• PA体験ラウンジ
  • 来店予約
  • 資料請求
結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > QOM総研 > No.91~ > 「シニア世代の結婚」に関するアンケート調査(後編)

QOM総研

vol.94

シニア世代の25.1%が“熟年大人婚”をしてみたい
〜結婚を望みつつも、半数が出会いは「自然にまかせたい」と考えている〜

成婚率にこだわる婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(証券コード:東証マザーズ6181、本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、http://www.p-a.jp/、以下パートナーエージェント)は、50〜69歳の独身男女2,000人に対して「シニア世代の結婚」に関するアンケート調査を実施いたしました。

<調査背景>
パートナーエージェントは先日、「シニア世代の結婚」に関するアンケート調査結果( http://www.p- a.jp/research/report_93.html )を公開しました。調査結果によると、50〜60代独身男女の10.6%が「結婚(入籍)相手が欲しい」と考え、53.9%が同世代の結婚について肯定的に受け止めていることが分かりました。
阿川佐和子さんをはじめ、桃井かおりさん、夏木マリさんなど、最近では熟年大人婚をする芸能人も増えています。50歳を過ぎて人として成熟した大人同士が人生を共に歩むパートナーを得るためにする“熟年大人婚”、今回の調査では熟年大人婚について、シニア世代がどのように考えているのか調べてみました。

熟年大人婚、シニア世代の4人に1人が「してみたい」

Q.あなたは”熟年大人婚”についてどう思いますか?(n=2,000) ※ 必須回答
前回調査にて、結婚、同棲、交際など何らかの形でパートナーを求める独身のシニア世代が一定数いることが分かりました。この先の人生を共に歩む相手と、熟年大人婚をしてみたいかどうかについて尋ねてみました。
「自分もしてみたい」(12.8%)、「どちらかといえば自分もしてみたい」(12.3%)と、「してみたい」と考えている人が25.1%いました。
グラフ1

熟年大人婚を考えるようになったきっかけは「いつの間にか自然に」(50.9%)

Q.あなたが「熟年大人婚をしてみたい」と考えるようになったきっかけについて教えてください。(n=330)
※必須回答・複数回答可
先程の質問で熟年大人婚を「してみたい」と答えた人に、そう考えるようになったきっかけを聞いてみました。
50.9%が「いつの間にか自然に(大きなきっかけはない)」と答えています。
グラフ2

「心の支えになって」(72.4%)。相手に求めるのは人としてのつながり

Q.あなたはどんな相手となら一緒になりたいと思いますか?(n=330) ※ 必須回答・複数回答可
熟年大人婚をするのであれば、どんな相手と一緒になりたいかについても尋ねてみました。
最も多かった回答は「心の支えになってくれる人」(72.4%)、続いて「楽しく会話ができる人」(67.0%)、「自分を必要としてくれる人」(64.2%)でした。
パートナーには収入や家事能力よりも、心のつながりを求めているようです。
グラフ3

50.3%が出会いは「自然にまかせたい」
熟年大人婚を望む反面、積極的には動かない

Q.あなたは積極的に出会いを探したいと思いますか?(n=330) ※ 必須回答・複数回答可
熟年大人婚をしてみたいと回答した人たちは、相手を探すために実際に何か行動をしているのでしょうか。
「良い相手に出会えるかは自然にまかせたい」と答えた人は50.3%と最も多く、実際に何か行動している人たちを大きく上回る結果となりました。熟年大人婚をしてみたいとは思いつつも、相手を探すために行動を起こしている人はまだまだ少ないようです。
グラフ4


熟年大人婚に興味は持ちながらも、なかなか出会いに向けては行動を起こさず、自然任せにしている独身のシニア世代。しかしながら、出会いは待っていてもなかなか訪れないものです。先々の人生を穏やかに過ごせるような心のつながりを持てる相手を求めて、積極的に行動することが必要なのかもしれません。


●コンシェルジュ コメント

「結婚相手が欲しい」と考えてはいても、実際に行動を起こされる方はまだ多くはありません。
まず、婚活をされるにあたり、成果につながるかわからない不安があると思います。また、実際にお金をかけることへの抵抗もあるのではないでしょうか。
もちろん自然な出会いがあれば苦労はございません。
しかしながら、年を重ねるほど、待っているだけでご縁につながる確率は厳しくなるのが現状です。
婚活というスタイルに抵抗があるのであれば、趣味のサークルなどで出会いを探すことから始めるのも1つの手ですが、目的が異なると遠回りになる可能性があります。
婚活サービスを利用するということには、初めから結婚を目的としている人と出会えるという利点があります。
お互いに同じ目的を持っているので、相手を理解しやすく、またスムーズに話を進めることができます。
生涯のパートナーを求めていらっしゃるのであれば、同じく生涯のパートナーを求めている方の中からお相手を探すことが近道となります。
ご自身の希望にあったスタイルで、積極的に出会いを探していくことが、成果につながるのではないでしょうか。

パートナーエージェント
コンシェルジュブロック長 菅 聡子

関連記事

TOP

結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > QOM総研 > No.91~ > 「シニア世代の結婚」に関するアンケート調査(後編)