「まったく足りていない」(7.3%)と、4人に1人が足りていないと感じていることも分かりました。
グラフ3

有給休暇がとれるならキッズウィークを「利用したい」(70.5%)

Q.もし有給休暇がとれるとしたら、あなたはキッズウィークを利用したいと思いますか?(n=1,839)
※ 必須回答
Q.キッズウィークのメリットはどんな点だと思いますか?(n=280) ※ 必須回答・複数回答可
子育て世代の親に、もしも有給休暇がとれるのであればキッズウィークを利用したいかどうかを聞いてみました。
「利用したい」が44.5%、「どちらかといえば利用したい」が26.0%、あわせて70.5%の人が利用したいと考えています。
グラフ4
また、利用したいと答えた人に別途調査し、キッズウィークのメリットはどんなところにあると思うかと尋ねてみました。
その結果は「子どもと過ごす時間が増える」という回答が最も多く、72.5%でした。
グラフ5

キッズウィークは「子どもを遊びに」「家族で旅行に」(65.0%)
7割超が「子どもともっと遊びたい」

Q.キッズウィークはどのように過ごしたいですか?(n=280) ※ 必須回答・複数回答可
Q.キッズウィークはお子様を中心にしてどのように過ごしたいと思いますか?(n=280)
※ 必須回答・複数回答可
子どもを持つ子育て世代は、キッズウィークの連休に何をして過ごしたいと考えているのでしょうか。
「子どもを遊びに連れて行く」(65.0%)と「家族で旅行に行く」(65.0%)が同率1位でした。また、3位の「ゆっくり休養する」(39.3%)は、先ほどの普段の連休をどのように過ごしているかという質問では59.6%で2位でしたが順位を下げました。
グラフ6
また、キッズウィークは子どもを中心にしてどのように過ごしたいかという質問に対しては「子どもともっと遊びたい」(72.9%)、「子どもと一緒にどこかへ出かけたい」(63.9%)という回答が多く見られました。
多くの人がキッズウィークは子どもを中心に過ごし、子どもともっとふれあいたいと考えているようです。
グラフ7

親子で一緒の時間を過ごすことが大切

Q.あなたのご家庭では普段、お子様と一緒にどんな季節のイベントを楽しんでいますか? (n=280)
※ 必須回答・複数回答可
親子で一緒の時間を過ごすことは、子どもの成長にもとても大きな影響があると言われています。


●めばえ保育ルーム三鷹台 平澤園長からのコメント

生まれたばかりの赤ちゃんはまず一番初めに両親から愛情をうけ、両親との信頼関係をベースに持ちながらその範囲を別な大人に向け広げていきます。
子どもにとって親とはたいていの場合一番初めに信頼できた相手になるのです。
親は子どもにとって一番の味方。
親子でリラックスして話したり、どこかに行って遊んだり、一緒に楽しい時間を過ごすことで子どもは自分を受け入れてもらえている、認められていると認識します。その認識が「自分はこれでいいんだ」という自己肯定感を育むのです。
こうして、親子で一緒の時間を過ごすことによって子どもは自信を持ち、社会に出ても安心して自分を表現できる心の安定を手に入れることができるのです。

めばえ保育ルームについて (http://www.mebae-h.jp/)
パートナーエージェントは「生きる力を伸ばす保育。」を理念に掲げ、7ヵ月〜3歳までの乳幼児を対象とした保育サービスを提供しています。現在は都内(三鷹台、亀戸)に2施設、さらに今後も4施設(芦花公園、千歳船橋、用賀、春日)のオープンを予定しています。

キッズウィークがより親子の絆を深める良い機会になることを願います。もちろん、連休でなくとも子どもとふれあう機会はたくさんあり、家庭で季節のイベントを楽しむこともそのひとつです。
子育て世代の家庭では普段、子どもと一緒にどんな季節のイベントを楽しんでいるのでしょうか。

関連記事

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > QOM総研 > 「キッズウィーク」に関するアンケート調査