婚活を通しても、恋愛はできる!

男性会員様、女性会員様とも、とても魅力的な方で知性も兼ね備えていらっしゃるので、お二人のご紹介に困ってしまうようなことはなかったのですが、リコメンドでもコンタクトでも、男性会員様のご回答は厳しめでした。

女性会員様をどなたにご紹介しても、お相手からNOのお返事は稀で、人気があるがゆえの難しさもありました。

女性会員様が体調を崩されていたこともあり、復活されたら男性会員様にと思っておりました。9月中旬にファーストコンタクトされ、比較的早い段階で、男性会員様は紹介ストップ。やはり!と思いました。

女性会員様は男性会員様に、どんどんと恋愛感情を抱いていくご自身に戸惑っていらっしゃるご様子でした。
パートナーエージェントを利用することで、恋愛感情に流されることなく落ち着いて穏やかな生活を望まれていたのです。
そんな思いで入会されたのに、男性会員様のペースに流されてしまうご自身が許せず、自己嫌悪のようなお気持ちをお持ちでした。

それでも、ご自身の気持ちに正直に向き合い、男性会員様と、とことんお付き合いしていこうと、遂に決意されたのですが、逆に、男性会員様は縛られないで自由でいたいというご性格もおありか、ご自身から真剣交際を切り出されず、やきもきしておりました。

コンシェルジュが関与させていただけるのなら、このタイミングしかないと思い、間に入り、1月中旬に真剣交際へとステップアップ。

彼は自分に対して、一時的な感情を持っているだけなのか、それとも将来に向かっていると考えていいのか?真剣交際中にもかかわらず、悩んでいらっしゃる女性会員様は痛々しく、コンシェルジュとしては、とても不甲斐ない気持でおりました。

それでも、ご自身で将来を決めていくには、この辛さを引き受けてもらうしかありません。
恋愛感情を大事にしたいと選択されたのだからと思い直し、メールでのやり取りを通し応援しました。

全く対照的なのが、男性会員様。「いかがですか?」と問い掛けても、「まあ、順調です。」の一言のみ。
女性会員様は真剣に、男性会員様をお好きなことを再度お伝えしたら、「暖かくなったら、きちんとします。」と。

そのような小康状態といった状況の3月初旬、お二人は毎週末会うのを一時見合わされました。悪い予感もしなくなく、どうしようかと思いましたが、ここまできたら見守るしかありません。

女性会員様から伺っていた
「外に対してはいろいろと表明しないとても慎重な人で、身近な人に関してはつい自分のしたいことを優先してしまう方」という言葉を思い出しました。

きっと一人になって冷静にお気持ちを整理されていらっしゃるのだからと、暖かくなるのを待ちました。
そして、今年は春が早くやってきてくれたことも手伝ってか、この度、嬉しいご連絡をいただくことができました!

婚活を通しても、恋愛はできる!と改めて実感したお二人のご成婚でした。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP